三井住友銀行

三井住友銀行カードローンの限度額を引き上げたい|申込み方法と注意点

今の限度額だと少し物足りない。もう少し限度額に余裕が欲しい。

という時は、三井住友銀行カードローンの限度額の「引き上げ」を申込みましょう。

ただし、引き上げを申込んでも100%引き上げられるわけではありません。

申込み方法とあわせて、審査でチェックされる項目や注意点などを見ていきましょう。

三井住友銀行カードローンの限度額を引き上げる方法

ここでのポイント

  • 電話もしくはローン契約機で申込む
  • ネット(会員サイト)からは申込めない

三井住友銀行カードローンの限度額を引き上げる方法は2つあります。

1つは「電話で申込む」

もう1つは「ローン契約機で申込む」

ネット(会員サイト)からは引き上げを申込むことができないので、ご注意ください。

また、ローン契約機で申込む場合も、事前に電話をする必要があります。

なので、引き上げを申込む前は「必ず三井住友銀行に電話をする必要がある」ということを覚えておきましょう。

電話で引き上げを申込む流れ

電話で引き上げを申込む流れが次の通りです。

  • カードローンプラザに電話をする
  • 限度額を引き上げたいと伝える
  • 案内に従い手続きを進める
  • 審査・在籍確認が行われる
  • 結果が届き次第、引き上げが反映

三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)は、平日だけでなく土日祝日も営業しています。
※1月1日を除く

また、営業時間は9時〜21時です。

仕事の休憩中など、都合のいい時間を見つけて申込み手続きを進めましょう。

電話をする時は、手元にローンカードとメモ帳をご用意ください。

ローン契約機で引き上げを申込む流れ

ローン契約機で引き上げを申込む流れが下記の通りです。

  • カードローンプラザに電話をする
  • 「ローン契約機で引き上げの手続きをしたい」と伝える
  • 案内に従い最寄りのローン契約機に行く
  • 手続きが完了すると、審査・在籍確認が行われる
  • 結果が届き次第、引き上げが反映される

ローン契約機で引き上げを申込む場合、事前に「カードローンプラザ(0120-923-923)」に電話をする必要があります。

また、利用しているカードローンの種類によっては、ローン契約機から引き上げを申込めないことがあります。

なので、契約機に足を運ぶ前に、必ずローンプラザに電話をして詳細をご確認ください。

電話・ローン契約機で引き上げをする流れは、こちらのページで詳細がまとめられているので、気になる方はご確認ください。
▶▶三井住友銀行カードローンの増額/増枠申込方法と審査に通るポイント

三井住友銀行カードローンの最大限度額について

三井住友銀行カードローンの最大限度額は「800万円」

金利は年4.0%〜14.5%です。

限度額が高くなればなるほど、金利は低くなります。

ですが、希望する限度額が高くなるほど、審査が慎重に厳しく進められます。

なので、今の限度額を少しでも引き上げたい...という時は、あまり欲張らず「+10万円」くらいを目安にしておきましょう。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

引き上げ審査でチェックされる項目

三井住友銀行カードローンの限度額引き上げを申込むと、所定の審査が行われます。

この審査に通過しないと、限度額を引き上げることができません。

そして、この審査では主に下記の項目がチェックされます。

  • 収入
  • 利用期間
  • 利用額・回数
  • 返済実績
  • 他社の利用状況

注意したいのは「他社の利用状況も注意される」ということ。

三井住友銀行などの金融機関は、信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関には利用者の個人情報だけでなく、カードローンの利用状況なども記録されています。

そして、加盟している金融機関同士で、利用者の情報が照会・共有されます。

なので、他社利用で問題を起こしている場合は、その情報が審査の時にチェックされます。

三井住友銀行カードローンだけでなく、他のローンも利用している場合は、利用状況を確認してから引き上げを申込みましょう。

※各審査項目の詳細は、こちらのページでまとめられているので、気になる方はご確認ください。
▶▶三井住友銀行カードローンの増額審査でチェックされる項目

引き上げ審査に通過するためのコツ

審査でチェックされる項目をふまえ「審査に通過するためのコツ」もあわせて見ていきましょう。

  • 勤続年数を延ばし、収入を安定させ
  • 半年以上利用して実績をつくる
  • 1,000円単位で構わないので、こまめに利用する
  • 遅延せず返済して信用度を高める
  • 他社借入額・件数をなるべく減らす

安定した収入・実績・信用度などがないと、審査に通過することは難しいです。

限度額の引き上げを申込む前に「今の状態で審査に通過できるか?」を、ご自身で改めて振り返りましょう。

※審査に通過するコツの詳細は、こちらから確認できます。
▶▶三井住友銀行カードローンの増額審査に通過するためのコツ

引き上げを申込む時の注意点

ここでのポイント

  • 反映までに時間がかかる
  • 減額されることもある
  • 利用制限がかかることもある

三井住友銀行カードローンの限度額引き上げを申込むにあたり、注意しておきたいことが3つあります。

審査に時間がかかることはもちろんですが、利用状況によっては「限度額引き下げ」や「利用制限がかかる」恐れもあります。

このことを知らずに引き上げを申込むと、カードローンの利用に不都合が生じる可能性があります。

なので、引き上げを申込む前に「本当に引き上げが必要なのか?」「利用状況に問題はないか?」を、必ずご確認ください。

※3つの注意点の詳細は、こちらのページでまとめられているので、気になる方はご確認ください。
▶▶増額はいいことだけじゃない|増額手続きをする3つのリスク

まとめ

  • 引き上げは「電話」か「ローン契約機」で申込み
  • 審査に通過しないと限度額を引き上げることはできない
  • 利用状況によっては引き下げられる恐れもある

三井住友銀行カードローンの限度額引き上げは「電話」か「ローン契約機」で申込みます。

ただ、ローン契約機で申込む場合は、事前にローンプラザに電話をする必要があります。

引き上げを申込む時は、一度必ずローンプラザに電話をしなければいけない、ということです。

また、審査に通過しないと限度額を引き上げることはできません。

利用状況(他社含む)によっては、限度額引き下げや利用制限がかかることもあるので、くれぐれも注意してください。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-三井住友銀行

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5