お金にまつわる よくある話

自動車の車検の更新を忘れていた/車検切れ 違反や罰則・対処法はどうすべきか。

「車検の更新を忘れていた・・・」

車の所有者なら一度はそんな経験があるのではないでしょうか。

車検切れの車に乗ってはいけないのはわかりますが、違反や罰則がどのようになっているのはあまり知られていません。

この記事では、車検が切れた場合に注意する事と対処法をまとめています。

車検の更新を忘れたまま車に乗った時の罰則

車検の更新を忘れたまま車に乗ると重い罰則が課されます。

車検が切れている時は自賠責保険も切れているケースも多いので車検切れ、自賠責保険切れ2つの罰則が合わさるのでさらに罰則が重くなります。

車検切れ・自賠責保険切れ・または両方とも切れている、ケース別の罰則は以下の通りです。

車検切れで公道を走った場合の罰則
・違反点数6点
・30日間の免許停止
・6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
自賠責保険が切れている車で公道を走った場合の罰則
・違反点数6点
・1年以下の懲役または50万円以下の罰金
車検・自賠責保険が両方切れている車で公道を走った場合
・違反点数12点
・90日間の免許停止
・1年6ヶ月以内の懲役または80万円以下の罰金

車検と自賠責保険は期間を合わせる事が一般的です。

つまり、車検が切れている車は自賠責保険が切れている可能性も高いです。

これが車検切れの一番の弊害と言えるでしょう。

この記事を読んでいる時点でまず違反する事はないかと思いますが、今後の参考になればと思い説明させて頂きました。

車検切れの車に乗らない時の罰則

"車検の更新をしなかった"
それだけであれば罰則は何もありません。
しかし、車検の更新をしていない車で公道を走ると違反です。
罰則もあるので注意しましょう。

今すぐ車検を更新するには

車検切れの車を乗るとデメリットだらけなので、今すぐ車検を更新したいところ。

今日頼んで今日終わる。というのが理想ですが、現実的には難しいです。

どうしても車を使う用事があって今日乗れる車検をやってくれる業者の探し方について紹介します。

①当日の即日車検に対応してくれる業者を探す。
②ユーザー車検を利用する。

①即日車検が可能で予約が空いている業者を探す

即日車検が可能な業者で、当日の予約が空いている業者を探しましょう。

自分の地域にある業者やディーラーに連絡し「今日中に車検が出来るか?」を確認します。

もしかしたら対応してくれる業者があるかもしれません。

予約の状況や出勤している整備士の数、業者の方針によって対応が変わってくると思いますので、こればかりは直接連絡して聞くしか方法がありません。

連絡と確認手段は電話で。アナログですがこれが一番です。

まずは近くにある大手の業者に連絡をすると良いですね。

ホリデー車検、オートバックス、イエローハット等を中心に確認してみましょう。

それでもダメだったら地域密着型の業者を探してみましょう。

「地域名+車検」で検索をすれば業者を探せます。

当日に車検をやってくれる業者を見つけるのは大変ですが、根気よく連絡すると見つかると思います。

②ユーザー車検を利用する

ユーザー車検を利用すれば当日に車検を通す事も可能です。

一般的にユーザー車検は予約をして受けるものと思われています。

しかし実は、予約をしなくてもユーザー車検は受けられます。

ユーザー車検を試みる場合には、まずは市役所等の役場に行って仮ナンバーを取得しましょう。

仮ナンバーを貰えば車検切れの車でも運転が出来ます。

仮ナンバーの取得には、車検証・自賠責保険証明書・本人確認書類が必要です。

自賠責保険が切れている場合は更新をする必要があるので注意しましょう。

また事前に自分で車の整備が必要です。

車の知識がある方ならば選択肢の一つとしてはアリかもしれませんね。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

共通して言えること

車検を通すに"車体に故障や不備がない事"が絶対条件です。

その為、パーツの交換や整備等が必要な場合、即日での車検は難しいです。

車の部品を整備したり、取り寄せたりする時間がかかります。

出来るだけ車検を早く終わらせるには

出来るだけ車検を早く終わらせたい場合は、大手の車検業者を中心に予約を確認しお願いするのが一番早く確実です。

予約さえしておけば即日で車検が終わる業者は沢山あります。

即日車検で有名な業者
ホリデー車検
コバック
アップル車検
など

上記の業者が近くに無い場合は、オートバックスやイエローハットなどもオススメです。

レッカー車等の手配もあるので、予約する際には車検が切れている事も伝えておくか、事前に仮ナンバーを取得しておきましょう。

仮ナンバーには有効期限があるので注意しましょう。

よくある質問と回答
・たのんでどのくらいかかるの?
業者と状況によって変わります。
業者によっては最短で1時間と言う場合もあります・代車はだしてくれるのか?
代車が空いていれば出してくれます。・代車はお金かかるか?
代車を借りるのにお金はかかりません。・こちらが運転できないから引き取ってくれるのか
レッカー車等で引取りに来てくれます。・うちの近所にそういう業者いるのか?
→「地域名 + 車検」で検索をしてみましょう。

・車検の料金はいくらか?
→車検にかかる相場は4-17万円位です。
10万円前後は覚悟しておく方が良いですね。

車は乗っちゃダメ? 車はすぐ使いたい なにかいい方法無い?

前述したとおり、車検が切れた車で公道を走ってはいけません。

どうしても車が使いたい場合は、以下の方法があります。

  • 業者からの代車に乗る
  • 仮ナンバーを発行してもらう
  • レンタカーを借りる

業者からの代車に乗る

一番無難なのは、車検をお願いした業者から代車を借りること。

車検をお願いした業者ならだいたいのところで代車を借りることが可能です。

知り合いの車を借りる。という手もありますが、保険等の問題があるので、第二候補としましょう。

仮ナンバーを発行してもらう

市役所から仮ナンバーを発行して貰えば、車検切れの車でも公道を走ることが出来ます。

ただし市役所まで行く手間や、手続き等もありますし、仮ナンバーには有効期限もあります。

それを考えると、素直に業者から代車を借りる方が楽ですね。

業者から代車が借りられない場合に検討しましょう。

レンタカーを借りる

業者が代車を用意できない場合や仮ナンバーを発行するのが面倒くさい、車を借りられる知人がいない場合レンタカーを借りると言う方法もあります。

有料になってしまいますが、車検が切れた車に乗って罰則をうけるよりは良いと思います。

車検の更新を放置してたままだとどうなる?

車検の更新を放置したままでも、車検が切れた車を運転しなければ問題ありません。

駐車場や自分の土地に放置しておくだけなら、特に違反でも無く罰則もありません。

また「車検切れ何ヶ月以内に次の車検を通さなくてはならない」と言う決まりもありません。

いますぐ車検代が用意できない どうすれば

今すぐ車検代が用意出来ない場合、以下2つの選択肢があります

①分割払いで車検をお願いする
②カードローンで一時的に借りる

①分割払いで車検をお願いする

ほとんどの業者やディーラーは分割払いに対応しています。

分割払いはクレジットカードでの決済もしくは各業者・ディーラー独自のローンを利用します。

ただし分割払いに対応してくれる範囲が業者やディーラーによって違います。

分割払いに対応してくれる料金の範囲は一般的に以下の通りです。

ディーラー(トヨタ・ホンダ・ニッサン等)
→車検費用をすべて分割払いが出来る。
業者(オートバックス・イエローハット等)
→点検費用分だけ。法定費用は現金払い。

ただし一部の業者では例外もあります。

ホリデー車検は車検費用すべて分割払いが可能です。

念のため、車検を受ける前に業者・ディーラーに確認しましょう。

車検の分割については以下記事でも説明しています。
>>車検を分割で行う方法。

分割払いのデメリット

分割払いは便利です。

しかし、実は以下のようなデメリットもあります。

  • クレジットカードの利用限度額を圧迫する
  • 車検ローンを利用する場合には事前に審査が必要
  • 車検ローンを利用出来る業者が少ない

クレジットカードで分割をお願いした場合、カードの利用限度額を圧迫する原因になります。

車検費用をある程度払い終わるまで日常の買い物やショッピングに制限が出ます。

毎月カードで10万円の支払いをしていた人などは、支払いサイクルが崩れる可能性があります。

また業者やディーラーが用意している車検ローンを利用するには、車検を受ける前に事前に審査が必要です

審査には身分証明書・印鑑・収入証明書なども必要な場合があり若干手間がかかります。

車検ローンの利用を考えている場合、審査が通らないと車検をお願いできないのでスピード感に欠けます。

何よりそもそも審査に通らない可能性もあり、もし審査に通らなかった事を考えると躊躇してしまう人もいるかもしれませんね。

②カードローンを利用する

またカードローンを利用してお金を用意する方法もあります。

「いつもお願いしている業者さんに車検をお願いしたい」

「だけど分割払いには対応していない」

そんな時に選択肢の1つとしてあがりますね。

カードローンを利用すれば、車検をお願いする業者・ディーラーには現金一括の支払いが可能です。

車検ローンとは違い、必要な書類も少なく審査も最短30分で終わる等スピード感があります。

またクレジットカードの利用限度額を残しておけるのもメリットです。

カードローンであれば、利用用途を限定されないのもポイントです。

一つ契約しておけば、車検が終わった後もいざと言う時に利用出来て便利です。

カードローンのデメリット
  • 一部の車検ローンに比べて利息が高い可能性がある

カードローンの金利は大体5 ~ 18% 程度です。
一部の車検ローンはこれよりも安い金利で利用できます。
例で言えばコバックは利息7.9%の車検ローンが存在します。

そういう業者・ローンはごく一部の存在ですが、念のため知っておきましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

車検代はどのくらいかかる?

車検費用の相場は4~17万円程度です。

安い業者を中心に探せば相場は5~10万円程度で落ち着きます。

軽自動車であれば、5万円前後。

小型乗用車~中型乗用車であれば、6万円前後。

大型乗用車であれば7万円前後と言った所ではないしょうか。

一般的にはディーラーよりも業者の方が車検費用が安い傾向にあります。

車検代の内訳ってどうなってるの?

一般的に言う車検代とは、車検基本料に法定費用を合わせたモノです。

車検基本料
→各業者・ディーラーが定める車検に必要な点検や整備にかかる料金です。
法定費用
→重量税・自賠責保険料・印紙代を合計した法的に必要な費用です。

従って車検費用は、法定費用+各業者が設定している料金で決定されます。

法定費用は以下の通りです。

車両重量税
自賠責保険料
印紙代

以上を合計した金額が法定費用になります。

法定費用はどこで車検をお願いしても金額は変わりません。

法定費用は大体3~7万円程度です。

車検の相場はこれに車検基本料を足したモノになります。

車検基本料は業者・ディーラーによってかなりバラツキがあります。

相場は大体1~10万円です。

従って、車検費用の相場は4~17万円程度となります。

安い業者を探すと言う前提であれば5-10万円程度に落ち着くのでは無いでしょうか。

ちなみにユーザー車検を利用すれば、車検基本料はかかりません。

しかし、車の知識がある方で無いと難しいでしょう。

また車の整備やパーツ交換が別途必要な場合も車検費用は高くなります。

まとめ

車検の更新を忘れた場合、

  • 車検切れの車には絶対に乗らない。
  • 車検の支払いは分割も可能。
  • 車検の費用は5-10万円程度を想定。

車の車検が切れている事に気づいた時点で、車には絶対に乗らないこと。

車検切れの車を運転した場合、一発で免許停止なので注意しましょう。

出来るだけ早く車検を通したい場合は、住んでいる地域の範囲で早く車検を終えてくれる業者を探し予約を入れましょう。

「地域名 車検 即日」と検索すれば車検業者を探せます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-お金にまつわる よくある話

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5