基礎知識 クレジットカード

クレジットカードの返済を延滞すると生じる問題と回避する対策

返済遅れが長期にわたると「延滞」扱いになります。

遅延よりも重大なペナルティが課せられ、最悪の場合は強制解約措置がとられます。

では、何日以上の返済遅れで延滞扱いになるのか?

延滞するとどのような問題が生じるのか?

詳細をチェックしていきましょう。

延滞扱いになるのは何日以上の返済遅れから?

金融業界において「延滞扱い」になるのは、61日以上または3ヶ月以上にわたる遅れとされています。

じゃあ、これより短い期間だったら遅れても大丈夫!というわけではありません。

2〜3日程度の返済遅れを何度も繰り返した場合でも「延滞扱い」になることがあります。

ですから、ちょっとくらいなら遅れても大丈夫だろうと、安易に考えるのは絶対にダメです。

もし返済に遅れそうな場合は、今すぐ「クレジットカード会社のコールセンター」に電話をして、相談・報告をしましょう。

※連絡先はお使いのクレジットカード裏面に記載してあります。

クレジットカードの返済を延滞すると生じる問題

もし、クレジットカードの返済を延滞するとどのような問題が生じるのか?

主に生じる問題が下記の通りです。(下にいくほど重大な問題)

  • 遅延損害金
  • カード利用停止
  • 催促
  • 限度額引き下げ
  • 信用情報機関への記録
  • 強制解約
  • 催促状

次に、各問題の詳細をチェックしていきます。

お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

遅延損害金

1日でも返済に遅れると「遅延損害金」が発生します。

いわゆる延滞金であり、遅延日数が長引くほど、遅延損害金の額も膨らみます。

※遅延損害金の計算式が下記の通り。

  • 利用残高×遅延損害金利率÷365日(366日)×返済日からの経過日数

※遅延損害金利率はクレジットカード会社によって異なります。

例えば、利用残高が10万円。遅延損害金利率が14.6%、遅延日数が70日だとすると...

  • 10万円×14.6%÷365日×70日=2,800円

それほど大きな金額ではありませんが、金額以上に「信用度」を失ってしまいます。

カード利用停止

遅延損害金と同じく、返済に遅れた時点でクレジットカードの利用が停止されます。

そのため、ショッピング・キャッシングサービスのいずれも利用できなくなります。

停止を解除するためには、滞納分と遅延損害金を支払う必要があります。

催促

事前に連絡をして「この日までに支払います」と伝えていれば大丈夫です。

が、期日になっても支払いがない場合は、催促が届くようになります。

最初はスマホ(携帯)に催促が届きます。

催促に対応しないでると、勤務先や自宅に催促が届き始めます。

クレジットカードの会社名は名乗られず、担当者の個人名で電話が来るので、すぐにバレる可能性は低いですが...

他の職員や家族に迷惑が及ぶ可能性があります。

限度額引き下げ

支払いを延滞する=返済能力が低いとみなされます。

その結果、利用限度額の引き下げ措置が取られます。

限度額が一度引き下げられると、元の限度額に戻すことが非常に難しくなります。

信用情報機関への記録

信用情報機関とは、全国の金融機関やクレジットカード会社が加入している組織です。

ここには、利用者の個人情報や実績が記録されています。

延滞した場合、その実績も記録されます。

そして、延滞したという記録は、加入している機関同士で照会・共有されます。

そのため、他のクレジットカードの利用にも悪影響が生じる可能性があります。

また、新しく作る場合でも、審査の時にマイナス評価になるため、通過しにくくなります。

強制解約

返済能力がない、返済の意志がないとみなされると、クレジットカードの強制解約措置がとられます。

強制解約されても、これまでの滞納分は残ったままです。

また、滞納分を完済しても再契約されることはありません。

催促状

催促状とは「最後通告」のようなものです。

この日までに支払って下さいという期日が記載してあります。

もし、期日までに支払わない場合は、滞納分の一括請求が届きます。

クレジットカードの延滞を回避するための対策

上記の問題を見ると分かるように、延滞すると重大なペナルティが課せられます。

限度額の引き下げ、信用情報機関への記録。最悪の場合、強制解約措置が取られます。

ですから、絶対に延滞はすべきではありません。

もし、私自身がこのような状況に陥ったら「延滞する前に新規カードローンで借入をして返済に充てる」という対策をとります。

下記のページで、実体験を元にした対策を紹介しているので、参考にしてみてください。

▶▶クレジットカード返済の延滞は絶対ダメ!経験者が語る回避するための施策

まとめ

延滞とは「61日以上または3ヶ月以上にわたる返済遅れ」のことを指します。

ただし、2〜3日の返済遅れを繰り返した場合も、延滞扱いになることがあります。

また、延滞すると主に下記の問題が生じます。(下にいくほど重大な問題)

  • 遅延損害金
  • カード利用停止
  • 催促
  • 限度額引き下げ
  • 信用情報機関への記録
  • 強制解約
  • 催促状
お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

今すぐお金が必要/あまり時間が無い人はこちら

三井住友銀行グループ
プロミス
当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
プロミス
4.5%~17.8%
500万
最短30分
最短1時間
多くの人に選ばれる3つの理由
  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

■管理人の体験談■

実際に管理人は、 他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

-基礎知識, クレジットカード

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5