アイフル増額

アイフルの限度額を引き下げる時の申込み方法と注意点

アイフルの限度額を引き下げる時の申込み方法と注意点

アイフルの限度額の減額は、増額と違って簡単に行うことができます。

しかし、引き下げる前に確認しておかなければならないこと、注意点がいくつかあります。

引き下げの申し込み方法と注意点をまとめましたのでチェックしてみてください。

アイフルの限度額を引き下げる方法

アイフルの限度額を引き下げるには、電話などで、限度額を引き下げたい旨を伝えるだけでOKです。

連絡先は下記になります。

通常の電話機からの問い合わせ 0120-201-810(平日9:00~21:00)
IP電話など、繋がらない場合 077-503-5102(平日9:00~18:00)

掛け間違いには注意しましょう。

スタッフから確認事項などを求められる場合があります。

手元にカード(会員情報)、メモの準備をしてから問い合わせましょう。

引き下げの理由を尋ねられた場合は「使いすぎを防ぎたい」「家計の収支を見直すため」などと伝えればOKです。

限度額を引き下げる前に確認しておくこと

限度額引き下げを申込む前に、現在の利用額を確認しましょう。

引き下げたい額まで事前に返済しておかなければ申し込むことができません。

例えば、限度額を50万円までに引き下げたいのに、現在の借り入れ額が60万円だと、その差額10万円を返済しておかなければいけないということです。

申し込む前に、引き下げ額と借り入れ額を確認しておきましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

限度額を引き下げる際の注意点

引き下げを申し込む前に、下記の点をもう一度熟考しておく必要があります。

  • 増額をしたくなったら「増額審査」を受ける必要がある。
  • 短期間での増額は印象ダウンの恐れ。

本当に引き下げても問題ないのか、数ヶ月先のことを考える必要があります。

増額をしたくなったら「増額審査」を受ける必要がある。

引き下げた限度額を元にもどす、増額したい場合、通常の増額と同じように増額申請、審査が必要です。

引き下げるときは問い合わせで簡単にできますが、増額する際は審査が必要になるので時間もかかります。

引き下げる前に増額は難しいことを知っておきましょう。

短期間での増額は印象ダウンの恐れ。

限度額の引き下げをした後、すぐに増額を申込むのはやめましょう。

申込むことはできるのですが、金融会社に「お金に困っているのでは?」「計画的に利用できてないのでは?」と心象ダウンの恐れがあります。

増額を申込む場合は、引き下げてから半年以上は期間をあけるほうが良いでしょう。

半年以上あければ、引き下げた時と状況が変わっていると判断され、心象ダウンにはなりません。

まとめ

  • アイフルの限度額引き下げは問い合わせをすれば可能。
  • 増額をする場合は通常と同じ増額申請と審査があります。
  • 短期間の増額は心象ダウンになるので控えましょう。

アイフルの限度額引き下げは電話で問い合わせをすればすぐに対応してもらえます。

ただし、元の限度額にもどす場合でも「増額」扱いとなりますので、審査を受ける必要があります。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-アイフル増額

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5