お金にまつわる よくある話

返済を一本化!おまとめローンは総量規制の対象外になる?

借り入れ先が複数になると、
気付いた頃には総量規制を
オーバーしていた〜
なんてことに
なってしまうことがあります。

こうなると新たな業者から
借り入れることができませんし、
毎月の返済に苦しむことにも。

こういう時に検討したいものが
おまとめローン」というサービス。

今回の記事では、
返済を一本化!おまとめローンは
総量規制の対象外になる?

という内容をお届けしていきます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

総量規制について

総量規制とは
年収の1/3を超える借り入れが
できない
」という規制です。

なぜ総量規制が作られたのか?

総量規制が作られる前は
借り入れの上限が設けられておらず、
グレーゾーン金利も通用していました。

※グレーゾーン金利とは?※
詳細>>グレーゾーン金利はいつからいつまであったの?廃止された背景
(現在準備中)

上限なし+グレーゾーン金利、
このような背景があったため、
借金で首が回らない〜という人が
少なくなかったんですよね。

そのような人をいなくするために
できた規制が「総量規制」です。

年収の1/3までしか借り入れられない〜
という制限ではなく、
過剰な借り入れから身を守ってくれる
制度ということです。

総量規制の「対象」になる消費者金融

プロミスやアコム、アイフルなど
いわゆる「消費者金融」からの
借り入れは総量規制の対象になります。

なので、
消費者金融を利用するとなると、
年収の1/3を超える借り入れは
できないということです。

総量規制の「対象外」になる銀行カードローン

総量規制の対象となるのは
消費者金融からの借り入れ。

銀行からの借り入れは
総量規制の対象外になります。

なぜ銀行は総量規制の対象外なのか?
その理由はこちらで確認できます。
>>銀行からの借り入れは総量規制の対象外!その理由は?
(現在準備中)

じゃあ、お金に困ったら
銀行から借りればいいんじゃ?
」と
思うかもしれませんが・・・

その分、審査が厳しんです。

複数の借り入れ先がある場合なんかは
まず審査に通らないと思っていいです。

おまとめローンも総量規制の「対象外」?

どうしてもお金が必要になり、
借り入れ先が4社5社に...

いつの間にか借り入れ額が
年収の1/3を超えていた...

年収は400万だけど、
借り入れ額が150万円になった〜
という感じですね。

このような状況になると
新たな業者を使おうと思っても
審査に通らなくなってしまいます。

そこで活用したいサービスが
おまとめローン」による
返済の一本化です。

※おまとめローン、
返済を一本化とは?
詳細>>「返済を一本化」とは?メリット・デメリットなど

総量規制をオーバーしていても、
業者の審査を通貨すれば
おまとめローンに申し込めます。

おまとめローンを活用すれば、
毎月の返済額を抑えることができ、
金利を低く抑えられることが多いです。

また、返済日も統一できますから、
今日はA社〜来週はB社〜というような
ことにもなりません。

ただし、毎月の返済額が少ないと
その分支払期間が長くなるので、
返済総額が増えることもあります。

さらに、返済額が少なくなると
精神的・経済的に負担が軽減して
「借金が減った!」と
勘違いする人も。

おまとめローンは利用するべき?

これに関しては「目的次第」です。

例えば、毎月の返済額を
少しでも低くしたい〜という場合は
利用を検討してもいいですし。

シミュレーションしてみたら
返済総額が多くなりそうだ〜という場合は、
利用するのを避けてもいいです。

このあたりはじっくり検討し、
業者さんにも相談しながら
判断していきましょう。

-お金にまつわる よくある話

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5