カードローンの増額

カードローンの増額審査に落ちやすい人の特徴

カードローンの増額は、利用者であれば誰でも申込むことができます。

ただし、増額審査に通過しないと、限度額を増額することができません。

また、中には繰り返し増額審査に落ちてしまう方もいます。

ここからは、増額審査に落ちやすい人の特徴を7つピックアップしてご紹介していきます。

カードローンの増額審査に落ちやすい人の特徴

ここでのポイント

  • 増額審査に落ちやすい人の特徴は7つある
  • 1つでも当てはまると審査に通過することは難しい

カードローンの限度額を増額するためには、増額審査に通過する必要があります。

この増額審査ですが、何の問題もなく通過できる人がいる一方、何度も落ちてしまう人もいます。

では、なぜ増額審査に繰り返し落ちてしまうのか?

特徴としてあげられることが7つあります。

  • 誤字脱字や虚偽の記入がある
  • 利用期間が短い
  • 実績が乏しい
  • 遅延や延滞をしたことがある
  • 収入が安定していない
  • 他社借入額・件数が多い
  • 他社でも遅延や延滞をしたことがある

次に、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

1.誤字脱字や虚偽の記入がある

増額を申込む時は、氏名や生年月日、勤務先などの情報を記入します。

新規申込みの時と同じですね。

でもこの時、誤字脱字があると申込みを受理してもらえないことがあります。

また、虚偽の記入をした場合は、即刻審査に落とされます。

金融機関からの信用度も著しく損ねてしまいます。

さらに、虚偽の記入をしたことが「信用情報機関」にも記録されます。

【信用情報機関の種類】
KSC/CIC/JICC

信用情報機関に記録された情報は、加盟期間同士で共有されます。

なので、他社のカードローンやクレジットカードの利用にも悪影響が出てきます。

2.利用期間が短い

カードローンの増額を申込むタイミングとして、契約してから6ヶ月以上経った時が目安になっています。

なで6ヶ月なのか?というと、信用情報機関に記録された「申込み・契約情報」が、6ヶ月経つとリセットされるからです。

この記録が残ったまま増額に申込むと「短期間で申込みを繰り返している」とか「お金に困っている」と捉えられてしまいます。

3.実績が乏しい

カードローンの増額審査に通過するためには「実績」が欠かせません。

利用期間も実績の一つですが、他に「利用額」や「利用回数」も含まれます。

利用期間は6ヶ月〜1年以上だけど、1回も(1円も)利用していない。

これだと実績がゼロの状態です。

実績が乏しいと、増額審査に通過するのは非常に難しいです。

4.遅延や延滞をしたことがある

利用しているカードローンに応じて「返済期日」が設定されています。

返済方法は引き落としや振込などが基本で、ATMを使って繰り上げ返済もできます。

でも...

返済期日に1日でも遅れると「遅延」扱いになります。

また、長期間にわたって滞納すると「延滞」扱いになります。

遅延や延滞やマイナス実績ですから、金融機関からの信用度を著しく低下させます。

また、延滞した場合は信用情報機関にも記録されます。

こうなると、他のカードローンやクレジットカードの利用にも悪影響が出てきます。

5.収入が安定していない

カードローンを増額する=収入の余裕が必要になります。

ここでポイントになるのが「収入の安定度」です。

正社員でなく、契約社員や派遣社員、アルバイト・パートでも、収入が安定していれば増額は可能です。

ちなみに、収入が安定しているとはどういうことか?というと...

「同じ勤務先に長く勤めている」「勤続年数が長いこと」です。

つまり、勤続年数が短いと収入が安定していないと判断され、増額審査では不利になります。

6.他社借入額・件数が多い

他にもカードローンを利用している方は注意が必要です。

他社借入額・件数が多い=既に返済の負担が大きい状態です。

そのため、金融機関は「増額して今以上に負担が大きくなると、返済が滞るのでは?」という懸念をもちます。

また、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象です。
(アコム・プロミス・アイフルなど)

総量規制とは年収の1/3を超える額を借りることができない、という規制です。

他社も利用している場合、総量規制にふれる可能性があります。

なので、他社借入額・件数が多いと、それだけ増額することが難しくなります。

7.他社でも遅延や延滞をしたことがある

カードローンの利用状況はすべて「信用情報機関」に記録されます。

申込み・契約日・利用期間・利用額・返済日など、利用に関する情報が事細かに記録されます。

そして、記録された情報は加盟している期間同士で照会・共有されます。

なので、他社で遅延や延滞をした場合は、その情報も共有されます。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

ここまで「増額審査に落ちやすい人の特徴」を書いてきましたが、何項目か当てはまったのではないでしょうか?

当サイト管理人は最大7社-225万円までカードローンで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました。

あの頃は常にお金が足りない状態だったので、定期的に増額の打診をしていました。

増額が成功したよりも「増額審査に落ちる」ことのほうが多かったですね。というかほとんど増額審査に落ちてました。

逆に(数少ない)増額が成功したケースでは

  • 増額案内の電話やメールが来た時は増額に成功しやすい
  • お金が足りないときほどそういう案内はなかなか来ない
  • 借入枠が増えてから日が浅いはもちろん、収入状況や借り入れ実積がそんなに変わっていないと増額の成功率は低い

ある程度条件が揃ってないと「増額は難しいなー」と感じております。

とはいえ、お金が必要なのに増額はできないので『どうしよう』という場面は何度もありました。

そんな時、管理人は他社のカードローンに申し込み借り入れに成功しています。

お金が足りない時はたいてい時間がない時。そんな時は増額するより他社カードローンから借入したほうが圧倒的に早かったです。

本来は借り入れを増やすのはあまり良くないのですが、そうも言ってられない人向けに複数のカードローンを経験した管理人が利用しやすかったおすすめのカードローンを紹介します。

この記事もチェック
お金を借りるならやり方を知っている人を参考にするのが一番!
管理人の経験を活かしたスムーズに借り入れできるノウハウ記事です。
▶▶1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、
他社から80万円借りている状況で

  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入

ができた経験があります。

-カードローンの増額

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5