基礎知識

カードローンとフリーローンの違いとメリット・デメリット

この記事では
カードローンとフリーローンの違いと
メリット・デメリットという
内容をお届けしていきます。

同じ「ローン」でも
カードローンとフリーローンには
決定的な違いがあります。

銀行からお金を借りる時に
この違いを事前に把握しておかないと、
損をする可能性も出てきます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローンはフリーローンの一種

厳密に言うと「カードローン」は
フリーローン」の一種です。

フリーローンとは
使用用途が自由なローンのこと。

カードローンも使用用途は自由なので、
定義上はフリーローンの一種になります。

カードローンとフリーローンの決定的な違い

追加融資が可能かどうか

カードローンは限度額の範囲内なら
繰り返し追加融資を受けることができます。

例えば、限度額が50万円で、
現在10万円借入れているとします。

残高がまだ40万円あるので、
この金額内であれば再び
借入れることが可能です。

フリーローンはカードローンと異なり、
追加融資を受けることができません

最初に借りたらあとは
返済していくだけです。

例えば、融資額が50万円の場合は、
最初に一括で50万円借入れても、
30万円だけ借入れてもOKです。

ただ、30万円借入れた場合、
まだ20万円の残高がありますが、
追加融資を受けることができません。

追加融資を受けたいという場合は、
再度申込み・審査を受ける必要があります。

カードローンとフリーローンのメリット・デメリット

カードローンのメリット・デメリット

【メリット】
・追加融資が繰り返し受けられる

【デメリット】
・借入額が大きくなりやすい

一見するとカードローンの方が
使い勝手が良さそうに思えます。

限度額内であれば何度でも
繰り返し追加融資が受けられますし、
長期間定期的に利用し続ければ、
限度額を増額することもできます。

が、カードローンを利用していると、
あたかも「自分のお金」のような
感覚に陥ってしまいやすいです。

銀行からお金を借りているので、
借金」をしていることになります。

最初は緊張感を持っているのですが、
1年2年と利用していると、
その緊張感も薄れてしまいます。

まだ限度額には余裕があるから、
もう少し借入れても大丈夫だろう。

こういう油断が生まれることがあるので、
カードローンは借入額が大きくなりやすい
というデメリットがあると言えます。

フリーローンのメリット・デメリット

【メリット】
・借入額が大きくなりにくい

【デメリット】
・追加融資を受けることができない

もう少しお金が必要だという場合でも、
追加融資が受けられないので、
使い勝手が良いとは言えません。

が、最初に借入れたら
あとは返済を続けていくだけなので、
借入額が大きくなりにくいです。

追加融資を受けることができない分、
借入残高は毎月確実に減っていきます。

一時的にお金が必要だけど、
それ以降は必要としない〜という場合は
フリーローンが適していると言えます。

審査や金利の違いは?

審査の内容はほとんど同じですが、
融資を受けられるまでにかかる時間は
カードローンの方が早いです。

金融機関よっては即日融資可能な
カードローンもあります。

金融機関によりけりなので、
一概に言うことはできませんが、
金利を比較してみると、
フリーローンの方が低めです。

まとめ

カードローンとフリーローンの違いと
メリット・デメリットという内容を
今回の記事ではお届けしてきました。

ポイントをまとめると、
次のようになります。

  • カードローンはフリーローンの一種
  • カードローンは追加融資が可能だが、
    借入額が大きくなりやすい
  • フリーローンは追加融資が不可能だが
    借入額が大きくなりにくい

-基礎知識

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5