横浜銀行

横浜銀行カードローンは限度額310万円以上で収入証明書が必要

横浜銀行カードローンの契約時に必要な「収入証明書/所得証明書」についてまとめたページです。

原則不要で申込めますが、限度額が310万円以上になると収入証明書が必要になります。

必要な証明書の種類や発行方法などを確認していきましょう。

横浜銀行カードローンの借入限度額

  • 10万円〜1,000万円(10万円単位)

横浜銀行カードローンの借入限度額は10万円〜1,000万円となっており、10万円単位で増額できます。

他のカードローンと比較すると、借入限度額の幅が広くなっています。

必要となる収入証明書

限度額が300万円を超える場合(限度額が310万円以上〜)「収入証明書」が必要となります。

必要となる収入証明書は下記のいずれかのコピーです。

  • 源泉徴収票
    (勤務先の会社名の記載のあるもの)
  • 納税証明書
    (税務署の発行印があるもの)
  • 確定申告書
    (税務署の受付印があるもの)
  • 住民税決定通知書
    (市区町村長の発行印があるもの)

もし、証明書を紛失した場合は、所定の手続きを行い再発行してもらいましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

収入証明書を準備(再発行)する手順

源泉徴収票

12月〜翌年1月中には発行されます。

もし、紛失した場合は総務・人事担当にお願いすれば再発行してもらえます。

何かしらの理由で再発行を拒否された場合は、税務署で相談してみましょう。

納税証明書

確定申告を行った後に発行され、「未納の税額がないこと」を証明する書類です。

再発行してもらう場合は、税務署で手続きを行えばOKです。

※本人確認書類と認印を持っていくこと

確定申告書

個人事業主・自営業の方などは毎年3月15日前後までに確定申告を済ませなければなりません。

控えを保管している場合はそれをコピーして提出すればいいです。

が、もし紛失した場合は税務署で再発行してもらいましょう。

※本人確認書類と認印を持っていくこと

ただし、確定申告書のコピーは1通につき300円の手数料がかかり、申請〜発行に最大30日かかります。

今すぐに必要な場合は、原本をその場で書き写しましょう。

住民税決定通知書

毎年5月〜6月頃に発行される書類です。

住民税決定通知書は再発行を受付けていない自治体が多いです。

もし、紛失した場合は「所得・課税証明書」の再発行を依頼しましょう。

市区町村区役所の窓口に行き、所定の手続きを行えば再発行できます。

また、再発行手続きの際は、本人確認書類と手数料が必要です。

※1通につき200円〜300円

まとめ

横浜銀行カードローンは限度額310万円以上で収入証明書が必要という内容をお届けしてきました。

必要となる収入証明書は下記のいずれかのコピーです。

  • 源泉徴収票
    (勤務先の会社名の記載のあるもの)
  • 納税証明書
    (税務署の発行印があるもの)
  • 確定申告書
    (税務署の受付印があるもの)
  • 住民税決定通知書
    (市区町村長の発行印があるもの)
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-横浜銀行

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5