アイフルでお金を絶対に借りるための条件とは

「お金がどうしても必要。アイフルなら絶対借りられる?」

急な出費があったり、他に返さなければならないお金があったり。

人によって事情は違えど、まとまったお金が必要になることがあるもの。

テレビのCMでもやっているアイフルで借りたいけれど、確実に借りられるか不安になっていませんか?

ここでは、アイフルでお金を借りるための条件について、くわしく紹介したいと思います。

今すぐお金が必要/あまり時間が無い人はこちら

三井住友フィナンシャルグループ
プロミス
当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での即日借り入れが可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
プロミス
4.5~17.8
500万
最短30分
最短1時間
多くの人に選ばれる3つの理由
  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感

絶対にアイフルのカードローンで借りるための条件

ここでのポイント

  • アイフルで借りるには審査に通らないといけない
  • アイフル以外でも、カードローンは審査が必要
  • 審査では「個人信用情報機関」の情報をチェックされる
  • 審査に通るには「個人信用情報」での条件クリアが必要

アイフルで絶対に借りるための条件。それはアイフルの審査を通過しなければならないということ。

「アイフルって消費者金融だから、もっと簡単に貸してくれないの?」と期待されていたかもしれませんが・・

たしかに消費者金融は早く貸してくれることもありますが、必ず「審査」を通します。

アイフルに限らずどこの消費者金融でも「審査に通らなければ」お金を貸してくれません。例外的に審査がなくていいのは「闇金」だけです。

「闇金」でお金を借りることは絶対にオススメしません。

「審査がないところを探す」のではなく「どうやったら確実にアイフルの審査に通るのかを知って対策をする」ことが、絶対に借りるための条件です。

審査では「個人信用情報機関」の情報がチェックされる

アイフルのカードローン審査では、「個人信用情報機関」の情報をチェックします。

個人信用情報期間では、「クレジットやローンの契約状況」「借入・返済状況」や「本人に関する情報」などを管理しています。

どの金融業者でも最低2つ以上の「個人信用情報機関」に加盟しており、審査のときにはそこから「個人信用情報」を照会するのです。

個人信用情報機関について(詳細はここをタッチ)

日本にある信用情報機関は、以下の3つがあります。

  • CIC:シー・アイ・シー:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • JICC:日本信用情報機構:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター:銀行(金融機関)が主に加盟

ちなみに、消費者金融と銀行カードローンでは、加盟しているところは違います。

大手消費者金融(アコム、プロミス、アイフル)はいずれも、CICとJICCに加盟しています。

銀行カードローンでは、CIC・JICC・KSCのいずれか2つ以上に加盟しています。

審査に通るには「個人信用情報」での条件クリアが必要

審査は、個人信用情報機関から取り寄せた「個人信用情報」をもとに行われます。

アイフルのカードローン審査では、個人信用情報を見ながら条件をクリアしているかを判断します。

どのような個人信用情報を確認しているのかは、下記の6つになります。

  • 収入(安定してるか勤続年数)
  • 返済実績(返済遅れとかないか)
  • 総量規制内か
  • 他社の借入状況
  • 申込情報が正しいか
  • 在籍確認

どのような情報がチェックされるか知っておき、事前に対策できるものは対策をすることで、審査に通りやすくなります。

では、それぞれの項目について、具体的に見ていくことにしましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

収入(詳細はここをタッチ)
まずチェックされるのは「本人の収入」です。

お金を貸すわけですから当然、年収が多いほど『返済能力がある』とプラスに判断されます。

さらに「安定した収入」があるかも大事なポイントです。

同じ職場に長く勤めている人ほどプラスに評価され、お金を貸してもコツコツ返してくれると判断されます。

長く勤めているといっても、何十年も働いていることが必須ではありません。2~3年以上が一つの目安と言われています。

返済実績(詳細はここをタッチ)

もし過去に一回でも、他社のカードローンでの返済遅れがあると、審査では大きくマイナス評価をされます。

返済遅れといっても、1日から数日程度の「うっかり遅れ」であれば、それほどマイナスの影響はありません。

ただし2ヶ月以上の遅れをすると『延滞』扱いになり、大きなマイナスに。

仮に2ヶ月以内の返済であっても、返済遅れを何度も繰り返すと「延滞」と同じように判断され審査に通りにくくなります。

総量規制内か(詳細はここをタッチ)

総量規制という規制があるため、「借入総額が、年収の3分の1を超えない」ことも重要なポイントです。

他社を含めた借入総額がオーバーしてしまうと、審査に落ちてしまいます。

他社の借入状況(詳細はここをタッチ)

「他社で利用金額が多い」「他社で返済遅れをしている」などの問題がある場合は、審査に通りにくくなります。

個人信用情報機関によって、他社の利用状況が全てわかってしまうのでごまかせません。

可能であれば、他社の返済を少しでも返す・整理するなどしましょう。

申し込み情報が正しいか(詳細はここをタッチ)
ネットにせよ郵送にせよ、申し込み情報を正確に記入するようにしましょう。

案外やってしまいがちなのが、入力ミス(誤字脱字)。パソコンやスマホ入力でも、間違う時は間違えます。

他にも年収を必要より多めに書いてしまったり、勤続年数などを適当に書いてしまうのはNG。

申し込み情報が不正確ですと確認のために審査に時間がかかるだけでなく、場合によっては審査にマイナスになります。

在籍確認(詳細はここをタッチ)
アイフルに限らずどの消費者金融も、本人が勤務先に所属しているか「在籍確認」を行います。

あなたがその会社で本当に勤務しているか、本当にその会社が存在するか?をたしかめるためのものです。

「あなた宛に、会社に電話が来ます」ので、しっかり対応しましょう(電話に出て返答すればいいだけです)。

なお、電話はカード会社の名前ではなく「担当者名」できますので、その点はご安心を。電話だけで他の社員にバレることはありませんので。

以上、6つの項目についてご紹介しました。

もしこれらの条件をクリアできていないのであれば、お金を借りる以外の方法を考えることも検討しましょう。

審査が早くて通りやすいのは銀行カードローンよりアイフル(消費者金融)

ここでのポイント

  • カードローン会社によって審査の厳しさには差がある
  • 銀行は金利が安いが、審査が厳しい
  • 消費者金融は金利が高いが、審査が通りやすい・早い
  • 信用情報に不安がある・急いでいる人は消費者金融を

カードローンの審査の際には「個人信用情報」がチェックされますが、カードローン会社によって『審査が厳しい所と、そこまで厳しくないところ』に分かれます。

カードローンには銀行と消費者金融があり、一般的に審査が厳しいのは銀行の方です。

特に最近は、銀行カードローンで規制がかかったためさらに審査が厳しくなりました。

消費者金融より金利が低いというメリットがあるものの、「審査が通りにくい」「時間がかかる」のが銀行のカードローン。

一方の消費者金融(アイフル)は、金利こそ銀行より高いものの、「審査が比較的通りやすい」「審査結果が出るのが早い」というメリットがあります。

お急ぎの方 もしくは ご自身の信用情報に不安がある方は、消費者金融をオススメします。

アイフルはアコムやプロミスと比較して審査が甘い(借りやすい)?

ここでのポイント

  • 審査の厳しさはどこも変わらない
  • 審査通過率も大手は横並び

「審査が甘いところがあれば、そこで借り入れするのもアリかな?」

結論からいいますと、「アイフルだから審査が甘い、プロミスだから厳しい」ということはないのです。

銀行のカードローンよりは甘いですが、消費者金融同士で比べると、大きな差はありません。

消費者金融が公表している「カードローン審査の通過率(成約率)」で判断する方もいますが、大手はほぼ横並びで毎月変動するので、あてにならないと考えてください。

ただ、審査の厳しさは変わらないとしても、消費者金融から借りるなら「アイフル」をオススメする理由があります。

消費者金融で借りるならアイフルがよい理由

ここでのポイント

  • 在籍確認なしでもOKと柔軟に対応
  • 融資可能か「1秒診断」ができる

他の消費者金融よりアイフルで借りた方が良い理由は、上記の2つです。

消費者金融で借りるならアイフルがよい理由(詳細はここをタッチ)
まず1つ目。

申し込み時に必ずある「会社への在籍確認」を「書類提出」で代用してもらえます。

審査に融通を効かせてくれるので、「会社に電話されたくない・・」という方にはありがたいもの。

ただし注意点として、申し込み時にアイフルに「在籍確認を希望しない」旨を伝えることが必要です。

そして2つ目。

アイフルの場合は事前に「融資できるかどうか診断」できる「1秒診断」というサービスがあるのも特徴。

インターネットの画面で4つの項目を入れるだけで、結果がわかります。

スマホ片手にその場で融資ができるかどうかがわかるので、無駄な申し込みをしなくて済むのです。

(※ただし、「融資可能か」を判定する”事前診断”であり「審査の通過」を保証するものではありません)

審査の面ではどの消費者金融でも変わりませんが、アイフルで借りるメリットがいくつかありますので、借り入れ候補を選ぶ際は参考にしてみてください。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

まとめ

  • アイフルでお金を借りるには審査が必須
  • 審査なしは「闇金」だがオススメしない
  • 審査に通るには「個人信用情報」での条件をクリアすること
  • 審査が早くて通りやすいのは消費者金融
  • アイフルならではのサービスがある

アイフルで絶対にお金を借りるには、「審査」は避けて通れません。審査項目をしっかりチェックして、事前に対策をしっかりしましょう。

お金を『絶対に』借りたいからといっても、『絶対に』闇金に手を出してはいけません。

僕はカードローンを借りようとして審査がないところを探し、闇金の一歩手前で踏みとどまりました。

今では借金はすべて返し終わって、平和な日々を送っています。「あのとき、闇金に借りなくて『本当に』よかったな」と思ってます。

だからこそ、審査をしっかりと受けてお金を借りることを強くおすすめします。

今すぐお金が必要/あまり時間が無い人はこちら

三井住友フィナンシャルグループ
プロミス
当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での即日借り入れが可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
プロミス
4.5~17.8
500万
最短30分
最短1時間
多くの人に選ばれる3つの理由
  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感


問い合わせの多かった○○をまとめてみました。

当サイトでよく読まれるコンテンツ集

  • カードローン 体験談 全記事下のバナー
  • カードローンランキング top 全記事下のバナー
  • 経験者即日融資 全記事下のバナー

■上と下の記事の違い
■↑上 ネット申込+無人契約機を併用するので、受付時間以内であれば土日祝かかわらず借り入れできる。
■↓下 ネットで申込み、家にいながら借入ができる。(即日で借入できるかは条件による)

  • 来店不要 即日融資 全記事下のバナー
■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

カードローン・キャッシング小ネタ

イオンで買い物をする方はこのカードがおすすめ


サブコンテンツ