お金にまつわる よくある話

他社借入が可能な条件について 嘘は絶対バレるのでやめましょう。

他社へ借り入れをする際、
少しでも審査に通りやすくなるように、
自分に有利な嘘をついてしまうという事は、
ありませんか?

審査も時間かかります。
時間をかけてしまうなら、
ちょっとくらい嘘をついてでも、
通って欲しい…と思いますよね。

でも、それは絶対ダメです!

今回は他社借入で、
借りられる条件と、
嘘が絶対ダメな理由
を、
紹介します。

他社借入が可能な条件

他社借入できる条件は、
各消費者金融やカードローンによって、
多少違いがはありますが、
以下の条件が一般的です。

  • 毎月安定した収入がある。
  • 他社借入が2-3件。
  • 正社員として1年以上勤務
    していること。
  • 借入額が年収の3分の1以上に
    なっていない(総量規制)

収入が一定しない学生や、専業主婦、
アルバイトでは、審査に受かるのは、
かなり厳しいといえるでしょう。

嘘は絶対バレる!!

審査を通りやすくするため、
少しでも借入額を上げたいため、
ちょっと嘘を言ってしまうことが、
あるかもしれません。

これは絶対ダメです!
100%バレます

審査は口頭だけではありません。
証明書や、各書類の提出が必要です。

審査書類と申告にズレがあったら、
即バレます。

勤務先や、家に確認の電話が入り、
嘘が発覚することもあるのです。

例えそのとき運よくバレなくても、
後々大変なことになる、
可能性もあります。

お金を貸す側の立場にたって、
考えてみてください。

嘘をつくような人に、
お金を貸したいですか?
貸したくありませんよね?

年収、勤務先、雇用形態…。
すべて正直に申告し、
審査結果を待ちましょう。

まとめ

  • 他社借入をするには条件がある。
  • 年収、雇用形態(正社員以上)、
    勤務先がきちんとした企業であること。
  • 審査時に嘘申告はNG!絶対バレます

審査の申告は、
正直に行いましょう。

嘘は必ずばれますし、
それで不誠実と判断され、
審査落ちすることもありえます。

少しの欲で、審査落ちするのが、
一番もったいないです。

-お金にまつわる よくある話

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5