auで引き落としが足りなかった場合の適切な対応方法まとめ

auで引き落としが足りなかった場合の適切な対応方法まとめ

au料金の「引き落とし」が足りなかった!

そんな時、焦ってしなくてもいい対応や、逆に手間のかかることをしてしまいがちです。

「au携帯電話(スマホ)」は生活のインフラなので、放置しすぎてauに電波を止められたり、ブラックリストに入らないように適切な対処をしましょう。

引き落とし周りでのミスは、たとえうっかりミスでも、避けないといけません。

今回は「au料金引き落としにお金が足りなかった時」に適切な対応ができるよう情報と手順をまとめました。

au引き落としが足りなかった時の適切な対応

ここでのポイント

  • 対応1:KDDI auに連絡→状況を伝える
  • 対応2:いつまでに何をすればいいか確認
  • 対応3:引き落としに足りない分のお金を準備

au料金の引き落としのお金が足りなかった時の適切な対応として、3段階でまとめていきます。

対応1:KDDI auに状況連絡

本当に引き落としができなかったのか、実はできているのか、引き落としの日付が実は翌週の月曜だったとか、把握していた金額と差がないか、といったことを確認するためにauに連絡しましょう。

もし、自分でもわからなくても、混乱していたとしたらプロのコールセンターの対応で、落ち着くことができます。

お金だけの問題ではありません。

もしかしたら仕事や生活に必要なauの電波を止められてしまう寸前の状態だったかもしれません。現在の自分の立たされている状況というのを確認する意味でも、auに連絡は必要です。

auのお客さまセンターはAM9:00~PM20:00の営業になっています。平日のお昼休みはとても混み合うので時間を外してかけましょう。電話が込み合うパターンは次の3つです。

  • コールセンターの営業が始まる朝一番の9時ごろ
  • 社会人のお昼休み時の12時から13時ごろ
  • 営業の終わりかけに駆け込みで電話が殺到する

auスマホ、携帯電話からかける時は「157」ダイヤルで電話がかかります。

事情があってau携帯ではない、固定電話からかけるなら「0077-7-111」になります。

対応2:いつまでに何をすればいいか確認

auに連絡をしたら、内容をメモにして忘れないようにしましょう。

電話をしながらメモを取るのが苦手な人のために、あらかじめ5W1Hや、やることリストを模した枠を用意しておくと、電話が苦手な人でも楽になります。

電話の内容が頭に残らなかった場合にも、有効ですね。

電話をかける前に確認する内容チェック

Situation 状況・現段階でどういう立場なのか
Limit 期限・いつまでにしないといけないのか
Preparation 何を(いくらを)用意しないといけないのか
Where 特定の場所じゃないといけないという制限があるのか
TO DO やらなければいけないことの箇条書き
CAUTION 注意しなければいけないことの箇条書き

こういった「スムーズに必要な情報をまとめておく」ことで、やらなければいけないことを忘れないようになります。

また、オペレーターに「他に質問がないですか?」と聞かれた時、何の質問をしていいのかわからないですよね。

そんな時は「自分と同じ状況になった人がよく質問すること、知っておいたほうがトラブルにならないことを教えて下さい」という聞き方をしましょう。

無知の知(何を知らないといけないのかを知らない)という状況を超えるための魔法のワードです。

さすがプロのコールセンターの人でも、その人によって立たされている状況が細かく異なるので、「こういう状況の人は知っておいたほうがいいことだけれど、聞かれていないことは教えたほうがいいと想像つかない」ということです。

メモを書いたら、メモを無くした時のためにスマホのカメラでメモを撮影しておくのも忘れずに!

対応3:引き落としに足りない分のお金を準備

対応1」「対応2」をクリアしたならば、いつまでになにをすればいいのかが明確になっていると思います。

次に引き落としに足りない分のお金を準備することを考えましょう。

引き落としに足りないお金を準備

対応2」の段階で、
1万円足りないのか、
2万円足りないのか、
3万円足りないのかといった、具体的な金額がわかっているはずです。

あらかじめ設定をしておくと「KDDI/au料金のお知らせ」メールに請求金額が送られてくる、というサービスがあります。

ぜひ登録して、翌月からは気をつけましょう。

メール通知の時点で

「いつもより引き落とし金額が大きいな」

「銀行口座に用意しないといけないお金が判断できるな」

ということに気づくことができます。

できるだけ適切な方法をとって無難に収めたいですよね。

お金を用意する手段

次に考えるのはお金を用意する手段です。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

現金を用意する3つの方法

  1. モノを売る:すぐに現金が手に入るが、換金性の高い売るモノがないとできない(例:貴金属、ブランド品)
  2. スキルを活かす:バイトを含む、家事代行やちょっとしたお手伝いサイト、ハンドメイド品を売るなど。現金が手に入るまで時間がかかる。
  3. お金を借りる:すぐに現金が手に入るが、お金が増えたわけではないので返済時に利息が発生。持っているクレカなどに枠があれば敷居は低い。

難易度が圧倒的に低いのは、スピード感も高い「1.モノを売る」である。

リサイクルショップや質屋に貴金属やブランド品など、高価なもの、転売可能なものをお持ちこむとその場で査定して、すぐに現金を引き換えにしてもらえる。

逆に「2.スキルを活かす」だと、どうしてもバイトをする感覚に近いため、お金をもらえるまでに時間がかかってしまう。

お手伝いでお小遣い稼ぎ!のようなアプリも増えていますが、確実に依頼があったり、コンペで勝てるわけではないため、もらえる金額が安いことも多いです。

結果的に時間と労力だけかかるのはいただけないですね。

3.お金を借りる」のは難しさやスピード感は問題ない。

引き落としにあてる現金をとりあえずスグに用意するという点では、とても使える方法です。

お金を用意する点では確実性があるが、返すアテがない人には難しい。

auの引き落としに間に合わせる/間に合わないなら最速で返済する

auの引き落としにお金が足りなかった時、お金を間に合わせる方法や、間に合わないならどうしたらいいのか、をまとめてきました。

できるだけなら借金というイメージが強いキャッシングやカードローンは避けたいかもしれませんが、この2つは定期収入のある社会人がうまくやりくりするにはとても都合のいい仕組みです。

給料日よりもauの引き落としの日が先に来てしまう、など、お金が早く必要になった場合は、こういった手段もある、ということを頭にいれておいたほうがいいかも知れません。

まとめ

  • 引き落としのお金が足りなかったらauへ連絡
  • いつまでに何をすればいいか確認
  • お金を用意する方法はいくつかある
  • 時間の余裕がまだある場合、ない場合で使える手段が変わる
  • 定期収入のある社会人なら問題なく返済できるので「お金を借りる」ことも視野に

auの引き落としにお金が足りない!と思った時はパニックになってしまいますね。

対応を間違えたり、忘れてしまったら、携帯電話が止まるかもしれないとも連想されます。

大切なのは冷静に「今一番ベストの選択をすること」です。

引き落としに間に合わないことをくよくよする必要はありません。

しっかりとauに相談をして、期日までにお金を用意すれば携帯が使えなくなるなんてことはないのですから。

そのほうが、あなたの「クレジットカード」「銀行口座」の信用履歴にキズがつきません。

お金に絡んだ「信用」というのはできるだけやりくりをして、下げないようにしたいですよね。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

問い合わせの多かった○○をまとめてみました。

当サイトでよく読まれるコンテンツ集

  • カードローン 体験談 全記事下のバナー
  • カードローンランキング top 全記事下のバナー
  • 経験者即日融資 全記事下のバナー

■上と下の記事の違い
■↑上 ネット申込+無人契約機を併用するので、受付時間以内であれば土日祝かかわらず借り入れできる。
■↓下 ネットで申込み、家にいながら借入ができる。(即日で借入できるかは条件による)

  • 来店不要 即日融資 全記事下のバナー
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローン・キャッシング小ネタ


サブコンテンツ