JAカード

JAカードの利用限度額をオーバーするとどうなる?

この記事では、JAカードの利用限度額をオーバーするとどうなる?という内容をお届けしていきます。

ショッピングの際にJAカード利用していると、限度額をオーバーしているのに利用できる時があります。

  • 限度額をオーバーしても利用できるのは何で?
  • 限度額をオーバーするとどうなるのか?

これらについてまとめました。

JAカードの利用限度額をオーバーしても利用できる理由


利用限度額をオーバーしても利用できる理由は主に2つあります。

  1. 元々余裕が持たされている
  2. 三菱UFJニコスから信用されている

JAカードの発行会社は「三菱UFJニコス」です。

三菱UFJニコスだけでなく他のクレジットカード会社の多くは、ショッピング枠に余裕を持たせています。

そのため、多少であれば限度額をオーバーしても利用できるようになっています。

ただし、誰しもが利用できるとは限りません。

JAカードの場合であれば、発行会社である三菱UFJニコスから信用されていることが条件です。

長期間・定期的に・返済に遅れず利用していれば、自ずと信用されていきます。

JAカードの利用限度額をオーバーするとどうなる?

JAカードの限度額をオーバーすると、主に下記2つの問題が発生します。

  1. JAカードの利用停止
  2. 社内記録として残る
JAカードの利用停止(詳細はここをタップ)

限度額の上限に達している、または既にオーバーしている場合は、それ以上利用することができなくなります。

利用分を返済して限度額に余裕ができれば、再びJAカードを利用できるようになります。

社内記録として残る(詳細はここをタップ)

限度額をオーバーした場合、その情報が社内記録として残ります。

オーバーしたのが初めて、少額という場合は、それ程問題視されません。

が、毎月のように繰り返していると、信用度が低下してしまいます。

信用度が低下すると、限度額を引き下げられたり、JAカードそのものの利用を停止させられる可能性があります。

そうならないために、JAカードの利用額を常に把握する習慣を作りましょう。

まとめ

JAカードの限度額をオーバーするとどうなる?という内容をお届けしてきました。

発行会社である三菱UFJニコスから信用されていると、利用限度額をオーバーしても利用できる時があります。

ですが、限度額をオーバーすると、主に下記2つの問題が発生します。

  1. JAカードの利用停止
  2. 社内記録として残る

常に利用額を把握する、使い過ぎない、限度額を増額するなどして、オーバーしないように注意しましょう。


-JAカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5