基礎知識 法令関係

出資法改正後グレーゾーン金利は完全に消滅しました

どうも。ジェニーです。

今回は「出資法改正後
グレーゾーン金利は完全に消滅しました」
についてご紹介をしていきます。

ネットで調べていると
グレーゾーン金利という言葉を
よく見かけますが、
2010年6月に出資法が改正されて
金利の利率も変更されています。

古い情報が混ざったりしていて
現段階の金利はいくらになるのか?
出資法改正後でも
グレーゾーンは存在するのか?

本当に完全消滅したのかについて
調査したのでまとめていきます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

出資法改正後グレーゾーン金利消滅

法改正前の出資法で定められた金利は
29.2%でした。

この利率を超えた金利を設定していると
刑罰の対象となり、罰則を受けます。

しかし、利息制限法で定められた金利は
20%でした。

借主は20%を超える金利を支払う必要は
一切無いのですが、借主が同意をすれば
29.2%までなら金利として認められます。

この20%~29.2%の金利のことを
グレーゾーン金利と呼びます。

本当なら借主は20%までですが
貸主が同意せざるを得ない条件をだして
罰則を受けないギリギリのラインの
29.2%の金利を払わせようとしてきます。

その結果、金利の負担が大きくなり
借金地獄となった借主が増えたのです。

この問題を消滅させるために国は
出資法の利率を20%に下げ、
実質的にグレーゾーンが消滅
借主の金利の不安を拭うことができました。

2010年6月法改正以降、
20%を超える金利を設定した貸主は
刑罰の対象となるため、金利を20%以下に
設定せざるを得ない状況となりました。

これで結果的にグレーゾーン金利を
完全に消滅させることができたのです。

本当にグレーゾーン金利は存在しない?

ネットで情報を調べていると
グレーゾーンに関する情報が載ってたり
みなし弁済金に関するページがあったり
金利の利率が29.2%と掲載されてると

実際のところはどうなんだろうと
迷ってしまいました。

法改正されているはずなので
金利の上限は29.2%になるはずなのに
古い情報も混ざっているので
どれを信用すればいいかわからない。

と、迷ってしまいましたが、
ちゃんと法改正されているので
金利の上限利率は20%で
間違いありません。

20%を超える金利を設定すると
その業者は重い罰則を受けるので
設定している業者も存在しません。

なので、グレーゾーン金利や
古い情報に惑わされないように
注意しましょう。

まとめ

  • グレーゾーン金利
  • みなし弁済金
  • 29.2%
  • 借主の同意があればOK

こういった言葉を見つけたら
古い情報だと判断をしましょう。

2010年6月以降は
グレーゾーン金利もみなし弁済金も
すべて完全撤廃されましたし、
上限利率は20%と設定されています。

借主の同意の有無に関係なく
20%を超える金利の利率は
利息として認められないので
もし多く利息を支払っているなら
返金してもらうこともできます。

古い情報を間違って認識せずに
最新かつ正しい情報を得ましょう。

⇒2015年現在の利息制限法について

⇒2015年現在の出資法について

-基礎知識, 法令関係

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5