基礎知識 法令関係

グレーゾーン金利はいつから廃止?廃止後の金利について

どうも。ジェニーです。

今回は「グレーゾーン金利はいつから廃止?廃止後の金利」について
ご紹介をしていきます。

グレーゾーン金利は
いつから存在していたのか?

出資法が改正されてから
グレーゾーン金利が廃止となったけど
廃止後の金利はどれぐらいになったのか?

気になる金利の利率について
調べた情報をまとめていきます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

グレーゾーン金利は2010年6月まで存在してた

ここでのポイント

  • 2010年6月以降は完全施行されているため、現在はグレーゾーン金利は一切存在しない

改正されたのは2006年12月ですが
完全施行されたのは2010年6月です。

つまり、2006年12月は
「法改正したので対応してね」という意味。

2010年6月は
「もう4年近く経つから対応
してくれたよね。これ以降の違法は
厳しい罰則の対象となるよ」という意味。

なのでほとんどの金融業者は
2006年12月から2010年6月までの間に
利率の変更手続きを実施しました。

なので、2010年6月以降は
完全施行されているため
2015年7月現在は
グレーゾーン金利は一切存在しません。

グレーゾーン金利の仕組みについては
こちらの記事でまとめております。

⇒グレーゾーン金利とは?

2010年6月以降の金利の利率

2006年12月までの
出資法改正前の金利は29.2%でした。

そして、利息制限法では
下記のように、元本の額によって
金利の上限が決められていました。

元本 金利
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%以下
100万円以上 15%以下

なので、グレーゾーン金利は

元本 グレーゾーン金利
10万円未満 20%超~29.2%以下
10万円以上100万円未満 18%超~29.2%以下
100万円以上 15%超~29.2%以下

このようになっておりました。

しかし、出資法改正後は29.2%から20%
変更されたため、グレーゾーンが消滅し、
利息制限法で定められた利率を超えたら
出資法で罰則の対象となりました。

元本 金利
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%超~20%以下
100万円以上 15%超~20%以下

元金が10万円未満なら問題ないですが、
10万円以上になると
利息制限法の利率と出資法の利率に
間が生まれます。

しかし、グレーゾーン金利とならず、
10万円以上100万円未満の場合は18%
100万円以上の場合は15%を超えた分は
刑罰ではなく、行政処分の対象となります。

どちらにしろ、利息制限法の利率を超えたら
貸主にとって都合が悪くなるため
実質グレーゾーンは一切廃止となります。

まとめ

2006年12月に法改正され、
2010年6月に完全施行されたことで
グレーゾーン金利は完全に消えました。

法改正後でも10万円以上の借入の場合は
出資法で定めた金利と間がありますが
これはグレーゾーンにはならず
行政処分や規制の対象になります。

法改正後は借主が安心して
借入ができる環境になりました。

かといって安心して無計画になると
自分の首を絞めることにつながるので
ご利用は計画的に。

-基礎知識, 法令関係

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5