みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの増額を申込むための3つの条件

みずほ銀行カードローンの増額を申込みたいけど、何か条件ってあるのかな。

初めて増額を申込む時って、このような疑問がありませんか?

利用者であれば誰でも申込めますが、申し込むにあたって3つの条件があります。

その条件について詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローンの増額を申込む条件3つ

ここでのポイント

  • 他社のカードローンを利用していない
  • 利用期間が6ヶ月以上経っているる
  • 安定した収入がある

みずほ銀行カードローンを利用している方であれば、誰でも増額を申込むことができます。

ただし、条件があります。

この条件を満たしていないと、増額を申込んでも断られる可能性が高いです。

では、どんな条件があるのか?というと、下記の3点です。

1.他社のカードローンを利用していない

第一の条件が「他社のカードローンを利用していないこと」です。

みずほ銀行以外のカードローンを利用している場合は、完済するもしくは切り替えが必要になります。

2.利用期間が6ヶ月以上経っている

みずほ銀行カードローンを利用しはじめて6ヶ月未満だと、増額審査に通過できない可能性があります。

実績・信用度が不足しているからですね。

また、申込み〜6ヶ月間は「信用情報機関」に情報が記録されています。

この間に増額を申込んでいると、お金に困っているのでは?という懸念を抱かれる可能性があります。

※みずほ銀行が加盟している信用情報機関は「CIC/JICC/KSC」の3つです。

3.安定した収入がある

現在設定されている限度額を増額する=より高い返済能力が求められます。

ここでポイントになるのが「安定した収入」です。

同じ勤務先に長く勤めることで、安定した収入があると判断されます。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

条件を満たしていない時の対処法

ここでのポイント

  • 他社借入れを完済する、もしくはみずほ銀行に切り替える
  • 6ヶ月経つまで待つ
  • 同じ勤務先に長く勤める

では、条件を満たしていない場合はどうやって対処すればいいのか?

その方法を見ていきます。

1.他社のカードローンを利用している場合

現在借入れている分を完済するのが一つ。

もしくは、みずほ銀行カードローンへ切り替える方法もあります。

「他社を利用しているけど、みずほ銀行カードローンを増額したい...」

という方は、みずほ銀行に電話をして、その旨を相談してみましょう。

現状に適した方法をアドバイスしてくれるはずです。

2.利用期間が6ヶ月未満の場合

6ヶ月未満の利用期間でも、初期限度額を抑えていた場合は増額できる可能性があります。

審査結果では50万円まで設定できたけど、初めてだから20万円にした、というような場合ですね。

これに該当しないで、なおかつ利用期間が6ヶ月未満だとしたら...

  • 6ヶ月経過するまで待つ
  • 新しいカードローンを契約する

この2つの対処法があります。

スピードを求めるなら、新しいカードローンを契約した方が早いです。

3.勤続年数が短い場合

勤続年数に関しては、転職せずに同じ勤務先で働き続けるしかありません。

どうあがいても時間を早送りすることはできませんからね。

勤続年数が短いからといってマイナスにはなりませんが、増額するなら2〜3年以上は勤めたいところです。

みずほ銀行カードローンの増額を申込む方法と審査に通過するコツ

みずほ銀行カードローンの増額は、下記4つの方法で申込むことができます。

  • インターネット
    (スマホ/PC)
  • アプリ
    (スマホ)
  • 電話
  • 店頭窓口

手軽なのはネットもしくはアプリです。

24時間365日申込みができるので、あなたの好きなタイミングで申込めます。

また、増額を申込むと所定の審査が行われます。

審査に通過するためのコツをまとめると、下記のようになります。

  • 利用実績を作る
  • 絶対に遅延せず返済する
  • 他社の借入額(件数)を完済する
  • 同じ勤務先に長く勤める
  • 希望額をなるべく低めにする

詳しくはこちらのページで解説されているので、参考にしてみてください。
▶▶みずほ銀行カードローンの増額/増枠申込方法と審査に通るポイント

増額する前に確認すべき注意点

ここでのポイント

  • 審査は短くても2〜3日かかる
  • 審査結果によっては減額されることもある
  • 利用制限がかかり使えなくなる可能性もある

みずほ銀行カードローンの増額を申込むにあたり、このような注意点があります。

特に注意したいのが「減額」や「利用制限」です。

これまでの利用状況によっては、増額を申込んだにも関わらず減額・利用制限になる可能性があります。

詳しくはこちらのページで解説されているので、参考にしてみてください。
▶▶増額はいいことだけじゃない|増額手続きをする3つのリスク

まとめ

  • 増額を申込む前に条件を満たしているかチェック
  • 満たしていない場合は条件に応じた対処法をとる
  • 増額審査に通過しないと増額は反映されない

みずほ銀行カードローンを利用していれば、誰でも増額は申込めます。

ただし、条件を満たしていないと申込みを断られる可能性があります。

なので、申込み前に必ずご確認ください。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-みずほ銀行

© 2021 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5