【アコムの限度額増額/増枠】追加融資の申込方法と審査に通るためのポイント

アコムを利用しているけど、もう少し限度額を増額したい。

そんな時は、所定の方法で限度額の増額を申込みましょう。

ただし、増額を申込んでも確実に増額できるとは限りません。

アコムの増額審査に通過しないと、限度額が増額できないかです。

ここからは、アコムの増額を申込む方法とあわせて、増額審査に通過するコツなどを見ていきましょう。


アコムの増額審査に申込む方法

アコムの増額審査は、さまざまな方法で申込むことができます。

  • インターネット(会員サイト)
  • 電話
  • アコムATM
  • むじんくん(無人契約機)
  • 店頭窓口

インターネットや電話、店頭窓口はもちろんこと、ATMや自動契約機からも申込むことができます。

ただ、インターネットやATMの場合は増額案内が表示されていないと、増額手続きができません。

もし増額案内が表示されていない場合は「電話」や「店頭窓口」で増額手続きを進めましょう。

増額を申込むと契約が見直される

また、アコムの増額を申込むと「契約内容の見直し」が行われます。

勤務先に変更はないか?収入に著しい変化はないか?利用状況に問題はないか?

などが確認されます。

確認の結果次第では、限度額が減額される可能性もあります。

なので、増額を申し込む時はご、自身の今までの利用を振り返り、増額ができる状況である?か今一度確認する必要があります。

増額には減額になること以外リスクがあるので、気になる人はこちらの内容もご確認ください。。
▶▶増額はいいことだけじゃない|増額手続きをする3つのリスク

次に、それぞれの申込み方法について、詳しい流れを見ていきます。

アコムの増額申し込み方法(インターネット、電話、むじんくん無人契約機、店頭窓口)

それぞれの申込み方法について詳しく解説してますので知りたい方法をタップして確認してください。

インターネットで申込む方法(詳細はここをタップ)
  • アコム会員サイトにログイン
  • 「極度額等の変更のお申込」に進む
  • 必要事項を入力する
  • 申込完了

インターネット(会員サイト)からの申込みは、24時間365日受付けています。

なので、あなたの都合のいい時にいつでも増額を申込むことができます。

ただし、「極度額等の変更のお申込」が表示されないこともあります。

その場合はインターネットではなく、電話で増額を申込みましょう。

電話で申込む方法(詳細はここをタップ)
  • カードローンデスクに電話をする
  • 増額したいという旨を伝える
  • 案内に従い手続きを進める
  • 申込完了

アコムカードローンデスク(0120-629-215)は、営業時間が限られています。

平日9時〜18時までの営業で、土日祝日は休業となっています。

なので、日中に時間を見つけて電話をする必要があります。

とはいえ、5分程度で手続きは完了するので、空き時間にササッと申込めますよ。

むじんくん(無人契約機)で申込む方法(詳細はここをタップ)
  • 最寄りのむじんくん(無人契約機)に行く
  • アコムカードを挿入する
  • 「極度額等の変更申込」に進む
  • 必要事項を入力して申込完了

むじんくん(無人契約機)での申込み方法は、アコムATMと共通しています。

こちらも「極度額等の変更申込」という案内が表示されていないと、増額を申込むことができません。

ただ、むじんくん(無人契約機)は、土日祝日の増額審査に対応しています。

土日だけど増額したい…という時は、むじんくんをご利用ください。

店頭窓口で申込む方法(詳細はここをタップ)
  • 最寄りの店頭窓口に行く
  • 受付で「増額したい」という旨を伝える
  • 案内に従い書類に記入をする
  • 申込完了

最寄りのアコムに行って、店頭窓口で増額を申込むこともできます。

ただ、店頭窓口は営業時間が平日9時30分〜18時までとなっています。

土日祝日は休業なので、他の申込方法と比べると使い勝手がイマイチです。

ATMで増額操作はできないの?(詳細はここをタップ)

「アコムATM」であれば、ATMから増額操作が可能です。

アコムATMでの増額操作が下記の通りです。

  • アコムATMに行く
  • アコムカードを挿入する
  • 「極度額等の変更申込」を選択
  • 画面の案内に従い必要を入力
  • 情報を送信して申込み完了

アコムATMからは、24時間増額を申込むことができます。

ただし、「極度額等の変更申込」という項目が表示されていないと、アコムATMから増額を申込むことができません。

また、他のATM(提携ATM)からも増額を申込むことはできません。
(銀行・コンビニATMなど)

面倒ではありますが、アコムATMまで足を運ぶ必要があります。

とはいえ、ATMの他にも申込み方法は色々ありますからね。

アコムATMまで行くのが面倒な時は、ネットや電話などで増額を申込みましょう。

数多くの増額申請をしてきた管理人が思うこと「増額は難しい」

増額できない
当サイト管理人は最大7社-225万円まで借り入れしたことがあるのですが、当然、増額も何度もトライしてきました・・・が

増額の審査を通るのは本当に難しい!

増額が成功するよりもほとんどの増額審査で落ちていたと記憶してます。

また、増額は難しいだけじゃなくて安易に申し込んではいけないリスクも潜んでます。



カードローン 増額できない

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

  • 増額より圧倒的に早い
  • 増額審査より通りやすい
  • 増額のリスクを回避できる
三井住友フィナンシャルグループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での即日借り入れが可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ


 プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

■管理人の体験談■

実際に管理人は、他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

こちらも合わせてどうぞ
経験者の管理人が申し込む前の準備、素早く借り入れをするコツ、流れをより詳しく書いてます。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

土日でも増額審査を受付けている?

ここでのポイント

  • 土日でも増額審査に申込める
  • ただし「むじんくん」しか土日の審査に対応していない

ただし「むじんくん」しか土日の審査に対応していない

方法は限られますが、土日でもアコムの増額審査に申込むことができます。

「土日祝日だけど、なるべく早く増額したい…」という時は、むじんくん(無人契約機)をご利用ください。

むじんくんは平日だけでなく、土日の審査にも対応しています。

ただし、収入証明書が不要な額までしか増額を申込むことができません。

限度額が50万円を超える場合、他社との合計借入額が100万円を超える場合は、収入証明書が必要になります。

なので、事前に収入証明書を準備してから、むじんくんに足を運んだ方がいいです。

※土日のアコム増額については、こちらのページで詳しく解説されています。
▶▶アコムの限度額を増額したい|土日でも増枠する方法について

増額審査でチェックされるポイント

ここでのポイント

  • 収入
  • 利用期間
  • 利用額・回数
  • 返済実績
  • 他社利用状況

アコムの増額審査で重点的にチェックされるポイントは5つあります。

どれも増額審査においては欠かせない項目なので、必ずご確認ください。

1.収入(詳細はここをタッチ)

限度額を増額するわけですから、その分の余裕が必要です。

最低でも年収はこれくらい必要です!という基準はありません。

ただ、安定した収入は必要不可欠です。

2.利用期間(詳細はここをタッチ)

利用期間が6ヶ月未満だと、申込み記録が信用情報機関に残ったままです。

また、利用期間が短いと実績・信用ともに不足しています。

なので、最低でも6ヶ月以上は利用したいところです。

3.利用額・回数(詳細はここをタッチ)

6ヶ月以上の利用期間だけでなく、その間に利用した額(借入額)や利用した回数もチェックされます。

1回も利用していない、利用したけど1,000円だけ。

利用期間が6ヶ月以上だとしても、これだと実績不足と捉えられます。

4.返済実績(詳細はここをタッチ)

アコムから借入れたお金は、期日通りに返済しなければなりません。

1日でも(1回でも)返済に遅れてしまうと、それがマイナス実績として記録されます。

返済遅れを繰り返す、長期に渡って滞納すると、限度額の引き下げや強制解約になることもあります。

当然ながら、増額審査にも通過できなくなります。

5.他社利用状況(詳細はここをタッチ)

アコム以外のカードローンや、クレカのキャッシングを利用している場合は「総量規制」にお気をつけ下さい。

総量規制とは、年収の1/3を超える額を借り入れることができないという規制です。

アコム+他社の借入れ額が年収の1/3に達する場合は、増額することができません。

増額審査に通過するためのコツ

ここでのポイント

  • 同じ勤務先に長く勤める
  • こまめに利用して実績を作る
  • 遅延せず返済して信用を得る
  • 他社借入額を減らす
  • 希望する限度額を低めにする

増額審査に通過するためのコツも5つあります。

重点的にチェックされる項目と同じ数ですね。

このコツを抑えていると抑えていないとでは、審査に通過できる確率が異なります。

1.同じ勤務先に長く勤める(詳細はここをタッチ)

「安定した収入がある」と判断されるためには、同じ勤務先に長く勤める必要があります。

だからといって、10年も20年も勤める必要はありません。

最低でも1年以上、できれば2〜3年は勤めたいところです。

2.こまめに利用して実績を作る(詳細はここをタッチ)

アコムは1,000単位で利用できるので、少額ずつこまめに利用することで、効率よく実績をつくれます。

コンビニATM(セブンATM・ローソンATMなど)で利用できますから、とても使い勝手がいいです。

急な飲み会でちょっとお金が足りない…という時などは本当に助かります。

3.遅延せず返済して信用を得る(詳細はここをタッチ)

アコムを利用した後は、絶対に遅延せず返済することがポイントです。

また、お金に余裕がある時は「繰り上げ返済」をするのもおすすめです。

どうしても返済に間に合わない…という時は、必ずアコムに電話をしてその旨を相談してください。

4.他社借入額を減らす(詳細はここをタッチ)

アコム以外から借入れている場合は、その額・件数を減らすことが好ましいです。

完済する必要はありませんが、他社借入額が少ないほうが増額審査においてはプラスになります。

他社借入額が多いほど、総量規制にふれる可能性が高くなりますからね。

5.希望する限度額を低めにする(詳細はここをタッチ)

アコムの限度額を増額することを最優先に考えるなら「希望する限度額は低めにする」ことがポイントです。

限度額が高くなるほど審査は慎重になりますし、収入証明書も必要になります。

今の限度額プラス10万円くらいを目安にするといいでしょう。

増額審査にかかる時間はどれくらい?即日でできるのか

ここでのポイント

  • 原則として「当日回答」
  • 申込んだ時間帯によっては翌日以降の回答

申込状況や希望する限度額にもよりますが、審査結果は「原則、申込み当日の回答」となっています。

午前中に増額を申込めば、その日のうちに審査結果の回答をもらえる可能性が高いです。

ただ、夜間〜深夜に申込んだ場合は、回答が翌日以降になります。

また、最短で審査結果を受け取るなら「ネット(会員サイト)」から申込むのが一番です。

電話やアコムATM、むじんくんの場合、いつ・どんな時に混雑しているかわかりません。

その点、ネットであれば混雑状況など関係なしに増額を申込むことができます。

アコムの増額審査時間についてはこちらでより詳しく解説しております。
▶▶アコムの増額審査でかかる時間と最短にするコツ

アコムの増額案内(お知らせ)について

一定期間アコムを利用していると、アコムの担当者から「増額案内」が届きます。

増額案内の届き方は3つあります。

  • 電話(スマホ/携帯宛)
  • むじんくん・アコムATM
  • メール(会員サイト)

この中でも、電話やメールで増額案内を受け取ることが多いです。

ただ、注意点があります。

増額案内が届いたからといって、100%増額できるワケではないんです。

案内に従い増額を申込んでも、通常通り審査が行われます。

この審査の結果次第では、増額できないこともあります。

また、限度額が引き下げられる可能性もあります。

なので、増額案内が届いたからといって、闇雲に申し込まない方がいいですよ。

※アコムの増額案内については、こちらのページで詳しく解説されています。
▶▶アコムの限度額 増額/増枠案内のお知らせが届く理由と対応について

【増額審査の結果が待てなかった私はこんな対策をとってました】

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

追加融資と増額の違い

ここでのポイント

  • 追加融資は限度額の範囲内で何度でも受けられる
  • ただ、限度額を超えての追加融資はできない
  • その場合は「増額」を申込む必要あり

設定されている限度額の範囲内であれば、繰り返し融資(追加融資)を受けることができます。

遅延や延滞などで利用停止とならない限りは、何度でも追加融資を受けることができます。

ただし、限度額を超えて追加融資を受けることはできません。

現在の限度額が20万円だとしたら、どんなに頑張っても20万円までしか融資を受けることができません。

「限度額に達しているけど、あと1万円だけ融資を受けたい…」

という時は、増額を申込む必要があります。

増額を受けて限度額がアップすれば、さらに追加融資を受けることができます。

ただし、追加融資を受ける=お金を借りるワケですから、返済負担が大きくなります。

なので、むやみに借りすぎないよう注意しましょう。

アコムの追加融資についてはこちらでより詳しく解説しております。
▶▶アコムで追加融資を受ける方法|限度額に達した時の対処法

増額審査でも在籍確認は行われる?

アコムの増額審査では、在籍確認が行われないことが多いです。

契約時と同じ勤務先で働いている場合は、在籍確認なしで増額することができます。

ただし、下記に該当する場合は、増額審査の時も在籍確認が行われます。

  • 転勤・出向して勤務地が変わっている
  • 転職して勤務先が変わっている
  • 希望する限度額が大きい

勤務地・勤務先が変わった場合は、ほぼ間違いなく在籍確認が行われます。

本当にその会社に勤めているのか?そもそも会社がちゃんと存在しているのか?

といったことを確かめる審査ですからね。

とはいえ、在籍確認の流れは新規申込みの時と同じです。

担当者の個人名で電話がきますから、アコムを利用していることが職場にバレる心配はありません。

※増額審査における在籍確認については、こちらのページで詳しく解説されています。
▶▶アコムの増額に在籍確認は不要!要注意な3つのポイント

増額を申込むタイミングはいつがいいの?

ネットであれば24時間365日、むじんくんであれば土日祝日も増額を申込むことができます。

アコムを利用しているなら、いつでも好きなタイミングで申込めるのですが…

申込むタイミング・時期によって、増額審査に通過できる確率が異なります。

では、増額審査に通過するためには、どのタイミングで申込めばいいのか?

ベストなタイミングは、下記の条件をすべて満たした時です。

  • アコムを利用しはじめて6ヶ月以上経っている
  • アコムから増額案内が届いた
  • 契約時より年収が上がった
  • 同じ勤務先に1年以上勤めている
  • 他社借入を完済した

とはいえ、5つすべて満たすのは難しいです。

なので、最低でも満たしておきたいのは「1、4、5」の条件です。

それぞれの条件について、簡単に確認しておきましょう。

アコムの増額を申し込むタイミングについては「なぜ6ヶ月なのか」「増額申し込む時の注意点」も含めこちらでもより詳しく解説しております。
▶▶アコムの増額を申込むタイミングはどれくらいの期間が目安なのか

増額はいいことだけじゃない|増額手続きをする3つのリスク

ここでのポイント

  • 限度額が下がる可能性がある
  • 利用停止になる可能性がある
  • 総量規制にふれる可能性がある

アコムの増額審査に通過できれば、すぐに限度額がアップされます。

今までよりも使えるお金が増えるので、メリットが大きいように思えますが…

その反面、リスクも伴います。

増額を申込むにあたって生じるリスクが下記の通りです。

1.限度額が下がる可能性がある

増額を申込んだにも関わらず、限度額が引き下げられることがあります。

この原因としては、過去に遅延や延滞をしたことがある、契約時より年収が大きく下がっているなどがあげられます。

2.利用停止になる可能性がある

これまでの利用状況に大きな問題がある場合は、利用停止になる可能性があります。

そうそう利用停止になることはありませんが、長期間の滞納などを過去にしている場合などは注意が必要です。

3.総量規制にふれる可能性がある

アコムなどの消費者金融は「総量規制」の対象です。

アコムだけでなく、他の消費者金融やクレカのキャッシングを利用している場合は、総量規制にふれる可能性がでてきます。

総量規制にふれると、限度額引き下げや利用停止になる危険があります。

アコムの増額審査に落ちやすい人の特徴

アコムの増額審査に通りやすい人がいる一方で、審査に落ちやすい人(通れない人)もいます。

どんな人が審査に落ちやすいのか?というと、主な特徴が下記の通りです。

  • 利用期間が6ヶ月未満
    →信用情報機関に記録が残ったままだから
  • 利用額・回数が少ない
    →実績不足と判断される
  • 返済に遅れたことがある
    →返済能力に問題ありと判断される
  • 他社でも返済に遅れたことがある
    →利用状況に問題ありと判断される
  • 他社借入額・件数が多い
    →総量規制にふれる可能性がある

アコムの利用(借入・返済)はもちろんですが、他社の利用にも注意が必要ということが分かると思います。

「メインで使ってるのはアコムだし、他はちょっとくらい返済に遅れても…」

と安易に考えるのはNGです。

他社も利用している場合は、そちらの返済も絶対に遅れてはいけません。


サブコンテンツ