広島銀行カードローン|在籍確認では会社に連絡?派遣やアルバイトでも確認される?

広島銀行に限らず、カードローンを申し込むと、在籍確認が必ず行われます。

会社先にはばれたくない。家族に知られたくない。

そんな方が気になる在籍確認について、今回の記事では「在籍確認の流れ」「本人いがいの場合はどうなるのか?」という部分を紹介していきます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

広島銀行カードローン|本人・在籍確認はなんのため?派遣やバイトも必要?

まずカードローンをインターネットから申し込んだ際、本人確認が行われます。

これは本当に申し込んだ方が実在しているのか?という部分と、申し込みに相違がないか確認のためなので勤務形態が派遣やバイトでも連絡がきます。

これは本人じゃないと対応ができないので、カードローンを申し込んだときに、必ず連絡がつく番号を記入します。

携帯は会社に持ち込めないから、会社に連絡してほしい。など、希望を書くこともできます。

在籍確認の基本的な流れ

在籍確認は、申込に記入した勤務先で本当に働いているのか?という部分が確認されます。

とはいっても怖いものではなく、勤務しているか分かればOKなので「○○さんいますか?」と簡単な確認をするだけです。

広島銀行カードローンは、在籍確認で希望がなければ「広島銀行ですが、○○さんいますか?」と銀行名を言うそうです。

希望であれば個人名で確認することも可能なので、申し込む際に伝えておきましょう。

また、勤務先でもこの番号に連絡してほしい。と指定することも可能なので、派遣の方は、派遣先、派遣元、都合のいいほうを指定しましょう。

在籍確認は電話先が本人じゃなくてもOKです。

「○○さんいますか?」→「ただいま離席しています」という返答でも在籍の証明になります。

ここで注意してほしいのは、大手や派遣など、従業員が多い会社は電話対応した方が個人の名前を覚えてないかもれしれません。

なので会社方に在籍確認があるかもしれない。と予め伝えておくとスムーズにいきますね。

この本人確認と在籍確認は必ず行われるものなので、スムーズに確認できないと審査はそこで止まってしまいます。

場合によっては、受付解除になることもあるので、在籍確認はスムーズにいくようにしましょう。

会社にばれたくない場合の言い回し

かといって、カードローンを利用する。ということを会社の人には知られたくないですよね。

そういった場合は、「車を購入検討している」「新しいクレジットカードを検討している」といえば、これらでも在籍確認はあるため納得されやすいです。

まとめ

  • インターネットから申し込みは本人確認がある
  • 在籍確認は本人以外の対応でもOK
  • 確認先の番号は自分で指定ができる
  • 個人名で確認するよう希望もできる
  • 在籍確認がうまくいかないと審査が遅れる

在籍確認は審査で必ず行われるものです。

1度確認がとれれば何度もかかってこないので、一発ですませたいですね。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

問い合わせの多かった○○をまとめてみました。

当サイトでよく読まれるコンテンツ集

  • カードローン 体験談 全記事下のバナー
  • カードローンランキング top 全記事下のバナー
  • 経験者即日融資 全記事下のバナー

■上と下の記事の違い
■↑上 ネット申込+無人契約機を併用するので、受付時間以内であれば土日祝かかわらず借り入れできる。
■↓下 ネットで申込み、家にいながら借入ができる。(即日で借入できるかは条件による)

  • 来店不要 即日融資 全記事下のバナー
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローン・キャッシング小ネタ


サブコンテンツ