アコム金利

アコムの金利はいくらになる?10万/30万/50万円の場合

アコムの金利(利息)はいくらになるのか?

借入額・借入日数ごとの例をまとめたページです。

アコムで借入をすると、所定の金利が発生します。

いわゆる「手数料/利用料」のようなものですね。

いくらになるのか?という計算方法と合わせて、他社の金利とも比較してみましょう。

アコムの限度額と金利の関係をチェック

アコムの金利は「3.0%〜18.0%」の間で設定されます。

ただ、限度額によって設定される金利が決まっています。
(下記の表を参照ください)

限度額 金利
1万円〜99万円 7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%

また、参考として他社の金利と比較してみると...

  • プロミス:4.5%〜17.8%
  • アイフル:3.0%〜18.0%
  • レイクALSA:4.5%〜18.0%

このようになっています。

上限金利はプロミスが最も低く、下限金利はアコムが最も低くなっています。

アコムの金利の計算方法について

アコムの金利は下記の式で計算できます。

  • 借入額×金利(実質年率)÷365日×借入日数

例えば、実質年率18.0%で5万円を7日間借りたとします。

この場合に生じる利息が次の通りです。

  • 5万円×18.0%÷365日×7日間=約172円

1日あたりに換算すると「約24円」

1ヵ月に換算すると「約764円」になります。

あまり大きな額ではありませんが、借入額や借入日数が多くなると、支払う金利も多くなってしまいます。

なので、借り入れる前に返済シミュレーションを行うなどして、金利をいくら支払うことになるのか?を把握しておくといいですよ。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

限度額が高くなると金利も高くなるの?

増額して限度額が高くなると、設定される金利は低くなります。
(下記の表を参照ください)

限度額 金利
1万円〜99万円 7.7%〜18.0%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%

また、増額しなくても金利を引き下げることができます。

ただし、利用実績があることが条件です。

契約して間もない、全然利用してない状態で交渉しても、適用してもらえない可能性が高いです。

なので、引き下げを申込む前に、しっかりと実績を構築しておきましょう。

借入額ごとの金利を計算してみる

次に、借入額ごとの金利を計算してみます。

「◯万円借りると、金利はいくらになるのか?」という疑問を解決していきます。

パターンとして、10万円/30万円/50万円を借りた場合を見ていきます。

10万円借りた場合の金利(年率18.0%)

1日あたりの金利が下記の通りです。

  • 10万円×18.0%÷365日=約49円

これが1週間になると「343円」

1ヵ月(30日)になると「1470円」になります。

30万円借りた場合の金利(年率18.0%)

1日あたりの金利が下記の通りです。

  • 30万円×18.0%÷365日=約147円

これが1週間になると「1,029」

1ヵ月(30日)になると「4,410円」になります。

50万円借りた場合の金利(年率18.0%)

1日あたりの金利が下記の通りです。

  • 50万円×18.0%÷365日=約246円

これが1週間になると「1,722円」

1ヵ月(30日)になると「7,380円」になります。

金利を少しでも節約するポイント

借入額や借入日数が多くなると、それに伴い金利も多くなります。

でも、金利はできるだけ払いたくないですよね。

「じゃあ、どうすれば金利を節約できるのか?」

ポイントが次の3つです。

ポイント1.借入額は必要最低限にする

限度額に余裕があると「まだ使えるお金がある」と思い、余計に借り入れがちです。

でも、借り入れ額が多くなると完済までにかかる期間が多くなります。

そのため、支払う金利も多くなってしまいます。

金利を節約するためにも、借入額は必要最低限にしましょう。

ポイント2.借入日数を少なくする

借入日数を少なくする=なるべく短期間で完済することです。

返済期間が短いほど、支払う金利をおさえることができます。

反対に、返済期間を長引かせると、金利も余計に支払うことになります。

ポイント3.毎月の支払額を多めにする

毎月の支払額をなるべく多めにすることで、返済期間を短縮できます。

支払額を少なくすると、返済負担が軽減されますが...

その分、返済期間が長引いてしまいます。

なので、支払額を少なくしすぎないようにしましょう。

まとめ

  • 限度額ごとに設定される金利が異なる
  • 金利を節約するなら「短期間で完済する」こと
  • 余計な借入をしないことも心がける

借入額や借入日数が多くなるほど、金利も高くなります。

金利を払いたくない・節約したいという方は、借入は必要最低限にする・短期間で完済することを心がけましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法
三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム【今月のおすすめ】
当サイト管理人がお世話になった業者
30日間無利息サービス実施中!
土日祝でも新規融資1時間が可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
3.0%~18.0%
800万
最短30分
最短1時間
最短1時間で融資可能審査最短30分3秒診断30日間無利息
ここがよいと思わせる
3つのポイント
  • CMで有名な業界最大手だから安心
  • 最短30分審査・最短1時間で融資可能
  • 初めての方は30日間無利息サービス有
アコムの便利なサービス
初契約の方は
30日金利0円
借り入れ可能か
3秒で診断
「うっかり」も
しっかりサポート
土日祝でも新規での
融資1時間が可能

-アコム金利

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5