みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの増額 申込む時期や期間はいつがベスト?

みずほ銀行カードローンの増額を申込むにあたり、ベストなタイミング(時期)はいつなのか?詳細をまとめてみました。

ネットからであれば、24時間365日いつでも増額を申込めます。

ただ、タイミングを見計らって増額を申込まないと、審査に通過することが難しくなります。

では、いつ・どんなタイミングで申込めばいいのか?詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額|申込む時期はいつがベスト?

ここでのポイント

  • 目安は6ヶ月〜1年以上利用してから
  • 短期間だと実績が足りないため

みずほ銀行カードローンの増額は、いつでも好きなタイミングで申込むことができます。

だからといって、契約した翌日に申込むのはNGです。

あまりにも短期間で増額を申込むと「そんなにお金に困っているのか?」というネガティブな印象を与えるからです。

では、利用してからどれくらいの期間で申込むのがいいのか?というと...

  • 最低でも6ヶ月以上
  • できれば1年

これくらいが目安です。

なぜ最低でも6ヶ月なのか?その理由について

2〜3ヶ月ではなく、なぜ6ヶ月なのか?というと、ちゃんと理由があります。

新規でみずほ銀行カードローンに申込むと、その記録が6ヶ月間「信用情報機関」に登録されます。

※みずほ銀行はCIC/JICC(日本信用情報機構)/KSC(全国銀行個人信用情報センター)に加盟しています。

この記録がリセットされたタイミングで申込むのが理想です。

記録が残った状態で増額に申込むと「まだ利用期間が6ヶ月未満だな...」という情報がすぐにわかります。

大幅にマイナス評価になるワケではありませんが...

増額審査に通過する確率を少しでも高めるなら、6ヶ月以上経過してから申込みをした方がいいですよ。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

利用期間が半年未満でも増額はできる?

ここでのポイント

  • 増額を申込むのは可能
  • ただし、審査に通過するのは難しい
  • 6ヶ月未満でも増額できるパターンもある

みずほ銀行カードローンの利用期間が6ヶ月未満でも、増額の申込みはできます。

「絶対に6ヶ月以上利用していないと、申込みを受付けません」という規約はありませんからね。

ただし、審査に通過できるかというと...難しいところがあります。

利用期間が短い=実績がまだ乏しく、みずほ銀行からしても「信用できるかどうか、まだわからない...」となります。

利用期間が6ヶ月未満だけど増額したい!という時は、増額ではなく「新規カードローンを契約する」のも一つの手段です。

増額するよりも早くお金を工面できますからね。

利用期間が6ヶ月未満でも増額できるパターン

利用期間がまだ6ヶ月経っていなくても増額できるパターンがあります。

そのパターンが下記の通りです。

  • 最初の申込みで限度額を抑えていた
  • でも、本当はそれより高い限度額を設定できた
  • 結果、6ヶ月未満でも増額できた

例えば、最初は20万円で申込んだけど、実際は「50万円」で審査が通っていた。

そのため、増額を申込んだら50万円まで引き上げることができた、というパターンがあります。

みずほ銀行カードローンの増額にかかる期間はどれくらい?

ここでのポイント

  • 新規の時より時間がかかる
  • 最短でも2〜3営業日はかかる

みずほ銀行カードローンの増額は、新規で申込んだ時よりも時間がかかります。

※新規申込みの審査にかかる時間が下記の通りです。

インターネット 2~3営業日以降に審査結果を回答
電話 申込受付後、2~3営業日以降に審査結果を回答
店舗窓口 2~3営業日以降に審査結果を回答

増額審査の場合は、上記の日数+2〜3営業日はかかると思っておいた方がいいです。

最短でも2営業日くらいが目安という形ですね。

また、審査結果が届いてもすぐに反映されるワケではありません。

増額を正式に反映するための処理手続きがあるからです。

正確な所要時間を知りたい場合は、みずほ銀行に電話をして直接ご確認ください。

「どれくらいで増額が反映されますか?」と尋ねれば、オペレーターが丁寧に回答してくれるはずです。

※増額審査の時間については、下記のページでより詳しく解説しています。
▶▶みずほ銀行カードローンの増額|審査時間はどれくらいかかるのか

まとめ

  • 利用期間が6ヶ月以上経っていれば増額を申込んでOK
  • 6ヶ月未満だと信用情報機関に記録が残っているため
  • ただし、審査に通過しないと増額はできない

みずほ銀行カードローンの増額を申込むタイミングは、利用してから6ヶ月以上が目安です。

長期間・定期的に利用することで実績が作られ、それに伴い信用度も高まっていくからです。

まだ6ヶ月経っていない...という場合は、それまで待つ、もしくは新規カードローンを契約するなどの方法を検討しましょう。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※仮審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒仮審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-みずほ銀行

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5