基礎知識 リボルビング払い

リボ払い(リボルビング払い)と分割払いの違いについて

どうも。ジェニーです。

今回は「リボ払い(リボルビング払い)と
分割払いの違い」についてご紹介します。

借入の返済方法は大きく分けて

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

この3つがあります。
一括払いは誰でもわかりますが、
分割払いとリボ払いはどう違うのか
これらの特徴を挙げて比較しました。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

分割払いの特徴

分割払いの特徴はいたってシンプルです。

支払い回数を先に決め、完済までの期間から
利息を計算し、利息を含めた返済額を
回数分割って、毎月返済していきます。

追加で借り入れをした場合、
毎月の返済額に上乗せされるため
単純に毎月の返済額は増える。

借りれば借りるほど、
月々の返済の負担も大きくなり、
慎重になるので衝動買いが抑えられる
というメリットもある。

さらに、支払い回数が決まっているので
あと何回で、後いくらで完済なのかが
はっきりと見えやすい

リボ払いの特徴

リボ払いは分割払いと違って
支払い回数を決めずに、月々の返済額を
先に決めてしまいます。

なので毎月の返済額が一定となり
急激に負担が増えることはありません。

しかも追加で借り入れをした場合でも
月々の返済額は一定となり、
今月の生活は厳しい…を避けられます

でも、借りても借りても返済額が一定なので
お金を借りているという自覚が薄れていき
リボ払いを多用して返済総額が膨れてしまう
というデメリットがあります。

さらに返済回数や完済までの期間が不透明、
完済まで長期化しやすい特徴もあります。

返済回数が増えれば増えるほど
利息を払う回数も増えるので
長期化すると返済総額が
さらに膨れてしまうので要注意。

まとめ

分割払いは

  • 借りるほど月々の負担も増大する
  • 完済までの期間と回数が把握しやすい
  • 衝動買いを抑えて借りすぎ予防できる

リボ払いは

  • 借りても月々の負担は変わらない
  • 完済までの期間と回数が不透明
  • 安心しすぎて返済総額が膨らみやすい

このような特徴と違いがあります。

ついつい衝動買いしてしまいがちな人が
リボ払いを選んでしまうと危険です。

かといって生活がギリギリの状態なら
リボ払いで最低限生活が安定するまで
返済額を最小に設定することもできます。

リボ払いを選ぶときは
今後まとまって一括繰り上げ返済ができる
見込みがある状態で使うのが望ましいです。

もし一括繰り上げ返済が難しい場合は
リボ払いを利用せず、分割払いを選ぶなど
自分自身の生活スタイル性格から
どちらが最適か判断すると良いでしょう。

-基礎知識, リボルビング払い

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5