基礎知識 クレジットカード

クレジットカードの引き落とし時間はいつ?当日入金でも間に合う?

クレカの引き落とし時間や、当日入金についての情報をまとめたページです。

引き落とし日は分かるけど、引き落とし時間って何時なんだろう?

前日までに入金するのを忘れていた...当日入金でも間に合うのかな?

それぞれの詳細をチェックしていきましょう。

クレジットカードの引き落とし時間はいつ?

ここでのポイント

  • 登録している銀行口座によって、引き落とし処理が行われる時間が異なる
  • 正確な引き落とし時間に関しては、銀行に直接確認することがおすすめ

クレジットカードの引き落とし時間についてですが、正確な時間を断言することができません。

というのも、登録している銀行口座によって、引き落とし処理が行われる時間が異なるからです。

また、同じ銀行でも、本店・支店によって時間が異なることがあります。

ですから、正確な引き落とし時間に関しては、銀行に直接ご確認ください。

各金融機関の引き落とし時間についてもっと詳しく知りたい方はこちらでより詳しくまとめておりますのでご確認ください。

▶▶クレジットカードの引き落とし時間はいつなのか?主要銀行を徹底的に調査してみました
都市銀行、ネット銀行、主な地方銀行、ゆうちょ銀行の各引き落とし時間をまとめてみました。

クレジットカードの引き落としが行われるタイミングについて

引き落とし時間に関しては断言できませんが、処理が行われるタイミング・パターンは、大まかに下記のようになっています。

  • 引き落とし日の0時ちょうど
  • 引き落とし日の決まった時間に一度だけ
  • 引き落とし日の間に何度か

では、それぞれの詳細を確認していきます。

引き落とし日の0時ちょうど

0時になったと同時に引き落とし処理が行われます。

金融機関によりけりですが、0時以降の処理は行わない可能性もあります。

ですから、当日入金になってしまう場合は、入金前に必ず電話をしてご確認ください。

引き落とし日の決まった時間に一度だけ

25日の午前9時に一度だけ引き落とし処理を行う、というようなパターンです。

※引き落とし時間は金融機関によって異なるので、ご注意ください。

この場合、9時よりも前に入金を済ませれば、当日入金でも間に合います。

ただし、100%確実に間に合うとは限りません。

もし当日入金になった場合は、入金前に必ず金融機関に電話をして、確認をしてください。

引き落とし日の間に何度か

25日の午前9時と午後5時に処理を行う、というようなパターンです。

※引き落とし時間は金融機関によって異なるので、ご注意ください。

この場合、2回目(最後)の処理前に入金を済ませれば、当日入金でも間に合います。

じゃあ大丈夫...と油断するのは禁物です。

毎回毎回、1回目の引き落としに間に合っていない〜となると、信用が低下する恐れがあるからです。

なので、できるだけ引き落としの前日〜前々日までには、入金を済ませておきたいところです。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

クレジットカードの引き落としは当日入金でも間に合う?

ここでのポイント

  • 登録している銀行口座の引き落とし時間によって間に合う・間に合わないが分かれる
  • 前日から前々日までに入金を済ませ、遅延しないようする

上述しているように、引き落とし時間によって間に合う・間に合わないが分かれます。

決まった時間に一度だけ、何度か処理が行われる場合。

処理前に入金を済ませれば、当日入金でも間に合います。

が、0時ちょうどの場合は、当日入金だと間に合いません。

当日入金に間に合わず、引き落とし処理が正常に行われないと「遅延扱い」になります。

ですから、前日〜前々日までに入金を済ませ、遅延しないよう注意しましょう。

※もし当日入金になった場合は、入金前に必ず金融機関に電話をして確認をしてください。

クレジットカードの引き落としに間に合わなかったらどうなる?

引き落としに間に合わなかった場合は「遅延扱い」になります。

遅延すると、主に下記3つの問題が生じます。

  • 遅延損害金
  • 利用停止
  • 信用低下

また、遅延を何度も繰り返す・長期に渡って滞納すると「延滞扱い」になります。

延滞は遅延よりも重いペナルティが課せられ、最悪の場合強制解約措置がとられます。

ここからは、遅延した時に生じる問題の詳細を見ていきます。

引き落としに間に合わなかったら場合についてこちらで詳しく解説しております。
クレジットカードの引き落とし日に残高不足だとどうなる?

 

遅延損害金

いわゆる「延滞金」で、引き落とし額とは別で発生するものです。

なので、遅延した場合は「引き落とし額+遅延損害金」を支払うことになります。

また、遅延損害金の額は下記の式で算出されます。

  • 借入残高×遅延損害金利率÷365日(366日)×返済日からの経過日数

利用停止

遅延した時点で、クレジットカードの全機能の利用が停止されます。

なので、ショッピングだけでなくキャッシングサービスも利用できなくなります。

「急にクレカが使えなくなった...」という場合、遅延により利用が停止されている可能性があります。

この場合、クレジットカード会社に電話をして、現在の返済状況をご確認ください。

※カード裏面に連絡先が記載してあります。

信用低下

遅延損害金や利用停止のように、目に見える問題ではありません。

が、一度でも遅延すると、後々の利用・取引に悪影響を及ぼします。

特に痛感するのが「増枠・増額審査」の時です。

遅延はマイナス要因として評価されるので、審査の時に不利になってしまいます。

まとめ

  • 引き落とし時間は金融機関によって異なる
  • 正確な時間は金融機関に直接確認
  • 当日入金は間に合う・間に合わないが分かれる
  • 当日入金前に必ず金融機関に確認する
  • 前日〜前々日までに入金することが好ましい

うっかり忘れは誰しもありますが、入金を忘れていた!となるのはNGです。

引き落とし日は必ずチェックしておき、前日〜前々日までに入金をすませましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-基礎知識, クレジットカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5