ANAカード

ANAカードのキャッシング|申込み方法と注意点

pak63_visamaster20140531-thumb-autox1600-17105-6

【キャッシングは別途申込みが必要】ANAカードのキャッシングを利用するには、別途で申込みをする必要があります。

また、申込み後は所定の審査が行われるので、すぐに利用できるわけではありません。

キャッシングサービスの申込み方法や注意点を確認していきましょう。

ANAカードのキャッシング|申込み方法について

ANAカードのキャッシングを利用するためには「別途申込み」が必要です。

では、どうやって申込むのか?主な方法は2つあります。

  1. インターネット(Web申込み)
  2. 電話(提携カード会社に電話)

インターネット

インターネットで申込む場合は「提携カード会社のWeb会員サービスページ」から操作を進めていきます。

主な提携カード会社とWeb会員サービスページが次の通りです。

  • VISA/MasterCard→Vpass
  • JCB→MyJCB
  • Diners Club→クラブオンライン
  • アメリカン・エキスプレス→マイ・カードサービス

※会員サービスを利用するためには「会員登録(無料)」が必要です。

不明点・疑問点がある場合は、提携カード会社のコールセンターにお問い合わせください。

電話

ANAカード裏面に記載されている「提携カード会社のコールセンター」に電話をして申込みます。

電話をして「ANAカードのキャッシングに申込みたい」という旨を伝えればOKです。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

ANAカードのキャッシング|申込時の注意点

キャッシングサービスに申込む時は、下記の3つにご注意ください。

  • 必要書類を準備する
  • 記入漏れ・誤字脱字をしない
  • 限度額は無理をしない

必要書類を準備する

ANAカードのキャッシングに申込む時は、本人確認書類の他に「収入証明書」が必要な場合があります。

【収入証明書の例】
給与明細書/源泉徴収票/住民税決定通知書/確定申告書控えなど

記入漏れ・誤字脱字をしない

記入漏れや誤字脱字があると、審査に時間がかかったり、確認の電話が届きます。

場合によっては再申し込みが必要になることも。

ですので、最後の見直し・確認は欠かさず行いましょう。

限度額は無理をしない

限度額が高くなればなるほど、審査が慎重に進められます。

また、ANAカードだけでなく、クレジットカードは「総量規制」の対象です。

※総量規制とは
年収の1/3を超える借入ができないという規制

初めは無理な限度額を設定せず、徐々に増額していく方がいいです。

ANAカードのキャッシング|利用時の注意点

ANAカードのキャッシングを利用したら「絶対に返済に遅れないこと」を心がけましょう。

1日でも返済に遅れると「遅延」扱いになり、信用度が低下してしまいます。

また、長期に渡って滞納する/何度も遅延を繰り返すと・・・

ANAカードの強制解約・利用残高の一括請求・財産(給与)差し押さえなどの措置がとられる可能性も。

こうならないためにも、返済計画を徹底し、絶対に遅れないよう気を付けましょう。

まとめ

  • キャッシングは別途申込みが必要
  • 申込みは会員サービスページや電話から
  • 記入漏れ・誤字脱字に要注意
  • 無理な限度額を希望しない
  • 絶対に返済に遅れず利用すること

ANAカードのキャッシングを利用する=カード会社からお金を借りる、ということです。

借りたお金は期日までに必ず返すことを心がけましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-ANAカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5