楽天カード

楽天カードの口座振替で引き落としされたか確認する方法

楽天カードの引き落とし日にきちんと引き落とされたかどうかはすごく気になりますよね。

引き落とされていないと「遅延」になってしまい、「遅延損害金」という余計な支払いが増えてしまいます。

今回は楽天カードの引き落としされた金額を確認する方法を紹介します。


30秒で読めるこの記事のポイント

この記事をざっくりまとめると

  • 楽天カードの引き落としが済んだかは、通帳記帳など引き落とし口座の確認をするのが最速
  • 「楽天e-NAVI」からも確認できるが、楽天銀行の場合で翌日まで、その他の銀行で最長4営業日後と、やや時間がかかる
  • 引き落としに間に合わないと「遅延」となり、遅延損害金の発生やカードの利用停止などのペナルティがある
  • 返済日に残高不足を起こさないためには、前もって多めに入金する、前日に残高を確認するなどの対策も有効
  • 口座振替後は、引き落とし先の銀行からカード会社に連絡が入り次第、利用可能額に反映される
  • 返済分のお金があとちょっと足りない時
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

楽天カードの口座振替で引き落としされたか確認する方法

ここでのポイント

  • 引き落とし口座を確認・記帳する
  • 楽天カードの公式サイト楽天会員専用サイトe-NAVIはタイムラグがある

楽天カードで引き落としされているかを確認するには、引き落とし日当日に、引き落とし口座に設定している口座をする方法が一番確実で早く確認できます。

また、楽天カードのインターネットサービス「楽天専用サイトe-NAVI」でも確認することが可能です。

ただし、e-NAVIへの反映は楽天カードの業務進行や引き落とし先の銀行口座の情報反映により数時間~数日のタイムラグが生じますので注意しましょう。

インターネットでの確認・反映時期

インターネットで楽天カードの口座振替の引き落としの確認をするには、設定している銀行口座によって反映までの時間が異なります。

設定口座 反映の目安
楽天銀行 当日~翌日
そのほかの銀行 翌営業日~4営業日後

楽天銀行は当日から翌営業日には反映されますが、そのほかの銀行口座は翌営業日~4営業日後と反映に差があります。

すぐ確認したい場合は、設定した銀行口座の残高確認、記帳が確実です。

引き落としに間に合わないとどうなるか

ここでのポイント

  • 引き落としに間に合わないと「遅延」扱いになる
  • 「遅延」になると「遅延損害金の発生」「カードの利用停止」などのペナルティが生じる

楽天カードの引き落としに間に合わないと「遅延」扱いになってしまいます。

「遅延」扱いになってしまうと「遅延損害金の発生」「カードの利用停止」などのペナルティが起こってしまいます。

「遅延」を放置するとカード会社の信用低下にもつながってしまいますので、引き落としがきちんと行われているか、引き落とし額が口座に入っているか確認しましょう。

関連記事
返済に遅れてしまった場合のペナルティの詳細や具体的な対処法については、こちらの記事で詳しくまとめましたのであわせてご覧下さい。
>>楽天カードの返済に遅れた場合の対処法

ゆとりを持って入金しておく

ここでのポイント

  • 延滞のリスクにそなえ、前もって多めに入金する
  • 引き落としの前日に残高を確認するようにする

日ごろからゆとりをもった金額を設定口座に入金しておくと、万一の延滞のリスクがなく安心です。

引き落とし金額をこまめに確認し、それより多目の金額を口座に入れておきましょう。

例えば5万円の引き落とし金額だとしたら5万5千円入れておくなどです。

他の引き落とし金額の確認も大切です。

他の引き落としと重複し、足りなくなって延滞になってしまったというケースが意外と多いです。

毎月引き落としの前日に口座の残高をチェックし、重複引き落としなどになっていないか、残高は十分足りているかを確認する癖をつけましょう。

この記事もチェック
クレジットカードによっては返済時に電話連絡しなくてもよいカードがあります。返済が遅れたときって電話しづらいですよね。

そう思っている方向けに電話連絡しなくても返済可能なクレジットカードを調べてみました。
▶▶クレジットカードで電話連絡しないでしっかり返済はできるのか?クレジットカードごとの支払い方法を徹底的に調べました。

口座振替後の利用可能額への反映にかかる時間はどれくらい?

ここでのポイント

  • 引き落とし先の銀行から引落結果の情報が入り次第の反映になる
  • 反映後でも利用額がいっぱいのときは新たな利用ができない

利用可能枠への反映は、引落結果が楽天カードに入り次第の反映されます。

反映の目安として、楽天銀行口座の場合は即日~翌営業日、その他の銀行口座の場合は2~4営業日後になります。

ただし、利用可能枠へ反映された後でも、新たな利用情報が入り限度額の枠がいっぱいになった場合はカードの利用ができないので注意してください。

まとめ

  • 楽天カードの引き落とされた金額を確認するにはネット上か記帳が有効。
  • 設定口座によって、ネット上への反映に日数がかかることも。
  • 設定口座の残高確認、記帳が一番早く確認できるのでおすすめです。
  • 口座振替後の利用可能額への反映にかかる日数は引き落とし先の銀行口座によって異なります。

引き落としがされないと「延滞」になってしまうので、早く確認したいですよね。

ネットでの確認だと楽天銀行の口座でも翌日の反映になってしまうことがあります。

引き落とし日に引き落とし口座の残高確認、記帳するのが一番確実で安心です。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-楽天カード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5