お金にまつわる よくある話

結婚はお金と貯金が必要!金額と具体的な資金集めの方法を紹介。

皆さん、こんにちは!

今回の記事では、
『結婚にかかるお金』
についてご紹介します^^

つい先日、僕の友人が婚約をしました。
結婚式は今年の10月を予定しているそう。

急な報告だったので、
僕を含め友人は全員びっくり。

そんなこともあって、
僕自身少し結婚を意識してみたり。笑

今、結婚を考えているあなたは
しっかりとお金の費用を把握していますか?

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

結婚式にかかる費用は?

『結婚資金は600万円』
そういう時代もあったそうです。

「600万とか、無理。」
と即判断したあなた、
安心してください。

結婚にかかる費用は
現在では350万円程度。

僕はこの金額を聞いて、
少しホッとしています。

それでも350万円は大金。
サラリーマンの年収と同じです。

そう考えると、
簡単に用意できる金額ではないですよね。

結婚された方はどうやって
資金を準備されたんでしょうか?

基本は貯金・援助・ご祝儀

多くの場合、結婚費用は
貯金・親からの援助・ご祝儀
で賄われるようです。

貯金

やはり1番確実で堅実なのは
しっかり貯金をして準備をしておくこと。
貯金の平均は1人100万円前後だそうです。

しかし、中には「貯金0」で結婚、
というカップルもいるそう。

意外と貯金がなくても、
何とかなるものなのかも??

『貯金がないから・・・』
と最初から諦める必要は
無いのかもしれませんね。

親からの援助

「親からの援助は期待できない」
と思われる方も多いと思います。

しかし実は親からの援助率は
65~85%と意外と高い水準。

金額の大小はあれどやはり
『子供の結婚の力になりたい』
と言うのが本音なのでしょうね。

ご祝儀

1番の肝はやはりご祝儀でしょう!笑

勝手なイメージですが
「結婚式はご祝儀で儲かる」
と僕は思っています。笑

しかしちょっと調べてみた所、
ご祝儀の平均は220万円程度だそう。

・・・全然儲かりそうにないですね。

ご祝儀の相場は3万円程度。

小学生の時に友達100人作りました!
と言う人でなもなければ、
ご祝儀だけで結婚費用を賄う!
と言うのは現実的に難しいのかも?

友達100人作っておけばよかったー!
とひっそり後悔。笑

逆に友達100人いるあなたは、
チャンスですね!羨ましい!笑

まとめ

今回の記事では
「結婚式にかかる費用」
を紹介しました。

いかがでしたか?
お役に立てましたでしょうか?

結婚やお金に対する価値観は
人それぞれで違います。

しかし、どうせ結婚をするなら
しっかりと計画し素敵な思い出にしたいですね^^

-お金にまつわる よくある話

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5