基礎知識 法令関係

出資法とは?改正後の上限金利と利息の利率について

どうも。ジェニーです。

今回は「出資法とは?改正後の
上限金利と利息の利率」について
ご紹介をしていきます。

前回の記事で利息制限法を紹介
しましたが、その中で出資法という
話をさせて頂きました。

改めて出資法とは何か、その説明と
出資法で定められている法改正後の
上限金利についてご紹介します。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

出資法とは?

出資法とはただの略称で、正しくは
「出資の受入れ預り金及び金利等の取締りに関する法律」という長い名前です。

この出資法は闇金やサラ金など
不当な金融業者の高金利貸付に
終止符を打つための重要な法律です。

この法律のおかげで僕たちは安心して
お金を借りることができています。

ネット上のサイトなどで
上限金利は29.9%だとか
みなし弁済規定があるとか
グレーゾーン利息とか言われてますが、

すべて過去の話で既に法改正されて
これらすべて出資法で禁止されています。

2010年6月に法改正され、
金融業者の上限金利は20%
出資法で決められています。

それ以上の利息を設定した場合
行政処分や重い罰則の対象となります。

改正前の出資法

2010年の法改正前までは
みなし弁済規定というものがあり
20%~29.9%の範囲内であれば
借主本人が任意で支払うことが可能
というグレーゾーン利息がありました。

当時の上限金利は29.9%で
これを超えなければ罰則の対象にならず
借主が同意をすれば
20%を超える利息を払っても
過払い扱いになりませんでした。

なので、20%~29.9%の範囲は
グレーゾーン利息と呼ばれ、
借主に都合の悪い条件を出しては
無理に利息を多く払わせる業者も
数多く存在していたそうです。

そういった闇金やサラ金対策のため
借主が借金地獄にならないように
2010年に法改正されております。

出資法で定められている上限利率

出資法では

  • 借入額に関わらず
    ⇒ 年率20%を超えたら罰則
  • 借入が10万円以上100万円未満
    ⇒ 年率18%以上で行政処分
  • 借入が100万円以上
    ⇒ 年率15%以上で行政処分

このように決められています。

なので法改正後の出資法によって
絶対に20%を超えないように
設定されています。
(遅延損害金は除く)

まとめ

出資法で定められている
利息の利率は20%。

それ以上の利息は
一切支払う必要がありません。

もし利息を多く払いすぎている場合は
元本から差し引いてもらったり
過払い請求で返金して
もらうことが可能です。

出資法とあわせて
利息制限法もご確認ください。

利息制限法について

-基礎知識, 法令関係

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5