イオンカード

イオンカードの返済をあとからリボ払いに変更する方法と注意点について

手元に現金がなくとも買い物ができ、ポイントが貯まるなどのメリットもあるクレジットカードは、以前よりもずっと気軽に利用できる支払い方法になってきています。

ですが、気軽に使えるがゆえに、いったん他の方法で決済したものの、一括での支払いが難しくなり、あとからリボ払いに変更したくなった経験がある人もいるでしょう。

そんなとき、イオンカードではどのように手続をすればいいのでしょうか。

イオンカードの利用時、あとからリボ払いにする時の変更方法や注意点をまとめてみました。

イオンカードの「あとからリボ払い」について

イオンカードでは、ショッピング枠の支払いのうち、決済時に「一回払い」または「ボーナス払い」を指定したものに限り、あとからリボ払いに変更することが可能な「リボ変更サービス」を行っています。

リボ変更サービスには以下の3種類があります。

  • 【明細指定リボ】利用明細の1件単位で指定し、リボ払いに変更
  • 【期間指定リボ】一ヶ月単位で期間を指定し、リボ払いに変更
  • 【全リボ】一度の登録でその後の支払いをすべてリボ払いに変更

この中から、自分に合った方法を選んで、設定しましょう。

変更手続きはインターネットかアプリ、もしくは電話で行います。

リボ変更サービスの変更締切日はその月によって違う場合がありますので、よく確認してから申し込むようにしましょう。

インターネットであとからリボ払いにする方法

イオンカードでインターネットから「リボ変更サービス」を申し込む時は、

①イオンカード公式「暮らしのマネーサイト」にアクセスし、MY PAGEを開く

②MY PAGEにログイン後、上部メニューの「リボ変更申込み」を選択

③希望するリボ払い選択

という手順になります。

その後、

・明細指定リボであれば、希望する明細を指定して申し込み

・期間指定リボなら1ヶ月単位で期間を指定して申し込み

・全リボならそのまま申し込み

という流れで設定は完了です。

このほか、明細指定リボにしたい場合は、

①イオンカード公式「暮らしのマネーサイト」にアクセスし、MY PAGEを開く

②MY PAGEにログイン後、画面トップの「ご利用情報」から「最近のご利用内訳」に進む

③リボ払いにしたい掲載項目にチェックを入れ、「チェックした明細をリボに変更する」を選択して手続きする

という手順で申し込みすることもできます。

アプリであとからリボ払いにする方法

  • イオンカードスクエアメンバーIDとパスワードが発行済み
  • カードの登録済み
  • 明細指定リボを利用する

この条件がすべて当てはまる場合であれば、アプリから手続きをすることも可能です。

利用するアプリは、イオンクレジットサービスの公式無料アプリ「イオンウォレット」。

ダウンロード、設定を済ませた後に

①トップページでリボ払いを利用したカードを選択

②ご利用明細内リボ変更(明細変更リボ)から手続きをする

という流れで申し込みます。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

電話であとからリボ払いにする方法

イオンカードのリボ変更サービスを電話で申し込む場合は、「リボ専用ダイヤル」に連絡します。

【リボ専用ダイヤル】

自動音声サービス:0120-778-575(固定電話・スマートフォン・携帯電話:無料)

①カード番号16桁と#を押す

②暗証番号4桁と#を押す

③メニューを確認し、問い合わせ内容にあわせて番号と#を押しす

リボ専用ダイヤルは自動音声応答サービスですから、ネットからなら行える明細指定リボへの変更など、細かな設定ができません

利用の際はイオンカードを手元に準備して、かけ間違いのないよう、ゆっくりと手続きするようにしましょう。

返済をあとからリボ払いにするときの注意点

まず、リボ払いに変更可能なのはショッピング枠の「一回払い」または、「ボーナス一括払い」のみ。

2回以上の分割払いや、キャッシングの利用分をリボ払いに変更することはできません。

また、リボ払い変更サービスには変更締切日があります。

リボ払いにしたかったものができなかったり、逆に一括で支払いたかったものがリボ払いになってしまうということのないよう、いつ変更したらいつからリボ払いになるのか、よく確認してから申し込むようにしましょう。

そして、返済をあとからリボ払いに変更するときの最大の注意点が「総支払い額が増える」「利用額が膨らみやすい」ということ。

リボ払いは手数料が発生するため、一括払いに比べると、支払い総額はかなり増えてしまいます。

そして、特に全リボにしている場合、毎月の利用額より支払い額が少ない状態が続くと、利用額がどんどん積み重なっていき、気づいたときには膨大な金額になっていたということも。

リボ払いを設定する際は、どういう使い方をするのかよく考えてから、できれば緊急時のみに利用するのがおすすめです。

まとめ

・イオンカードのリボ変更サービスは、インターネットとアプリ、電話で設定可能

・「明細指定リボ」「期間指定リボ」「全リボ」の3種類がある

・リボ払いに変更可能なのはショッピング枠の「一回払い」もしくは「ボーナス一括払い」のみ

・リボ払いにすると「総支払額が増える」、「利用額が膨らみやすい」

月々の返済額を一定にできるリボ払いは、支払いコントロールができるメリットがある一方、返済額以上の決済が続けば、あっという間に利用額が膨れ上がってしまうという怖さがあります。

単に月々の支払いが減ると安易に考えず、リボ払いにはデメリットも多いということをよく考えてから設定するようにしましょう。

■あとちょっとお金が足りない人へ■
今月の支払いが重なってて数万円足りない!

こんな時、誰にも知られず素早く一時的にお金を借り入れできると非常に助かります。
私の経験を元に素早く借り入れする方法をまとめてみました。
>>1万円/2万円/3万円/5万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

-イオンカード

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5