【実体験】クレジットカード返済遅れは絶対ダメ!経験者が語る回避するための施策

クレジットカード 返済 遅れ

クレジットカードの返済金額が多すぎてお金が足りない。

足りないものはしょうがないから返済を遅らせるしかないと考えてしまいそうですが・・・

返済遅れは絶対してはいけません。

今回の記事では、返済の遅延をすることで、

  • 自分を追い詰める危険性について
  • 返済の遅延を回避する方法

を自分の経験も交えてまとめてみました。

お金が無いから返済を遅らせちゃえ?

クレジットカードはとても使い勝手がよくついつい使いすぎてしまいます。
(自分の無計画さにうんざり(汗)

支払い明細書を見て、ビックリするというのはよくありました。

クレジットカードの返済額が多すぎてお金が足りないという状況は毎月のようにやってきます。

それまではなんとかやりくりして乗り越えましたが、とうとうお金が足りなくて返済できないという所まで来ました。

この時、『返済するお金ができるまで遅らせちゃえ』という短絡な思考なり、返済を遅延させてしまいました。

その後に起こった不利な状況を経験し
『返済の遅延は絶対すべきじゃないな』と強く思いました。

僕が調べた『遅延をするとどうなる』というのはこんな感じです。

返済の遅延をするとどうなる?

遅延すると1日でもしっかり記録されます。

遅延の事実が記録として残ると借り先からの信用が落ちるため増額したいときや金利を下げたい時に不利になります。

遅延の記録は他の会社でも共有されるので他のカードでの新規借入審査が通りにくくなります。

今は感じることもないでしょうが、いざという時に本当に痛いです。

さらに、遅延が続いてしまうと限度額を下げられる危険性もあり、どんどん不利な状況になってしまいます。

最悪クレジットカードの利用停止もありえます。目の前にある現金だけの生活に変わってしまいます。

今まで借りられていた枠を減らされるのは恐怖でしかありません。

僕は遅延について調べてその怖さからこれは絶対遅延はしてはいけないなと強く思うのでした。

遅延を回避するためにした行動でイメージが変わりました。

遅延はしたくない、でもお金がないそんな僕が遅延を回避するために考えたのが

『銀行カードローンから新規で借入をする』

すでにクレジットカードで〇〇万円を借り入れしているのに、銀行カードローンで借入できるかなという不安もありましたが。

実際には安定した収入があれば、なんなく審査に通って借り入れすることができました。

しかも、返済に困っていたクレジットカードより銀行カードローンの方が低金利なんだと・・・
この時、初めて知りました。

金利のイメージが真逆だったのです。

これが、クレカで返済するより、銀行カードローンで返済することを決めた一番の理由です。

銀行カードローン利用で感じた4つのメリット

1.限度額が下がるリスクが無くなり、余裕が生まれる

キャッシングの返済を遅延してしまうと返済能力の評価を下げることになり、限度額を下げられる可能性があります。

それを避けるために、銀行カードローン で借り入れし、クレジットカードの返済に充てます。

そうすることで、クレジットカードは今まで通りつかえますし、銀行カードローンの方での借入枠も増えるので余裕ができます。

2.カード利用停止の心配が無い

遅延が続いてしまうと、最悪の場合クレジットカード停止処分を受けることもあります。

こうなると返済をするまでショッピング枠もキャッシング枠も使えなくなります。

銀行カードローンで借り入れすればこの心配もなくなります。

3.審査が早い

クレジットカードの新規申し込みの場合は1~2週間かかりますが、銀行カードローンの場合は早いところで即日、ほとんどの会社で数日~1週間で借入ができます。

お金を借りるのであれば1日でも早く借りれた方が安心です。

金利が低い

銀行カードローンでの借り入れはクレジットカードでキャッシングするよりも低い金利で利用できます。

実際に
・イオンカードのキャッシング
・みずほ銀行カードローン
を比べてみると

みずほ銀行カードローンの方が金利が低いことが分かります。

金利が安いということは、月々の返済額の負担が小さくなり、トータルの利息も少なくなるのです。

クレジットカードの遅延を回避するだけでなく、低い金利で借入ができるというメリットは大きいです。

利用社数が増えると審査が不利にならないか・・・?

クレジットカードに加えてカードローンも利用してしまうと、

『契約数が増えてしまい、審査が不利になりそう…』
という不安がでてきます。

ですが、実際のところ安定した収入があれば審査はなんなくと通りました。

カードローンの契約は複数から借り入れがあっても何ら問題ありません。

何社から借りているか?よりも借りている合計額や、返済実績の方が重要になるからです。

当サイトで申し込みの多い銀行カードローン

ここでは数ある銀行カードローンの中から当サイトでの申し込みが多い銀行カードローンをランキング形式で紹介します。

★クレカの返済にカードローンが利用される理由★

  • 限度額が下がるリスク無し
  • カード利用停止の心配が無い
  • 審査が融資が早い
  • 低い金利で利用できる
  • 借りられる枠が増える

銀行カードローン利用申込みランキング(当サイト比)

みずほ銀行カードローン
メガバンクの本格的カードローンなのでお借入が初めての方、安心感を求める方にもオススメ
PC、スマホならWEB完結申込みが可能
年2.0%~14.0%
最大800万円
審査通過後利用可能
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%-13.5%です。
ここがよいと思わせる
3つのポイント
  • 大手銀行ならではの低金利で借入可能
  • 借入が初めて/安心感を求める方に最適
  • キャッシュカード1枚での利用で便利
みずほ銀行の便利なサービス
はじめての方に安心
 
来店・郵送不要
WEB完結申込みが可能
最大ご利用限度額は
なんと800万円!
キャッシュカード1枚でローン
も利用できるので便利

イオン銀行カードローン
銀行カードローンの中でも低めの金利
ネット完結で口座があれば当日借入も可能
イオン銀行カードローン
3.8~13.8
800万
即日
最短即日
ここがよいと思わせる
3つのポイント
  • 銀行カードローンの中でもさらに低い金利
  • イオンをよく使う人はポイントお得/便利
  • 来店不要!口座持ちなら当日借入可能
イオン銀行の便利なサービス
月々の返済は
3000円から
300万円まで
年収証明書原則不要
web申込で即日審査
最短で当日借入可能!
銀行・コンビニATMで
借入・返済が可能

※当サイトから申込み数の多い順でランキングしていますが、私が実際に利用した感じとほぼ同じ順になっています。
みずほ銀行からまず確認してみてください。

【銀行カードローンを申し込む時の注意点】
銀行カードローンは融資までに時間がかかります。
例えば、みずほ銀行カードローンの場合は融資まで2週間程度。
お金が今すぐ必要な方、時間のない方はプロミス(※最短で即日融資)などの消費者金融カードローンにしたほうが早いです。

お金が今すぐ必要な方/あまり時間のない人はここ

管理人は銀行カードローンの融資まで待てなかったのでこちらにしました。

三井住友フィナンシャルグループ
プロミス

当サイト管理人が長い間お世話になった業者
このサイトからの申し込みNo.1
土日祝でも新規での即日借り入れが可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能

プロミス
4.5~17.8
500万
最短30分
最短1時間

多くの人に選ばれる3つの理由

  • 銀行がバックに控える資金力で審査も早
  • 利用者の多い大手 借りられる幅も広い
  • 初心者でも丁寧に案内してくれる安心感

銀行カードローンの審査が上手く通らなかった方やお急ぎの方は業界トップのプロミスのご利用もご検討ください。詳細は以下より確認可能です。

■管理人の体験談■

実際に管理人は、
他社から80万円借りている状況で

  • プロミスと契約し20万円借入
  • その後アイフルから25万円借入

ができた経験があります。

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5