横浜銀行

横浜銀行カードローン|限度額の増額案内が届いたらどうすればいい?

横浜銀行(はまぎんカードローン)を利用していると届く増額案内について、情報をまとめました。

何の前ぶれもなく届く増額案内ですが、なぜ案内が届くのか?

また、絶対に増額を申込まなきゃいけないのか?

案内が届く理由や対応について、詳しく見ていきましょう。


横浜銀行カードローン|増額案内が届く理由について


横浜銀行からカードローンの増額案内が届く理由は、主に2つあります。

1.優良な利用者だと判断されたから(詳細はここをタップ)

長期間・定期的に利用し、滞りなく返済を続けることで、実績と信用が構築されていきます。

ある程度の基準に達すると「優良な利用者」と判断されます。

その証明のような形で増額案内が届くことがあります。

2.今後も継続して利用して欲しいから(詳細はここをタップ)

横浜銀行側としては、利用者に末永く利用してもらいたい、という気持ちがあります。

だからといって、利用者全員に増額案内を送るわけではありません。

「問題なく利用してくれるだろう」と信用できる利用者をピックアップし、案内を出しています。

増額案内が届く条件について

横浜銀行カードローンを利用しているからといって、必ず増額案内が届くわけではありません。

案内が届くための条件は、主に2つあります。

実績と信用がある(詳細はここをタップ)

長期間利用することによって、実績と信用が構築されていきます。

目に見える要素ではないので、明確な利用期間・額を断言することはできませんが...

実績と信用が一定の基準に達すると、優良な利用者と判断されます。

そして、増額案内が届くようになります。
(いつ届くかは不確定です)

収入に余裕がある(詳細はここをタップ)

実績と信用があっても、増額できるだけの余裕がないと案内が届きません。

限度額を増額する=今以上の返済能力が求められるからです。

また、収入面でプラス評価になるのは「同じ勤務先に長く勤めていること」です。

勤続年数が長くなるほど、継続して安定収入があると判断されるからですね。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

案内が届いたら絶対に増額しなきゃいけないの?

横浜銀行から増額の案内が届いても、申込みは「任意」です。

なので、必ずしも申込む必要はありません。

今の限度額で満足しているなら見送ってもOK。

もう少し限度額に余裕が欲しいと思ったら、この機会に申込みましょう。

案内が届く=必ず増額できるの?

増額案内が届いたからといって、100%増額できるとは限りません。

というのも、申込み後には必ず「審査」が行われるからです。

この審査に通過しないと、限度額を増額することができません。

また、審査では主に下記の項目がチェックされます。

  • 利用実績
    (利用期間・利用額など)
  • 返済実績
    (遅延なく返済しているか)
  • 希望額
    (収入に見合った額か)
  • 収入・勤続年数
    (増額できるだけの余裕があるか)
  • 他社の利用状況
    (借入件数・額など)

審査を行い「問題なし」と判断されると、増額が反映されます。

案内以外で増額を申込む方法

案内を見送っても、下記の方法で増額を申込むことができます。

  • 電話
  • 郵送
  • FAX

インターネットからの申込みには対応していません。

また、最も簡単な方法は「電話」です。

郵送やFAXの場合、必要書類を準備して記入する手間がありますからね。

電話での申込先が下記の通りです。

【横浜銀行カードローン受付センター】
0120-458-014
平日9時〜20時/土日祝日9時〜17時
(12/31〜1/3を除く)

土日祝日も受付けているのはありがたいですね。

電話をして「カードローンの増額をしたいのですが」と伝えると、担当者から案内があります。

それに従い申込みを済ませましょう。

まとめ

横浜銀行から増額案内が届く理由は、主に下記の2つです。

  • 優良な利用者と判断されたから
  • 今後も継続して利用して欲しいから

ただし、案内が届いたからといって絶対に増額できるわけではありません。

審査に通過しないと増額できないので、ご注意ください。

-横浜銀行

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5