楽天カード

楽天カードを1ヶ月延滞するとどうなる?

楽天カードの返済する余裕が無くて1ヶ月放置した。

1ヶ月くらい延滞したからといって大したことないだろう。と思いがちの方が意外といるのですが。

延滞は絶対にやってはダメです。

この記事ではなぜ延滞をしてはいけないかと、延滞をする危険性についてまとめておきます。

※ちなみに延滞とは60日以上の返済遅れのことをいうので厳密には1ヶ月では延滞にならず、遅延になります。

遅延と延滞の違いについて

返済遅れにも分類があり「遅延」「延滞」に分けられます。

どちらも返済が遅れている意味ではありますが、金融業界では「遅延」と「延滞」と言葉を使い分けられています。

  • 【遅延】短期的な返済遅れ
  • 【延滞】返済日から61日以上または3ヶ月以上の返済遅れ

「遅延」の状態で既に問題が起こりますが、「延滞」状態になるとさらに厄介な問題が起こります。

また「遅延」を何度も繰り返してしまうと、返済が遅れが発生した場合、「遅延」からではなく、いきなり「延滞」扱いになることもあります。

ですので、返済遅れが起きないよう注意してください。

■延滞だと思っていたけど遅延だった■
もし、『延滞したかもー』と思ったけど、じつは数日の遅延だった場合の方はこちらの記事を確認ください。
▼楽天カードの返済に遅れた場合の対処法

遅延・延滞に気づいたらカード会社にすぐ連絡しましょう

ここでのポイント

  • カード会社の連絡を待たずに自分から連絡をする
  • カード会社の心象悪化も抑えられ、早く入金するとその分利息も少なくなる

遅延、延滞になっていたことに気づいたら、カード会社の連絡を待たずに自分から連絡をするようにしましょう。

連絡を自分からすることで、カード会社の心象悪化も抑えられ、早く入金するとその分利息も少なくなります。

放置して良い事は全くありません。

カード引き落とし日後に残高を確認するようにして、万一の遅延にすぐに対応できるようにするのが良いでしょう。

楽天カードを1ヶ月延滞(遅延)するとどうなるか

ここでのポイント

  • 「遅延」扱いになり、「遅延損害金」が加算される
  • 社内データにその事実が記録され、カードの利用停止や督促の通知が届く

1ヶ月の返済遅れの場合は、厳密には「遅延」となり、延滞ではありません。

楽天カードの場合も同様、返済が1ヶ月滞ると「遅延」扱いになるのですが、そうなると社内データにその事実が記録され、カードの利用停止や督促の通知が届きます。

支払い面では「遅延損害金」が加算され、支払わなければならない額が増えてしまいます。

遅延中は新たにキャッシングや新たな利用をすることができなくなりますが、支払いをすればこれまでのように利用することができます。

信用情報は回復できるのか

ここでのポイント

  • 1回目の遅延で1ヶ月以内であれば、ブラックリストに載ることは基本的にない
  • カード会社内で情報として残る程度
  • 何回も遅延を繰り返したりすると、カード会社によっては信用情報に傷がつく恐れがある

1回目の遅延で1ヶ月以内であれば、ブラックリストに載ることは基本的にはありません。

たまたま銀行口座にお金が残っていなかったというのはよくあるケースなので、1回遅れたくらいで信用情報に傷がつくことはありません。

カード会社内で情報として残る程度ですみます。

カード会社としても1回の遅延でブラックリストに入れると顧客が激減してしまうので、利益にはなりません。

1ヵ月程度の遅延は、きちんと対応すればほぼ問題のない範囲といえます。

しかし、何回も遅延を繰り返したりすると、カード会社によっては信用情報に傷がつく恐れがあります。

お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

遅延損害金の支払いの有無

ここでのポイント

  • 遅延や延滞になってしまうと、遅延損害金が発生する
  • 返済額×遅延損害金利率÷365日×延滞日数

遅延や延滞になってしまうと、遅延損害金が発生します。

支払う金額は利息制限法の範囲の中でカード会社の定めた年率によって計算されます。

【遅延損害金計算式】
返済額×遅延損害金利率÷365日×延滞日数

遅延・延滞をしなければ本来は支払う必要のないお金なので、遅延・延滞はリスクが大きいといえます。

まとめ

  • 楽天カードの場合、1ヶ月遅延すると社内にデータが記録されます。
  • 1ヶ月以内の1回の遅延は支払いがされれば、信用情報に傷がつくことはほとんどありません。
  • 何度も遅延を繰り返すと信用に傷がつくおそれがあります。

楽天カードは入会しやすく、普通に使っていれば問題はありませんが、遅延や延滞の対応にやや厳しいカードといわれています。

日ごろから入金日(前後に祝祭日がないかも確認)、口座残高をチェックし、早めに入金しておきましょう。

お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

今すぐお金が必要/あまり時間が無い人はこちら

三井住友銀行グループ
プロミス
当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
プロミス
4.5%~17.8%
500万
最短30分
最短1時間
多くの人に選ばれる3つの理由
  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

■管理人の体験談■

実際に管理人は、 他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

-楽天カード

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5