基礎知識 クレジットカード

クレジットカードのキャッシング|金利の計算方法と安くするコツ

クレカのキャッシングサービスを利用した時の、金利の計算方法や安く抑えるコツをまとめたページです。

キャッシングを利用すると、いくらの金利が発生するのか?

また、金利を安くするにはどうすればいいのか?

それぞれの詳細をチェックしていきましょう。

クレジットカードのキャッシング利用時の金利について

クレジットカードのキャッシングサービスを利用すると、所定の金利が発生します。

金利の計算方法は下記の通りです。

  • 金利=借入額×実質年率÷365日×支払期日までの日数

※支払期日までの日数=借入日数

ここからは、代表的なクレジットカードの金利や実質年率を確認していきます。

見ていくカードは、

  • 三井住友VISAカード
  • JCBカード
  • 楽天カード

この3種類です。

三井住友VISAカードの金利と実質年率

三井住友VISAカードの実質年率は「18.00%」です。

例えば、三井住友VISAカードのキャッシングで5万円借りて、支払期日までの日数が31日だとします。

この場合の金利は下記の通り。

  • 50,000円×18.00%÷365日×31日=約764円

なので、返済総額は「30,764円」になります。

JCBカードの金利と実質年率

JCBカードの実質年率は「15.00%〜18.00%」です。

利用者によって実質年率が異なるので、注意が必要です。

例えば、実質年率15.00%で5万円借りて、支払期日までの日数が31日だとします。

この場合の金利は下記の通り。

  • 50,000円×15.00%÷365日×31日=約636円

なので、返済総額は「50,636円」になります。

楽天カードの金利と実質年率

楽天カードの実質年率は「18.00%」です。

例えば、5万円借りて、支払期日までの日数が31日だとします。

この場合の金利は下記の通り。

  • 50,000円×18.00%÷365日×31日=約764円

なので、返済総額は「30,764円」になります。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

キャッシングを利用したその日に返済した場合でも金利は発生するの?

クレジットカードのキャッシングサービスを利用したけど、その日のうちに全額返済した。

この場合(即日返済した場合)は、金利が発生しません。

ただし、金融機関の営業時間の関係によっては、返済が翌日扱いになることもあります。

キャッシングを利用した翌日に返済した場合でも金利は発生するの?

翌日返済の場合は、所定の金利が発生します。

例えば、実質年率18.00%で1万円借入れ、翌日返済したとします。

この場合の金利が下記の通り。

  • 10,000円×18.00%÷365日×1日=約5円

クレジットカードのキャッシング利用時の金利を安く抑えるコツ

クレジットカードでキャッシングサービスを利用した時、金利を安く抑えるコツは「短期間で完済すること」です。

例えば、クレジットカードのキャッシングで10万円借りたとします。(実質年率18.00%)

1ヶ月・3ヶ月・5ヶ月で完済した時の金利が次の通り。

  • 100,000円×18.00%÷365日×31日=約1,528円
  • 100,000円×18.00%÷365日×93日=約4,586円
  • 100,000円×18.00%÷365日×155日=7,640円

このように、借入日数が長くなると、それに伴い金利も高くなってしまいます。

ですから、金利を安く抑えるには「短期間で完済すること」がコツになります。

クレジットカードのキャッシング利用後、返済に遅れたらどうなる?

キャッシング利用分の返済は、自動引き落としで行われることが多いです。

引き落とし前日〜前々日までに入金しておけば、返済に遅れることはありません。

が、うっかり入金を忘れると、正常に引き落としが行われません。

その結果「遅延扱い」になってしまいます。

そして、遅延扱いになると、遅延損害金/カード利用停止/信用度低下などの問題が生じます。

また、何度も遅延を繰り返す・遅延が長期に渡ると、限度額が引き下げられる恐れがあります。

ですから、絶対に返済に遅れてはいけません。

もし入金を忘れた・返済に遅れそうな場合は、すぐにクレジットカード会社に電話をしましょう。

※カード裏面に連絡先が記載してあります。

まとめ

  • 金利=借入額×実質年率÷365日×支払期日までの日数
  • 実質年率は15.00%〜18.00%のカードが多い
  • 金利を安くするコツは「短期間で完済すること」

ショッピングだけでなく、キャッシングサービスも利用できるクレジットカード。

とても便利ですが、利用した後は「期日までに返済すること」を心がけましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-基礎知識, クレジットカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5