【カードローン】モビットの借り入れ可能時間は?24時間借り入れは可能?

他のローンと違い、カードローンは、
自分の自由な時間に、好きな金額で、
借り入れ・返済ができるのが
大きなメリットです。

借り入れが手軽で、
また時間に制約がないほうが
利用しやすいカードローンと言えます。

モビットの
借り入れ方法と借り入れ可能時間は、
どのようになっているのでしょうか。

モビットの借り入れ方法と借り入れ可能時間

モビットの借り入れ方法は、

  • 提携ATMの利用
  • 振り込みキャッシング

という2通りがあります。

提携ATMを利用する場合

モビットのローンカードを使って、
提携ATMから借り入れ
をする方法です。

提携ATMは、三井住友銀行、
三菱UFJ銀行、プロミスなど、
全国にわたって設置されています。

■モビットの提携ATM■

利用可能時間は、
ATMの設置場所により異なりますが、
基本的にATMの稼働時間が
利用可能時間
となります。

24時間稼働のATMであれば、
24時間借り入れが可能になるというわけです。

ただし、ATM稼働時間内であっても
提携先の営業時間や
システムメンテナンスの都合等のため
利用できない場合があります。

また、モビットの場合、提携ATM利用時の
手数料が、一部借主の負担となります。

取引金額 1万円以下 入金/出金:108円
取引金額 1万円超  入金/出金:216円

出金によって発生するATM手数料は、
次回の入金時に清算するシステムです。

提携先によっては、
手数料無料キャンペーンがあり、
期間内は出金手数料が
無料になることもあります。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

振り込みキャッシングの場合

ホームページ(PC・スマホ・ケータイ)の
会員専用サービス「Myモビ」、
または電話で、指定の預金口座への
振り込み手続き
ができます。

■電話の場合の連絡先■

平日9:00~14:50までに手続き完了の場合、
最短3分
で、
預金口座へ直接振り込みが行われます。

ネットからであれば、手続きの受け付けは
24時間可能ですが、メンテナンスのため、
毎週月曜日0:00~7:00は
サービスを停止
しています。

振り込みキャッシングには
あらかじめ金融機関口座の
登録
が必要ですので、
忘れずに登録しておきましょう。

まとめ

  • 提携ATMの利用時間はATMごとに異なる
  • 振り込み申し込みはネットから24時間
  • 平日昼間なら最短3分で振り込み

ATMは気軽に融資を受けられますが、
ATMごとの利用可能時間に差があり、
また、利用手数料がかかるのがネックです。

振り込みはその場から申し込めて、
手数料もかかりません。

ただ、平日昼間の申し込みでなければ、
即日融資は難しくなります。

どちらにもメリット・デメリットが
ありますので、自分に合った使い方で、
使い分けるのがいいでしょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

問い合わせの多かった○○をまとめてみました。

当サイトでよく読まれるコンテンツ集

  • カードローン 体験談 全記事下のバナー
  • カードローンランキング top 全記事下のバナー
  • 経験者即日融資 全記事下のバナー

■上と下の記事の違い
■↑上 ネット申込+無人契約機を併用するので、受付時間以内であれば土日祝かかわらず借り入れできる。
■↓下 ネットで申込み、家にいながら借入ができる。(即日で借入できるかは条件による)

  • 来店不要 即日融資 全記事下のバナー
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローン・キャッシング小ネタ

イオンで買い物をする方はこのカードがおすすめ


サブコンテンツ