他社借入の方法

【借入複数】カードローンは2件,3件同時にお金を借りられるのか 他社借入するためのポイント

「お金が足りない・・他のところでも、カードローンで貸してくれないかなぁ?」

すでに1社でカードローンを組んでいて、それでもお金が不足している場合。

これ以上借りたら良くないというのはわかっているけれど、でもお金って必要ですよね。

僕自身が経験しているので、すごくよくわかります。

「他社借入ってどうなの?」「2社も3社も貸してくれることは可能?」

他のカードローンでも借り入れしたい方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

借入複数をすることは、そもそも可能?

ここでのポイント

  • 他社から借りていても新たに利用はできる

基本的には借入複数、他社借入つまり他社で借りていても、他の金融機関からお金を借りることは可能です。
※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

実際にここのダメ管理人(当時年収400万程度)は

アコム25万円(最終的には100万円)
プロミス20万円(最終的には50万円)
アイフル25万円
その他に数社

合計100万円以上を借りることに成功しています。(今は完済済み)

まあ、自慢できるようなことではないかもしれませんが、管理人が実証ずみです。

複数の金融機関から2社3社と同時にお金を借りること自体には問題がありません
※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

何件まで同時にお金を借りられるの?

ここでのポイント

  • 一般的には2〜3件まで
  • 3件を超えると審査に通りにくくなる
  • 他社借入件数も審査のポイントになる
  • 総量規制で借入総額は年収の3分の1まで

何件まで同時に借入ができるのかの目安としては、一般的には「2~3件」までです。

基本的には他社借入には問題はありませんが、だからといって何件も借りられるわけではありません。

借入件数が多いほど審査が通りにくくなることは頭に入れておきましょう。

当然、新規で借入を申し込む際には「審査」があります。審査の際に「他社借入件数」も重要なポイントになります。

借入件数が多いほど借入総額も大きくなり、「返済が大丈夫なのか?」とマイナス評価されるからです。

また、借入件数も大事ですが「総量規制」に該当しないかも大事なポイントです。総量規制によって、借入総の総額が「年収等の3分の1」までに制限されています。

借入件数の総額が、年収の3分の1を超えてしまう場合は借入ができないのです。

件数も抑えることが大事ですが、一度ご自身の年収と借入額をチェックしてみると良いでしょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

借入複数社「同時に申し込んでも」借りられるの?

ここでのポイント

  • 同時に申込むのは審査では不利になる
  • 申込の情報も「個人信用情報」で共有される

「とりあえず、お金を借りられるところを、片っ端から申し込む」という考えはオススメできません。

複数社に「同時に申し込む」のは審査で明らかに不利になります。

なぜなら、カードローンを申込みした情報は「個人信用情報」で共有されているからです。

たとえばA社に申込みをして場合、B社C社にも申込みしていることはA社にすぐバレます。

「この人は、同時に色々なところに申し込んでいる。切羽詰まっているのかな?返済能力はあるのかな?」と審査にマイナスになります。

たしかに審査に落ちた経験があると、とにかく「数打ちゃあたる」という気持になるのはわかります。ですが、確実に1社1社審査を通す方法を考えた方が賢明です。

もしどうしても早くお金が欲しい場合なら、「1件ずつ、期間を空けて」申込みしましょう。

カードローンの申込み記録は6ヶ月間「信用情報機関」に残るため、半年待ってから申し込みするのが理想です。

どうしてもそこまで待てないなら3ヶ月、1ヶ月は最低空けるようにしましょう。

※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

他社借入するときの審査に通るポイント

ここでのポイント

  • 他社借入の件数はできるだけ少なくする
  • 返済遅れをなくす
  • 同時に申し込むのは辞める

他者借り入れをする際に、審査に通るためのポイントは上の3つです。

まずは、借り入れの件数をできるだけ絞りつつ、同時に今借りているカードローンの返済遅れがないようにすることが大事です。

いくら確実にお金を借りたくても、同時に申し込むと審査にマイナスになるのでやめましょう。

まとめ

  • 他者借入をそのものは可能
  • 一般的には2〜3件まで、3件を超えると審査に通りにくい
  • 総量規制で借入総額は年収の3分の1まで
  • 同時に申込むのは審査では不利になる
  • 審査に通るには「借入件数を少なく」「返済遅れに注意」「同時に申し込まない」

今借りている金融機関以外にも、他者借入を行うことは可能です。

ただし、3件を超えると審査に通りにくくなるので注意しましょう。

同時に複数社の借り入れを申し込むのも審査にはマイナスになります。

借り入れ件数を少なくしつつ、今のカードローンの返済遅れがないように気をつけながら、新規申し込みをしましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-他社借入の方法

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5