横浜銀行

横浜銀行カードローンの返済を延滞した時の対応と発生するペナルティ

返済は必ずしなければならないと分かっているけれど、つい支払いを遅らせて、延滞してしまった。

こんなとき、横浜銀行カードローンの場合は、どうしたらいいのでしょうか。

この記事では、横浜銀行カードローンの返済を延滞してしまったときに気になる

「遅延と延滞の違い」
「延滞してしまったときにするべきこと」
「延滞するとどんなペナルティがあるのか」

このような点についてまとめています。


遅延と延滞の違いについて

ここでのポイント

  • 金融用語の「遅延」「延滞」は違う意味
  • 遅延が長期にわたると延滞となる
  • 短期間の返済遅れも、常態化すると即延滞扱いになりうる

一般的な「遅延」「延滞」という単語は、どちらも「遅れる」という意味。

ですが、金融用語としては

  • 遅延:短期間の返済遅れ
  • 延滞:返済日から61日以上あるいは3ヶ月以上にわたる返済遅れ

と、違う意味になっています。

とはいえ、この基準はあくまでも目安。

実際にどこから延滞とみなされるかは、各金融機関が独自の裁量で決めても良いことになっています。

ですから、短期の遅延だからと甘く考えて、何度も繰り返していれば、延滞記録をつけられる可能性も十分ありえます。

関連記事
今のところ延滞ではないけれど、入金が数日遅れている…。そんなときの対処法はこちらの記事にまとめています。
▶▶▶横浜銀行カードローンの返済に遅れた時の対処法と生じる問題

横浜銀行カードローンの延滞をしているときは連絡を!

ここでのポイント

  • 返済が遅れているときは横浜銀行に電話する
  • 今すぐ返済ができなくても連絡を

延滞をしてしまっていることに気づいたときは、すぐに「横浜銀行カードローンプラザ」に電話で連絡をしましょう。

支払いができるのであればすぐに返済するのがいちばん良いのですが、今すぐに返済ができない場合も同様に連絡が必要です。

【横浜銀行カードローンプラザ】
電話番号:045-225-1981
受付時間:銀行窓口営業日の午前9時~午後7時

支払いのめどが立っている場合であれば、現在は延滞をしているが支払う意思があること、いつ頃なら支払えるのかを伝えます。

いつ支払いができるのかわからない場合であっても、絶対にそのままにしておいてはいけません。

現在の状況を正直に説明し、相談に乗ってもらいましょう。

横浜銀行カードローンの返済を延滞した時に発生するペナルティ

ここでのポイント

  • 延滞は遅延よりも厳しいペナルティが発生する
  • 返済しないままの音信不通は絶対に避ける

横浜銀行カードローンの返済が「延滞」となった場合、「遅延」のペナルティに加え、さらに厳しい処罰が課せられます。

それまでの状況によって、延滞状態になる前でも重いペナルティになることもありますが、基本的には時間の経過とともに積み重なっていくものです。

返済が遅れるほど、過酷な状況になっていくと言えるでしょう。

遅延損害金の発生

遅延時から発生するペナルティのひとつ。

返済日の翌日から、罰金として支払い義務が発生します。

横浜銀行カードローンの場合は、年率18%の日割り計算で、元金と利息にプラスして支払うことになります。

カードの利用停止

こちらも遅延時から発生するペナルティ。

銀行が入金遅れを確認すると、カードの利用が停止されます。

常習性のない短期間の遅れであれば、遅延損害金を含めた遅延分を支払うことで、また利用できるようになる場合もあります。

郵送での入金案内

返済日を過ぎると、数日後にはがきで入金の案内が届きます。

できるならこれ以上は支払いを遅らせず、この段階で振り込むのが良いでしょう。

お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

電話での入金確認

支払いがなく、また連絡もない場合は、まず契約時に登録した携帯・スマホへ連絡があります。

携帯やスマホへの電話で連絡が取れない場合、自宅および勤務先へ電話がかかってくることに。

このとき、「怒られるのでは…」「支払えないのに電話に出たくない…」と思ってしまいがちですが、支払いが難しい場合でも丁寧に対応してもらえます。

無視せず、きちんと事情を話して相談に乗ってもらうようにしましょう。

個人信用情報機関への延滞情報の登録

延滞になった場合の最も重大なペナルティが、この延滞情報の登録です。

個人信用情報機関へ延滞情報が登録されると、その機関に加盟しているすべての金融機関で、延滞情報を閲覧できる状態になります。

このため延滞をしてしまうと、それが他社であっても、クレジットカード・ローンの新規契約、増額、更新などが難しくなる可能性があるのです。

利用限度額の減額・強制解約

延滞は、返済能力が下がったとみなされる大きな一因。

ですから、それにともなって限度額が減額される可能性や、強制解約となる可能性もあります。

その後、延滞分を完済したとしても、元の利用限度額に戻すことや再契約はとても困難になります。

一括請求・差し押さえ

延滞の状態になってしばらく経つと、「督促状」や「催告状」といった書面が郵送されてきます。

この段階で連絡がつかない状態だと、残債を一括請求されることも。

その後、銀行でなく裁判所から「支払督促状」が届き、異議申し立てをしなければ、給与などを含む財産が差し押さえられてしまいます。

こうなる前に、銀行との連絡はきちんとするようにしておきましょう。

関連記事
返済を遅らせた時に「他のカード」「各種ローン」「携帯電話の契約や賃貸契約」へどのような影響を与えるのが詳しく調べてみたのでこちらの記事も参考にしてみてください。
>>延滞すると他のカードやその他ローンにどんな悪影響がある?

横浜銀行カードローンの返済を延滞した時にまずやるべき対処法

ここでのポイント

  • すぐに電話連絡する
  • かかってきた電話には出る。出られないときはかけ直す

横浜銀行カードローンの返済を延滞している場合は、まず銀行に連絡をしましょう。

【横浜銀行カードローンプラザ】
電話番号:045-225-1981
受付時間:銀行窓口営業日の午前9時~午後7時

数か月延滞している状態であれば、連絡はとてもしにくい心境でしょう。

支払いのめどが立っていないかもしれません。

ですが、同じ入金がない状態でも、音信不通と連絡が取れている状態とでは、銀行側に与える印象は全く違います。

返済の意思があると判断されれば、いくらか譲歩した対応をしてくれることもありえます。

連絡をしないこと・来た連絡に応えないことだけは、絶対にしないようにしましょう。

まとめ

  • 61日以上あるいは3ヶ月以上の返済遅れが延滞と呼ばれる
  • 支払いが遅くなればなるほど、ペナルティは重くなっていく
  • 延滞をしているときは横浜銀行との連絡は怠らない

支払いをしたくてもできず、時間がたつほどにペナルティは重くなり、精神的にも追いつめられる…。

延滞を続けるのは辛いものです。

ですが、銀行との連絡だけは必ずとるようにしていれば、最悪の事態は避けられる可能性があります。

来た連絡は無視せず、真摯に対応するようにしましょう。

お金が足りないからこの返済は後回しにしよう

お金に苦しい時そう思いがちですが、返済を遅らせてしまうとのちのち取り返しのつかない不利な状況になるので絶対ダメです。

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

今すぐお金が必要/あまり時間が無い人はこちら

三井住友銀行グループ
プロミス
当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
プロミス
4.5%~17.8%
500万
最短30分
最短1時間
多くの人に選ばれる3つの理由
  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感
※仮審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒仮審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

■管理人の体験談■

実際に管理人は、 他社から80万円借りている状況で
  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入
ができた経験があります。

-横浜銀行

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5