三菱ufj銀行カードローンの限度額を変更する方法と注意点

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の限度額を増やしたい・減らしたい。

という時は、所定の方法で限度額の変更を申込めます。

ただし、増額・減額する時にリスクが伴います。

変更の申込み方法と合わせて、注意すべき点も確認していきましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の限度額を変更する方法

ここでのポイント

  • 限度額の変更は「電話」で申込む
  • ネットやATMからは申込みができない

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の限度額は、10万円〜500万円の範囲で変更できます。
(金利は年1.8%〜年14.6%)

バンクイックを定期的に利用しているけど、もう少し限度額に余裕が欲しいなぁ…という時は「増額」の申込み。

最近はあまり使う機会がない、かといって解約するのはもったいない…という時は「減額」の申込み。

このように、希望に応じて増額・減額を申込むことができます。

また、限度額の変更は「電話」で行います。

ネット(会員サイト)や銀行ATMからは変更の申込みができないので、お気をつけください。

電話で限度額の変更を申込む流れ

電話で限度額の変更を申込む流れが以下の通りです。

  • 専用ダイヤル(0120-76-5919)に電話をする
  • 限度額を変更したい旨を伝える
  • 本人確認・契約内容の確認を行う
  • 審査・在籍確認が行われる
  • 完了次第、限度額の変更が反映される

※電話をする際は、お手元にバンクイックのカードとメモ帳をご用意ください。

変更を申込む時に連絡先は「第二リテールアカウント支店専用ダイヤル」です。

【専用ダイヤル】
電話番号:0120-76-5919
受付時間:平日9時〜21時/土日祝日9時〜17時
(12/31〜1/3を除く)

オペレーターにつながったら、バンクイックの限度額を変更(増額・減額)したい旨を伝えます。

そして、案内に従い本人確認・契約内容の確認を行います。

確認が完了すると、所定の審査が進められます。

審査が終わり次第、限度額の変更が反映となります。

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

限度額の増額を申込む時の注意点

ここでのポイント

  • 増額審査中は追加融資が受けられない
  • 審査は短くても2〜3営業日かかる
  • 減額・利用停止になる可能性がある

バンクイックの増額を申込む時の注意点がこの3つです。

通常であれば、限度額の範囲内で何度でも融資(追加融資)が受けられます。

ですが、増額審査が終わるまでは、限度額に達していない状態でも追加融資を受けることができません。

また審査の結果、限度額が減額になったり、利用停止になる恐れもあります。

なぜこうなるのか?というと、増額審査では「これまでの利用状況や現在の返済能力」が確認されるからです。

確認の結果<問題あり>と判断されると、減額・利用停止になる恐れが。

なので、このようなリスクを伴うことを把握したうえで、バンクイックの増額に申込んでください。

※それぞれの注意点(リスク)の詳細は、こちらのページでまとめてあるので、気になる方はご確認ください。
▶▶増額はいいことだけじゃない|増額手続きをする3つのリスク

限度額の増額審査でチェックされるポイント

ここでのポイント

  • 収入
  • 利用期間
  • 利用額・回数
  • 遅延や滞納の有無
  • 他社利用
    (借入額・借入件数)

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の増額審査では、この5つのポイントが重点的にチェックされます。

増額できるだけの収入はあるか?実績は十分にあるか?

また、他社利用状況に問題はないか?といったことなどがチェックされます。

それぞれの詳細については、こちらのページでまとめてあるので、気になる方はご確認ください。
▶▶三菱UFJ銀行カードローンの増額審査でチェックされるポイント

限度額の増額審査に通過するためのコツ

ここでのポイント

  • 同じ勤務先に長く勤める
  • 定期的に利用して実績を作る
  • 絶対に遅延せず返済する
  • 他社借入額・件数を減らしておく
  • 希望する減額を低めにする

バンクイックの増額審査に通過するためのコツが、この5つです。

同じ勤務先に長く勤めることで「継続安定した収入がある」という評価を得られる。

遅延せず返済を続けることで「信用」を得られる。

また、他社借入額・件数を減らすことで「返済能力が上がった」と判断される。

細かいコツですが、それぞれ意識することで増額できる可能性がアップします。

5つのコツの詳細はこちらで確認できます。
▶▶三菱UFJ銀行カードローンの増額審査に通過するためのコツ

限度額の減額(引き下げ)を申込む時の注意点

ここでのポイント

  • 元の限度額に戻す時は「増額」が必要
  • 減額度、すぐに増額することは難しい
  • 増額を申込んでも審査に落ちる可能性がある

バンクイックの減額度を「減額する(引き下げる)」

増額に比べると、とてもスムーズに反映されます。

ですが、減額された後で「やっぱり元の限度額に戻したい」という時は、増額手続きが必要です。

しかも、最低でも6ヶ月は期間を空けなければいけません。

というのも、限度額を変更したという情報が6ヶ月間「信用情報機関」に記録されるからです。

記録が残ったまま増額を申込むと、お金に困っているのでは?というマイナスの心象を抱かれる可能性が高いです。

なので、減額を申込む前は、本当に減額する必要があるのか?じっくり検討してください。

※三菱UFJ銀行が加盟している信用情報機関
・KSC(全国銀行協会)
・CIC(Credit Information Center)
・JICC(日本信用情報機構)

まとめ

  • 限度額の変更は電話で申込む
  • ネットやATMからは申込めない
  • 希望に応じて限度額を増額・減額できる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の減額度は、10万円〜500万円の範囲で限度額を変更できます。

減額よりも増額を申込む機会が多いですが、審査に通過しないと増額することができません。

また、審査の結果によっては減額される・利用停止になることもあります。

リスクが伴うことを把握したうえで、限度額の変更を申込みましょう。


サブコンテンツ