みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの増額を断られる3つの理由と対処法

みずほ銀行カードローンの増額を申込んだのに、断られてしまった。

せっかく増額を申込んだのに断られると、ショックが大きいですよね。

でも、何かしらの理由があるから断られたわけです。

その理由とあわせて、今後の対処法もチェックしていきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額を断られる理由

ここでのポイント

  • 他社から借入をしている
  • 利用期間が短い
  • 過去に延滞納をしている

増額を申込んだのに、なぜ断られるのか?

これからも長く利用したいから、増額を申込んだというのに...と思いますよね。

でも、増額を断られた=何かしらの理由があるということです。

そして、考えられる理由は3つあります。

1.他社から借入をしている

まず考えられる理由が「他社借入」です。

みずほ銀行カードローンを増額する条件として、他社から借入ていないことがあげられます。
(もしくはみずほ銀行カードローンに切り替える)

※以下、みずほ銀行カードローンのFAQ(よくある質問)からの抜粋です。

*みずほ銀行カードローン以外のカードローンをご利用の場合、現在のカードローンのままご利用限度額を増額することはできませんので、みずほ銀行カードローンへの切り替えが必要です。

2.利用期間が短い

みずほ銀行以外のカードローンは利用していないのに、増額を断られた...

という時は「利用期間」をチェックしてください。

増額を申込むためには、最低でも6ヶ月以上の利用期間が欲しいところです。

絶対に6ヶ月経っていなきゃダメ!という規約はありません。

でも、申込み〜6ヶ月が経過するまでは、信用情報機関にその記録が残されています。

記録が残っている状態で増額を申込む=お金に困っていると判断され、断られることがあるんですね。

3.過去に延滞納をしている

みずほ銀行カードローンは6ヶ月以上利用している。でも、増額を断られた...

という時は、過去に延滞納をしていなかったか?振り返ってみてください。

過去に1日でも(1回)でも返済に遅れたことがあると、それが原因で増額できないことがあります。

また、みずほ銀行カードローンだけでなく、他社のクレジットカードの利用状況にも注意が必要です。

クレカの延滞納も増額審査の時にチェックされるからです。

「なんでクレカの利用状況がわかるの?」と思うかもしれません。

全国の金融機関(銀行・クレカ会社など)は信用情報機関に加盟しており、加盟機関同士で情報が共有・照会されます。

なので、他社の利用状況も筒抜けというわけです。

※みずほ銀行が加盟している信用情報機関は「JICC/CIC/KSC」です。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

みずほ銀行カードローンの増額を断られた時の対処法

増額を断られた時の対処法としては、下記3つの方法があげられます。

1.状況を改善してから再度増額を申込む

利用期間が短いなら、6ヶ月が経過するまで待つ。

他社のカードローンを利用している場合は、完済するかみずほ銀行への切り替えを検討する。

このように、今の状況を少しでも改善してから、再度申込むという方法があげられます。

2.他のカードローンを新規で契約する

「今すぐにでもお金が必要なのに...」という時は、他のカードローンを新規で契約するのも一つです。

借入件数(額)が増えるのは負担が大きくなりそう...というイメージもあると思います。

でも、みずほ銀行で10万円増額するのと、新規で10万円借り入れるのって、意味合いは同じですよね。

緊急度が高い時は、ぜひご検討ください。

3.カードローン以外の方法でお金を工面する

借入件数(額)を増やさずにお金を工面するなら、不用品を売る・日雇いのバイトをするなどの方法もあります。

ハイブランド品を売れば1〜3万円くらいになることもあります。

ただし、10〜20万円など、まとまった金額を手にするのは難しいです。

絶対に増額を成功させたい時に心がけること

「どうしてもみずほ銀行カードローンの増額を成功させたい!」

という時は、下記5つのポイントをおさえておきましょう。

  • みずほ銀行カードローンをメインで使う
    →実績と信用を作るため
  • 絶対に遅延せず返済をする
    →遅延すると信用度が低下するため
  • 最低でも6ヶ月以上は利用する
    →期間が短いと実績・信用が乏しい
  • 同じ勤務先に長く勤める
    →収入が安定していると判断されるため
  • クレカの返済も絶対に遅延しない
    →信用情報機関に加盟している機関同士で共有・照会されるため

みずほ銀行カードローンの増額審査については、こちらのページで詳しく解説しております。
▶▶みずほ銀行カードローンの増額審査に通るポイント

まとめ

増額を断られる理由は、以下の3つが考えられます。

  • 他社から借入をしている
  • 利用期間が短い
  • 過去に延滞納をしている

みずほ銀行カードローンの増額を断られたら、状況を改善して再度申込む・新規カードローンを契約するなどの対処法があります。

もし再度増額を申込むのであれば、審査に通過でチェックされる項目や、通過するコツを確認しておきましょう。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-みずほ銀行

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5