基礎知識 リボルビング払い

リボ払いの定額方式と定率方式の特徴と違いについて

どうも。ジェニーです。

今回は「リボ払いの定額方式と
定率方式の特徴と違い」について
ご紹介していきます。

リボ払いは大きく分けると

  • 定額方式
  • 定率方式
  • 残高スライド方式

この3つの仕組みがあり、
さらに細かい仕組みも合わせると
8種類の仕組みが存在します。

今回は定額方式と定率方式の
特徴と違いについてご紹介します。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

定額方式

1.元利定額リボルビング方式

リボ払いの返済残高が30万円、
毎月の返済額が1万円で、
金利が15%の場合、
利息が約4000円となります。

元利定額リボ方式は
1万円を返済しても
利息を差し引いた6000円しか
元金から差し引かれてません。

なので、支払額は毎月1万円と
ほぼ一定の額になり、
月々の負担も一定となります。

2.元金定額リボルビング方式

1万円を返済額と設定した場合、
元金から1万円差し引かれますが、
+利息の支払いが必要になるため
月々の支払は13000円となります。

元利定額リボ払いよりも
元金の減りが早いので
比較的早期に返済が終了しやすい

定率方式

1.元利定率リボルビング方式

元利定率リボ方式は返済総額から
決められたパーセンテージだけを
返済していく流れとなります。

例えば、アコムの場合3%と決まってるので
30万円の3%を乗じた9000円が
支払額となります。

しかし、支払った9000円から利息が
一定の割合だけ差し引かれるので
その差額が元本から差し引かれます。

2.元金定率リボルビング方式

先ほどの元利定率リボ方式では、
利息分も合計した金額からの割合でしたが、
元金定立リボ方式は、
元金のみから割合を計算し、それに加えて
利息を支払う方式となります。

借入が30万円、割合が3%とした場合、
9000円が元本から差し引かれ、これに
利息を加えた金額が支払額となります。

定率方式と定額方式の違い

しかし、定率方式は定額方式と違い
常に100%未満の返済をしていくため
このペースをずっと続けていても
完済できない計算となる。

なので、途中で見切りをつけて
繰り上げ返済をするなど手続きが
必要になることが多いです。

⇒次は残高スライド方式について

-基礎知識, リボルビング払い

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5