基礎知識 クレジットカード

クレジットカードでキャッシングを利用する方法

クレジットカードのキャッシングサービスを利用する方法を詳しくまとめたページです。

買い物だけでなく、お金が足りない時にも役立ってくれるクレジットカード。

キャッシングの利用方法や、利用時の注意点などを確認していきましょう。

クレジットカードでキャッシングを利用する方法

クレジットカードでキャッシングを利用するためには、別途で申込みが必要です。

「キャッシングが利用できない...」という場合は、申込みが完了しているか?ご確認ください。

※キャッシングの申込みは、クレジットカード会社に電話をすればOKです。

次に、キャッシングを利用する方法を確認していきます。

基本的には下記の手順でキャッシングを利用することができます。

  • 提携ATMにカードを挿入する
  • 「引き出し」をタッチ
  • 暗証番号入力
  • 「キャッシング」をタッチ
  • 借入れ金額を入力
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

提携ATMにカードを挿入する

全国のコンビニATMや銀行ATMから、キャッシングを利用できます。

ただし、クレジットカードによって提携ATMが異なるので、利用前にご確認ください。

「引き出し」をタッチ

クレジットカードやATMによって表示メニューが異なります。
(クレジットカード、ご出金、その他など)

暗証番号入力

契約時に設定した「4桁の暗証番号」を入力します。

暗証番号を忘れてしまった場合は、クレジットカード会社に電話をして確認しましょう。

「キャッシング」をタッチ

クレジットカードやATMによって表示が異なります。表示例が次の通り。

  • キャッシング1回払い
  • キャッシング一括払い
  • キャッシングリボ払い
  • カードローン

※1回・一括払い→借入額+利息を一括で返済する

※リボ払い・カードローン→借入額+利息をリボ払いで返済する

借入れ金額を入力

希望の借入額を入力すれば操作は完了です。

利用した後の返済方法は?

クレジットカードのキャッシングを利用した後は、2つの方法で返済することができます。

  • 自動引き落とし
  • 振込

それぞれの詳細が次の通りです。

自動引き落とし

所定の日になると、登録口座から自動で引き落としが行われ返済されます。

引き落とし日はクレジットカード会社によって異なります。

振込

振込での返済は「任意返済」とも表記されています。

1日でも早く返済することで、手数料(利息)を安く抑えることができます。

振込での返済方法は、キャッシング利用時とほぼ同じです。

クレジットカードを挿入し「預け入れ」メニューをタッチすれば返済が行えます。

クレジットカードのキャッシングを利用する時の注意点

クレジットカードのキャッシングを利用した後は「絶対に返済に遅れないこと」を心がけましょう。

例えば、引き落としが行われる時に、口座残高が不足していたとします。

この場合、正常に引き落としが行われず「遅延扱い」になります。

その結果、遅延損害金やカード利用停止、信用度低下などの問題を引き起こします。

※遅延を繰り返すと、限度額の引き下げや信用情報機関への記録といった問題に発展します。

こうならないために、絶対に返済に遅れないことを心がけましょう。

まとめ

  • キャッシング利用は別途申込みが必要
  • 全国の提携ATMから利用できる
  • 返済は自動引き落としもしくは振込で

キャッシュカードを使ってお金を引き出す感覚で利用できる「クレジットカードのキャッシング」

自分のお金を使っている、と勘違いしがちですが...

実際のところは「クレジットカード会社から一時的にお金を借りている状態」です。

ですから、絶対に期日に遅れずに返済をしましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-基礎知識, クレジットカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5