楽天カード

楽天カードの返済にかかる手数料について。

楽天カードを利用していると気になるのが返済にかかる手数料です。

返済回数に伴い上乗せされるので、注意しておく必要があります。

金利手数料がどのくらいかかるのか?金利手数料を安くするにはどうすればよいのか?

金利手数料に関して気になるポイントをまとめました。

楽天カードの返済にかかる手数料について

楽天カードのショッピングの返済方法は以下の方法があります。


・1回払い
・2回払い
・リボ払い
・分割払い
・ボーナス払い

支払い方法に応じて手数料が変わってきまってくるので、確認する必要があります。

1回払い、2回払いの手数料

1回払い・2回払いの支払い方法では、金利手数料は発生しません。

1回払いは締切日(毎月末日)の翌月27日が支払日、2回払いは締切日(毎月末日)の翌月27日と翌々月27日の2回に分けて支払います。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

3回以上で支払う場合の手数料

3回以上の支払い方法では、実質年率18.00%の金利手数料が発生します。

【キャッシング金利手数料の計算式】
金利手数料 = キャッシング借入残高 × 18.00% ÷ 365日× 経過日数

※経過日数の起算日(数え始める日)はキャッシング利用日の翌日からになります。

支払い日は、月末締めの翌月27日になります。
(土日・祝日だった時は翌営業日です)

ボーナス払いの場合の手数料

ボーナス1回払いは手数料無料、2回払いの場合は実質13.89%の金利手数料がかかります。

楽天カードの返済手数料を安くするポイント

楽天カードの利用には手数料がかかりますが、支払い回数や支払い額の設定をすることで、手数料を抑えることが可能です。

支払い回数を減らす

1回/2回/ボーナス払いを選択し、支払い回数を減らすと、その分金利手数料を抑えることができます。

リボ払いの支払い額を変更する

リボ払いの支払い額を変更することで、月の支払い額はあがりますが、支払い回数が減るために金利手数料を抑えることができ、支払い総額を減らすことができます。

楽天カードコンタクトセンターに電話し、設定の変更をしましょう。

楽天カードコンタクトセンター 0570-66-6910

※電話をした時期によっては、反映が翌々月からとなる場合があります。

まとめ

  • 楽天カードの返済には回数に応じて金利手数料が加算されます。
  • 支払い回数が多くなれば多くなるほど、金利手数料が加算され、支払い総額が大きくなります。
  • 手数料のかからない支払い方法や、短い支払い回数を選ぶのが金利手数料を抑えるコツです。

返済にかかる手数料は、1回1回は小額ですが、回数が重なると大きな金額になっていきます。

カードで買い物をするときは、購入した品物の金額だけでなく、支払い回数や、それに伴う金利手数料を考慮して賢く利用しましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-楽天カード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5