お金にまつわる よくある話

クレジットカードの増額審査でチェックされる項目と通過するためのコツ

クレジットカードの増額審査でチェックされる項目と通過するためのコツについてまとめました。

利用限度額の増額を申し込めば、クレジットカード会社の審査が行われます。

増額審査ではどんな項目をチェックされるの?審査を通過するためのコツは?

クレジットカードの限度額を増額するためにも、ぜひチェックしてください!

クレジットカードの増額審査でチェックされる項目について

ここでのポイント

  • 基本的に個人信用情報機関にある情報をチェックされる
  • 増額審査では「安定した収入」「利用・返済実績」「返済能力」などを見られる

クレジットカードの増額審査では、基本的に「個人信用情報機関」の情報をチェックされます。

日本にある信用情報機関は、以下の3つがあります。

  • CIC:シー・アイ・シー:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • JICC:日本信用情報機構:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター:銀行(金融機関)が主に加盟

それぞれのクレジットカード会社は、最低でも2つの信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関では、金融サービスの利用・返済状況の記録が管理されています。。

この個人信用情報機関の情報も含めて増額審査では以下の、チェック項目を見られます。

それぞれの[+]をタップすると読めます。

収入
クレジットカードの増額審査では、「収入」をチェックされます。

利用限度額を増額しても、返済できる収入があるかを見られます。

高収入ほど有利で、低収入だと不利になります。

また、増額できる利用限度額には、「ショッピング」「キャッシング」それぞれ法律によって上限があります。

  • ショッピング:割賦販売法(支払可能見込額)
  • キャッシング:総量規制(年収の1/3)

そのため、法律で決められた利用限度額の上限を超える増額はできません。

利用実績
クレジットカードの増額審査では、「利用実績」をチェックされます。

個人信用情報機関にある情報で、クレジットカードの利用実績を見られます。

クレジットカードをあまり使っていない状態だと、マイナス評価になります。

ほかのチェック項目が審査基準に達していても、審査に通らない可能性があります。

反対にクレジットカードを定期的に使っていれば、プラスに評価されます。

返済実績
クレジットカードの増額審査では、「返済実績」をチェックされます。

個人信用情報機関にある情報で、クレジットカードの返済実績を見られます。

一回でも個人信用情報機関の情報で返済遅れがあると、審査では大きなマイナス評価です。

いくら収入があっても、「お金にだらしない」と判断されてます。

反対に返済に遅れたことがない場合は、プラスに評価されます。

他社の利用状況
クレジットカードの増額審査では、「他社の利用状況」をチェックされます。

個人信用情報機関にある情報で、他社のクレジットカードやカードローンといった金融サービスの利用状況を見られます。

「他社で利用金額が多い」「他社で返済遅れをしている」など問題があった場合は大きなマイナス評価になります。

「他社の利用が少ない」「他社でも返済遅れをしていない」といった状態であれば、プラスに評価されます。

年齢
クレジットカードの増額審査では、「年齢」をチェックされます。

20~25歳の場合は、低収入や仕事を辞めてしまう傾向があるため不利になります。

また、56歳以降も定年前のため少し不利になり、60歳を超えるとさらにマイナス評価になります。

働き盛りの26~55歳であれば、有利になります。

居住年数
クレジットカードの増額審査では、「居住年数」をチェックされます。

賃貸の場合は、1年未満だとマイナス評価になる場合があります。

持ち家であれば、1年未満でもマイナス評価にはなりません。

クレジットカード会社によっては、会社の転勤が多い人もいるため「居住年数」が影響しないところもあります。

居住形態
クレジットカードの増額審査では、「居住形態」をチェックされます。

賃貸よりも、社宅や持ち家の方が有利になります。

とはいえ、居住形態は、他のチェック項目よりも重視しないクレジットカード会社が多いです。

家族構成
クレジットカードの増額審査では、「家族構成」をチェックされます。

一人暮らしの場合は、審査では不利になります。反対に一人暮らしより両親と同居している方がプラス評価になります。

既婚者の場合は、「配偶者が働いているか」や「子供の人数」などで判断されます。

職種
クレジットカードの増額審査では、「職種」をチェックされます。

基本的に「公務員」「有名企業の正社員」であれば、「安定収入・勤続年数が長くなる」と判断されてプラス評価になります。

中小企業の正社員は、「可もなく不可もなく」といった評価です。

雇用形態がアルバイト(パート)や派遣社員(契約社員)の場合は、いつ辞めるか分からないため不利になります。

また、業種で言えば金融・商社・出版業界が有利で、反対に収入が低い小売り業界は不利になります。

ちなみに自営業(個人事業主)や中小企業の経営者は、高収入であっても不利になります。

勤続年数
クレジットカードの増額審査では、「勤続年数」をチェックされます。

転職(就職)したばかりだと、「収入が安定していない」と判断されてマイナスに評価されます。

正社員であっても1年未満の場合は、審査を通過できない場合があります。

勤続年数が3年以上あれば、増額審査では有利になります。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

クレジットカードの増額審査を通過するためのコツ

ここでのポイント

  • 希望額を少なくする
  • 利用実績をつくる
  • 絶対に返済遅れをしない
  • 他社の利用額を少なくする
  • 勤続年数を積み上げる

クレジットカードの増額審査を通過したい場合は、いくつかのコツがあります。

増額審査を軽い気持ちで申し込むと、審査に落ちてしまう危険性があります。

増額審査を通過するためにも、以下のコツを押さえておきましょう。

それぞれの[+]をタップすると読めます。

希望額を控えめにしておく

クレジットカードの増額審査を通過したい場合は、増額する希望額を控えめにしておきましょう。

増額する希望額が高いと、増額審査のハードルも上がります。

それに加えて、利用限度額の上限を超えてしまい審査に落ちてしまう可能性があります。

ですので、増額審査を通過するためにも、希望額を少なくしておきましょう。

継続的にクレジットカードを使う

増額審査を通過したい場合は、継続的にクレジットカードを使いましょう。

あまりクレジットカードを使っていない状態だと、いくら収入があっても審査を通過できない可能性があります。

反対にクレジットカードをよく使っていれば、増額審査を通過する可能性が高くなります。

ですので、増額審査を通過するためにも、継続的にクレジットカードを使って利用実績を作りましょう。

絶対に返済を遅れないようにする

クレジットカードの増額審査を通過したい場合は、返済に遅れないようにしましょう。

「返済に遅れたことがある」=「お金にだらしない」と判断されます。

返済に遅れたことある状態だと「個人信用情報機関」に情報が残ってしまい、増額審査を通過するのが難しくなります。

ですので、増額審査を通過するためにも、クレジットカードの返済に遅れないよう注意しましょう。

他社の利用額を減らす

クレジットカードの増額審査を通過したい場合は、他社の利用額を減らしましょう。

他社の利用額・借入額が多いと、増額審査にも影響してしまいます。

利用限度額の上限は、他社の他社の利用額・借入額も合わせて計算されます。

他社の利用額・借入額が多いければ、利用限度額の上限を超えて審査に落ちてしまう危険性があります。

ですので、増額審査を通過するためにも、他社の利用額を少なくしておきましょう。

同じ会社で長く勤める

クレジットカードの増額審査を通過したい場合は、同じ会社で長く勤めましょう。

勤続年数が短ければ、「収入が不安定」と判断されて増額審査を通過できない可能性が高くなります。

ですので、増額審査を通過するためにも、可能なかぎり勤続年数を積み上げましょう。

まとめ

利用限度額の増額を申し込めば、クレジットカード会社の審査があります。

クレジットカードの増額審査では、以下の項目をチェックされます。

  • 収入
  • 利用実績
  • 返済実績
  • 他社の利用状況
  • 年齢
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 職種
  • 勤続年数

また、軽い気持ちで利用限度額の増額を申し込みしたら、審査に落ちてしまう可能性があります。

増額審査を通過したい方は、以下のコツを押さえておきましょう。

  • 希望額を控えめにしておく
  • 継続的にクレジットカードを使う
  • 絶対に返済を遅れないようにする
  • 他社の利用額を減らす
  • 同じ会社に長く勤める

それに加えて、増額審査の結果が悪いと限度額の減額・カードの利用停止になる場合もあるので理解しておきましょう。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



クレジットカード増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-お金にまつわる よくある話

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5