アコム審査

アコムの審査基準|通るためのポイント5つ

アコムのカードローンに申し込む時って、審査基準や通過するためにはどうすればいいのか?などが気になるところ。

既に他社を利用しているけど、アコムに新規で申し込めるのか?

申し込むにあたって注意することはあるのか?

といった疑問も出てきます。

そこで、このページでは「アコムの審査基準」と「審査に通過するためのポイント」をまとめています。

アコムに申し込む前に、ぜひご確認ください。

>>とりあえずアコムで借入可能か3秒診断

アコムの審査基準は主に5つ

細かい基準を見ていくとキリがありませんが、分かりやすい審査基準として下記の5つがあげられます

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること
  • 返済能力があること
  • 総量規制にふれないこと
  • アコム独自の審査基準

次に、各審査基準についてもう少し詳しく見ていきます。

20歳以上であること

まず満たしておかなければいけない基準が「20歳以上であること」です。

大学生や専門学生でも20歳に達していれば、アコムに申し込むことができます。

安定した収入があること

次に満たす条件として「安定した収入があること」があげられます。

20歳になっているけど、アルバイトをしていない。

単発や日雇いのバイトでお小遣いを稼いでいる。

これだと、安定した収入があるとは判断されません。

毎月継続して収入がある=安定していると判断されます。

既に働いている人であれば、この基準は問題なくクリアできます。
(契約社員や派遣社員、パートでもOKです)

返済能力があること

収入が安定している=それだけの返済能力があると言えます。

アコムから借りたお金は、必ず返さなければなりません。
(分割にも対応しています)

なので、ある程度の返済能力が求められます。

総量規制にふれないこと

アコムなどの消費者金融は「総量規制」の対象となっています。

総量規制とは、年収の1/3を超える借り入れができないという、法律による規制です。

仮に、年収が300万円だとしたら、借り入れできる最大額は90万円となります。
(アコム以外の業者も含まれる)

アコム以外で既に30万円借りている場合、アコムから借りられるお金は最大で60万円ということになります。

アコム独自の審査基準

一般には公表されていない「アコム独自」の審査基準もあります。

これに関してはブラックボックス的なこと(外部からはわからない)なので、明確には断言できませんが...

勤務先の情報、勤続年数、他社の利用状況などが含まれています。

不透明な部分が多いですが、あまり深く考えなくても大丈夫です。

「20歳以上で安定した能力があり、総量規制にふれていないこと」の方が大切なポイントですからね。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

アコムに申込む前に仮審査・診断を受けてみよう

今の状況でアコムの審査に通過できるか?わからない...

という時は、アコムの仮審査「3秒診断」を受けてみましょう。

年齢、年収、他社利用状況を入力するだけで、申込可能か診断してくれます。

もちろん診断は無料です。

気軽に利用できるので、ぜひお試しください。


>>とりあえず借入可能か3秒診断

他社から借りていても審査に通過できるの?

総量規制に達していなければ、アコムの審査に通過できる可能性はあります。

ただし、絶対に通過できるとは限りません

総量規制には達していないけど、利用社数が多い。

前回、新規で申込んでから1〜2ヵ月くらいしか経っていない。

このような状況で申込むと、審査に通過するのが難しくなります。

アコム側からすれば「この人、かなりお金に困っているんじゃ?ちゃんと返済できるのかな?」となるからです。

できれば、他社利用が少ない状況(件数や額が少ない)で申込むことが理想です。

アコムの審査に通過するためのポイント

アコムの審査基準を考慮したうえで、審査に通過するためのポイントをまとめてみました。

同じ勤務先に半年〜1年は勤める

どのような勤務形態であれ、最低でも半年〜1年は勤めることが好ましいです。

勤続期間が1ヵ月とか2ヵ月だと、収入が安定しているとは判断しにくいからです。

同じ勤務先に長く勤めるほと、収入が安定していて返済能力もあると判断されます。

他社利用で遅延などをしない

アコム以外のカードローンはもちろんですが、クレジットカードの利用においても「遅延をしないこと」を心がけましょう。

というのも、カードローンやクレジットカードの利用情報は「信用情報機関」に記録され、企業同士で照会・共有されるからです。

※アコムが加入している機関はCIC・JICCです。

※この機関には三井住友カードやJCB、楽天カードなどの大手クレカ企業も加盟しています。

最初の希望額は少なめにする

アコムに新規で申込む時は「希望額を少なめ」にしましょう。

希望額が高くなると審査も慎重に行われるからです。

また、他社を利用している場合は総量規制にふれる可能性もでてきます。

最初は少なめにする。利用実績をつくってから増額を申込む。

という流れで利用していくのが理想です。

>>とりあえずアコムで借入可能か3秒診断

まとめ

アコムの審査基準をまとめると「20歳以上で安定した収入があり、総量規制にふれないこと」となります。

これを踏まえたうえで、アコムの審査に通過するためのポイントをおさらいしておきましょう。

  • 同じ勤務先に半年〜1年は勤める
  • 他社利用で遅延などをしない
  • 最初の希望額は少なめにする
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-アコム審査

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5