アコムの限度額別の金利と50万円/100万円以上を借りたい時の条件や必要書類

アコムは限度額によって金利が上下します。

最小で3.0%〜最大で18.0%。

限度額が高くなると、それに伴い金利も低くなっていきます。

また、限度額を50万円〜100万円以上に増額したい!という時は、審査にさえ通過できれば増額してもらえます。

ただし、誰でも簡単に通過できるわけではありません。

限度額別の金利とあわせて、50万円〜100万円以上の増額を成功させるコツなどを見ていきましょう。

アコムの金利を限度額別に確認

アコムの金利は下記の表の通りです。

極度額 金利
1〜99万円 7.7%〜18.0%
100〜300万円 7.7%〜15.0%
301〜500万円 4.7%〜7.7%
501〜800万円 3.0%〜4.7%

例えば、現在の限度額が30万円だとします。

金利18%で10万円、30日間借りた場合の利息は、10万円×18%÷365日×30日=1,479円となります。

※利息の計算方法が下記の通り。

  • 借入額×金利÷365日(366日)×借入れ日数

利息を少しでもおさえたい!という方は、なるべく短期間で返済することを意識しましょう。

アコムで50万円以上借りたい!借りるにはどうすればいい?

アコムの限度額を50万円以上にすることはできます。

でも、簡単にできるわけではありません。

増額審査に申込み、それを通過しないと50万円以上かりることはできません。

では、どうすれば増額審査に通過して、50万円以上かりられるのか?

必要なこと・ものが次の通りです。

1.利用実績

アコムを継続して・定期的に利用して実績をつくっていないと、増額することは難しいです。

というのも、増額審査では利用実績がチェックされるからです。

基準となる利用期間や利用額がさだめられていないので、実績を満たしているかがわかりにくいですが…

最低でも半年〜1年以上の利用期間が欲しいところです。

2.遅延していない

利用することはもちろんですが、過去に遅延していないか?ということも、増額審査ではチェックされます。

遅延=返済期日を守らなかった、約束を破ったと判断されます。

その結果、信用度が低下しますし、実績的にもマイナスになります。

3.総量規制にふれない

アコムなどの消費者金融は「総量規制」の対象です。

なので、年収の1/3を超える額を借りることができません。

アコムだけでなく、他社のカードローンを利用している方は注意が必要。

アコムの借入額+他社の借入額」が総量規制にふれると、それ以上増額して借りることができないからです。

4.安定した収入がある

限度額を増額する=返済時の負担も増えます。

なので、収入にある程度の余裕がないと増額することが難しくなります。

ここでポイントになるのが「安定した収入」です。

高給取りでなくても、継続して安定した収入があればプラス評価になります。

同じ勤務先に長くつとめている方が有利ともいえますね。

5.収入証明書を提出する

アコムでは、限度額が50万円を超える場合「収入証明書」の提出が必要になります。

また、アコムの限度額+他社の借入れの合計額が100万円を超える場合も、収入証明書が必要です。

提出する収入証明書は、下記いずれか1点でOKです。

  • 源泉徴収票
    (最新年度のもの)
  • 給与明細書
    (直近1ヵ月分)
  • 市民税・県民前決定通知書
    (最新年度のもの)
  • 所得証明書
    (最新年度のもの)
  • 確定申告書
    (最新年度のもの)
【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

100万円以上借りたい!かりるにはどうすればいい?

さらに高い限度額にして、100万円以上借りることも可能です。

とはいえ、100万円ってかなりの額ですよね。

ですが、下記の条件を満たしていれば、アコムで100万円以上借りることができます。

1.十分な収入がある

アコムで限度額を100万円以上にするには、最低でも年収310万円必要です。

総量規制を考慮しなければいけませんからね。

年収300万円だと「最大90万円」
年収310万円だと「最大103万円」
年収320万円だと「最大106万円」

というようになります。

2.総量規制にふれない

アコムだけでなく、他社のカードローンも利用している。

この場合、アコムの限度額を100万円以上にするのは難しくなります。

例えば、年収330万円で、他社の限度額が30万円だとします。

年収330万円の総量規制は「110万円」です。

なので、アコムの限度額は「最大で80万円」になります。

3,実績がある

利用実績はもちろんのこと、返済実績の方が重点的にチェックされます。

過去に遅延したことがあると「また遅延するのでは?」「返済を滞納するのでは?」と思われてしまいます。

なので、100万円以上借りたい!という場合は、絶対に遅延せず利用を続けることがポイントになります。

他の消費者金融の分をまとめて一本化できる?

アコムだけでなく、他社のカードローンを利用している。でも、全部まとめて一本化したい!

という時は、アコムの借り換え専用ローンに申込みましょう。

借り換え専用ローンの概要が次の通りです。

貸付金額 1〜300万円
貸付利率 7.7%〜18.0%
資金使途 貸金業者債務の借換え
必要書類 運転免許証
(個人番号カードや健康保険証等でも可)
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と返済回数 借入日から最長13年7ヵ月
2〜166回
遅延損害金(年率) 20.0%
担保・連帯保証人 なし

また、申込む手順が次の通りです。

  • フリーコール(0120−07−1000)に電話
  • 必要書類を準備する
  • 店頭窓口もしくはむじんくんに行く
  • その場で審査結果を回答・契約
  • 融資

ただし、審査に通過しないと利用することができません。

申込めば絶対に利用できるローンではないので、ご注意ください。

まとめ

  • アコムの金利は3.0%〜18.0%
  • 限度額が高くなると金利が低くなる
  • 実績が評価され収入に問題がなければ、50万円〜100万円の増額もできる

限度額の増額には、借りれるお金が増える+金利が低くなる、というメリットがあります。

でも、デメリットもあります。

審査に通過しなきゃいけませんし、返済時の負担も大きくなります。

メリット・デメリットを把握したうえで、増額をお申込みください。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友フィナンシャルグループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での即日借り入れが可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ


 プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

問い合わせの多かった○○をまとめてみました。

当サイトでよく読まれるコンテンツ集

  • カードローン 体験談 全記事下のバナー
  • カードローンランキング top 全記事下のバナー
  • 経験者即日融資 全記事下のバナー

■上と下の記事の違い
■↑上 ネット申込+無人契約機を併用するので、受付時間以内であれば土日祝かかわらず借り入れできる。
■↓下 ネットで申込み、家にいながら借入ができる。(即日で借入できるかは条件による)

  • 来店不要 即日融資 全記事下のバナー
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローン・キャッシング小ネタ


サブコンテンツ