お金にまつわる よくある話

楽天市場でクレジットカードの分割支払いをする方法

「楽天市場でクレジットカードを使って買い物する時分割はできるの?」

クレジットカード自体で分割払いOKあれば楽天市場での分割払いは可能です。

クレジットカードでの分割払いの設定は購入時でもできますが、後からでも分割は可能です。

これは後から分割払いにしたくなった時に便利です。

「分割払いの方法」「支払い回数を後から変更」「一括払いから分割払いの変更方法」楽天市場で分割払いに関わる設定方法その他手数料の情報とあわせてまとめてみました。

楽天市場でクレジットカードの分割支払いをする方法

この記事をざっくりまとめると

  • 分割払いをしたいときは、分割払い可能な店舗で、支払い時に希望の回数を指定する
  • カードによっては、一回払いで決済しても、期間中であれば分割払いに変更可能
  • 選択可能な支払い方法・分割可能回数は、カードによって違う
  • 分割払いができない理由は「分割払いができないクレカ」「分割払いができない店舗」「遅延や延滞後のペナルティとして」など
  • 手数料を抑えるには、支払い回数を少なくする
  • 返済分のお金があとちょっと足りない時
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

楽天市場での買い物の際、クレジットカードの分割払いを利用する方法

ここでのポイント

  • 分割払いが利用できるかは購入店による
  • 分割払いOKなお店では、お支払い方法の「支払い回数」から選択する
  • 一回払いしか取り扱っていないお店の場合は決済後、Web会員サービスや電話にて分割払いに変更可能

分割払いが利用できるかどうかは、買い物をするお店によります。

お店によっては「一回払い」しか利用できません。この場合は、一回払いで決済した後で、支払い回数を変更しましょう。

分割払いが利用できる場合は、お支払い方法の「支払い回数」から希望の回数を選択しましょう。

スクリーンショット 2016-08-01 11.05.21

※楽天カードをご利用の場合、支払い回数の変更は「楽天e-Navi」から申込可能です。

※他のカードをご利用の場合も同じように、Web会員サービスや電話にて分割払いに変更可能です。

【例】
●JCBカード→My JCBから変更
●VISAカード→MUFGカードWEBサービス(三菱UFJニコス)/Vpass(三井住友カード株式会社)などから変更

支払い回数を後から変更できる?

ここでのポイント

  • 楽天市場で買い物をした場合、後から1回払いを分割払いにすることが可能
  • ただし「分割払い→1回払い」「分割払い→リボ払い」はできない
  • 支払い回数の変更は「楽天e-Navi」から申込むことができる

楽天市場で買い物をした場合、後から支払い回数を変更することができます。

ただし、変更可能なのは「1回払いを後から分割払いにすること」のみです。

「分割払い→1回払い」「分割払い→リボ払い」には対応していないので、ご注意ください。

支払い回数の変更は「楽天e-Navi」から申込むことができます。

分割払いに変更する方法は?

分割払いに変更する方法は主に2つあります。

  • インターネット
  • 電話

インターネットの場合

例えば「楽天カード」の場合であれば、インターネットサービス「楽天e-Navi」から分割払いに変更することができます。

他のカードの場合も同じように、WEB会員サービスから分割払いに変更することができます。

(My JCB/MUFGカードWEB会員サービス/Vpassなど)

電話の場合

お手持ちのカード裏面に記載してある連絡先に電話をして「分割払いに変更したい」と伝えると、変更することができます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

分割払いの手数料はいくら?

代表的なカードとして「楽天カード」を使って分割払いにした場合の手数料を確認していきます。

楽天カードの支払い回数は3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回があります。

※実質年率12.25%〜15.00%

支払い回数・実質年率・利用代金100円当たりの分割手数料が下記の通りです。

支払い回数 実質年率 分割手数料
3回 12.25% 2.04円
5回 13.50% 3.40円
6回 13.75% 4.08円
10回 14,50% 6.80円
12回 14.75% 8.16円
15回 15.00% 10.20円
18回 15.00% 12.24円
20回 15.00% 13.60円
24回 15.00% 16.32円
30回 15.00% 20.40円
36回 15.00% 24.48円

クレジットカードでの返済方法の種類は?

カード会社 支払方法
VISA リボ,分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24 回が可能です),ボーナス一括(夏[8月払い:12月16日~6月15日]、冬[翌年1月払い:7月16日~11月15日]) 
MASTER リボ,分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24 回が可能です),ボーナス一括(夏[8月払い:12月16日~6月15日]、冬[翌年1月払い:7月16日~11月15日]) 
Diners リボ,ボーナス一括(夏[8月払い:12月16日~6月15日]、冬[翌年1月払い:7月16日~11月15日]) 
JCB リボ,分割(3,5,6,10,12,18,20,24 回が可能です),ボーナス一括(夏[8月払い:12月16日~6月15日]、冬[翌年1月払い:7月16日~11月15日]) 
AMEX 分割(3,5,6,10,12,15,18,20,24 回が可能です),ボーナス一括(夏[8月払い:12月16日~6月15日]、冬[翌年1月払い:7月16日~11月15日]) 

分割払いを利用できる場面

分割払いに対応しているお店で買い物をする時は、下記の手順で利用することができます。

  1. 支払い方法で「クレジットカード」を選択
  2. カード情報を入力する
  3. 希望の支払い回数を選択し購入する

基本的にはこの3ステップでOK。

ただし、クレジットカードの種類(ブランド)によっては、希望の回数に対応していないことがあります。

分割払いが出来ないケース

クレジットカードの分割払いが出来ない場合、主に下記3つの原因が考えられます。

  • クレジットカードそのものが分割払いに対応していない
  • お店が分割払いに対応していない
  • 過去に返済に遅れたことがある

クレジットカードそのものが分割払いに対応していない

一括払いには対応しているけど、分割払いには対応していないクレジットカードがあります。

例えば「ダイナースクラブカード」は分割払いに対応しておらず、「アメリカン・エキスプレス・カード」は登録許可制となっています。

分割払いに対応しているかどうかは、お手持ちのクレジットカード会社の公式HPにてご確認ください。

お店が分割払いに対応していない

お店の意向により、分割払いに対応していないところがあります。

この場合、支払いは「1回払い」となりますが、後から「分割払い」に変更することができます。

過去に返済に遅れたことがある

過去に返済に遅れたことがあると、分割払いが停止される可能性があります。
(1回払いは利用可能)

1日でも・1回でも返済に遅れると、信用度を大きく低下させてしまいます。

すぐに強制解約されるわけではありませんが、返済能力の様子を見るという意味合いもあり、分割払いが停止されることがあります。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

分割払いとは?どういう仕組み?

クレジットカードの分割払いの仕組みは、下記のようになっています。

  1. クレジットカード会社があなたの代わりにお店に料金を支払う。
  2. クレジットカード会社からあなた宛てに請求が届く
  3. 利用分の返済(利息を含む)を指定回数で行う

分割払いの支払い回数と手数料について

例えば「楽天カード」の場合だと、支払い回数と手数料が下記のようになっています。

支払い回数・実質年率・利用代金100円当たりの分割手数料が下記の通りです。

支払い回数 実質年率 分割手数料
3回 12.25% 2.04円
5回 13.50% 3.40円
6回 13.75% 4.08円
10回 14,50% 6.80円
12回 14.75% 8.16円
15回 15.00% 10.20円
18回 15.00% 12.24円
20回 15.00% 13.60円
24回 15.00% 16.32円
30回 15.00% 20.40円
36回 15.00% 24.48円

支払額・手数料の例

例えば、楽天カードを使って5万円の商品を購入し、支払い回数を6回にしたとします。

(6回払いの場合、実質年率は13.75%)

ご利用金額 50,000円
分割払手数料 50,000円x(4.08円/100円)=2,040円
分割支払総額 50,000円+2,040円=52,040円
1回目の分割支払金 8,675円(※)
2回目以降の分割支払金 8,673円

※52,040円÷6回
(端数は初回に加算)

手数料を抑える方法「支払い回数を少なくする」

ここでのポイント

  • 分割払いの手数料を抑える方法は「支払い回数を少なくすること」
  • 1回・2回払いの場合は「手数料が無料」となるクレカが多い
  • 支払い回数が多くなればなるほど、その分実質年率・手数料が高くなる

分割払いの手数料を抑える方法は「支払い回数を少なくすること」です。

楽天カード以外のクレジットカードでも、1回・2回払いの場合は「手数料が無料」となっているものが多いです。

そして、支払い回数が多くなればなるほど、その分実質年率・手数料が高くなります。

1回あたりの支払額を多くし、支払い回数をなるべく少なくすることが、手数料を抑える方法になります。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

まとめ

【楽天市場で利用できるクレジットカード】
VISA/MASGTER/Diners/JCB/AMEK

【クレジットカードでの支払い済方法の種類】
一括/分割/リボ払い

※ただし、買い物をするお店によっては、クレジットカードが利用できない/分割払いに対応していないことがあります。

分割払いに対応していないお店の場合、一括払いで決済をした後、WEB会員サービスから分割払いに変更することができます。

楽天市場での支払い方法は?

楽天市場での買い物は、下記の方法で支払うことができます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 代金引換
  • 楽天バンク決済
  • ペイジー決済
  • コンビニ決済
  • 電子マネー決済
    (楽天Edy、Paypalなど)

この中でも最も手軽なのが「クレジットカード」です。

ウェブ上で支払いを済ませてしまえば、後は商品が届くのを待つだけ。

銀行に振込む手間、運送業者に料金を支払う手間が一切ありません。

楽天市場で対応しているクレジットカードは?

クレジットカード支払いに対応しているカードブランドが下記の通りです。

  • VISA
  • MASTER
  • Diners
  • JCB
  • AMEX

-お金にまつわる よくある話

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5