dカード

dカードの利用限度額引き上げ方法と申し込み時のポイント

この記事ではdカードの利用限度額の引き上げ方法についてお届けしていきます。

ある条件を満たしているとdカードの利用限度額を引き上げる事ができます。

・利用限度額引き上げの申し込み方法
・引き上げについてのポイント

これらについてまとめました。

dカードの利用限度額を引き上げる方法

ここでのポイント

  • 利用限度額を引き上げる為には『電話』と『インターネット』から申し込む

dカードの利用限度額は『一時的』『永続的』に引き上げる事が出来ます。

海外旅行に行く時などは一時的、今後もずっと使いたい時は永続的に利用限度額を引き上げる事が可能です。

利用限度額を引き上げる為には『電話』と『インターネット』のどちらでも申し込みが可能です。

電話で申し込む場合

dカード会員の方はdカードセンターで申し込みが可能です。

0120-300-360
※受付時間は10:00~20:00

dカードGOLD会員の方はdカードゴールドデスクで申し込みが可能です。

0120-700-360
※受付時間は10:00~20:00

インターネットで申し込む場合

dカードトップ>設定・よくある質問>ご利用枠の引き上げ

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

dカードの利用限度額引き上げのポイント

ここでのポイント

  • 利用限度額の引き上げには『実績』と『信頼』が重要

dカードの利用限度額の引き上げには『実績』『信頼』が絶対に欠かせません。

実績とは長期間dカードを利用する事がポイントです。

dカードは半年以上利用していないと利用限度額の引き上げはできません。

信用とは返済遅れをしない事。

これが絶対条件です。

たった1日返済に遅れたとしても支払い事故扱いになりますので信用度は大きく低下します。

長期間dカードを利用して返済日に必ず返済する事がポイントです。

ちなみに利用限度額の引き上げには審査があります。

なので必ずしも自分の希望額通りの引き上げにはならない事があります。

まとめ

dカードの利用限度額引き上げについてお話ししてきました。

利用限度額の引き上げには電話でもインターネットでも申し込みが可能です。

引き上げには『実績』と『信頼』が欠かせません。

その為にはコツコツとdカードを利用し、返済遅れを絶対にしない事がポイントです。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



クレジットカード増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-dカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5