経験者が語る、返済遅れを安易にしないほうがいい理由

ここでのポイント

  • うっかり忘れが多い
  • 安易に返済遅れをそのままにしている人が多い
  • たとえ数日の返済遅れでも信用度は下げる

このサイトを運営しているなかで「返済遅れ」についてアンケートを定期的にとっているのですが、その中でもかなり多い理由が

  • うっかり忘れ
  • 残高の確認不足

となっています。

しかも、「うっかり」「ちょっとしたミス」だという理由なのか、ことの重大さに気が付かず、安易に返済遅れをそのままにしている人多いこと。

しかも、一回ならまだしも複数回(5回以上の人も少ない)返済遅れをしている人が少なくありません。

僕自身返済遅らせることで痛い目にあっていたのでこのようなアンケートの結果を見てびっくりしました。

たとえうっかり忘れでも返済遅れは絶対するべきではありません。

返済遅れを遅らせるという行為はカードローン会社、クレジットカード会社、個人信用情報機関への信用度を下げることになります。

個人信用情報機関でうっかり忘れ(数日)の返済遅れも記録される??(タップで開く)

結論:記録はされないが開示を見た他社は返済が遅れている事実がわかる

  • 個人信用情報機関の事故情報(記録するのは)は「61日以上3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの」
  • 個人信用情報機関に記録されないからといって安心できない
  • 開示情報では「支払(入金)予定日」「支払(入金)日」が掲載される
  • 他社に「返済が遅れた」という事実はわかってしまう
  • 他社の審査では「返済遅れ」が影響を受ける
  • 返済遅れは絶対すべきではない

個人信用情報機関には

  • CIC:シー・アイ・シー:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • JICC:日本信用情報機構:クレジットカード・消費者金融・銀行が主に加盟
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター:銀行(金融機関)が主に加盟

とあり、各金融機関はこれらの機関で金融情報を共有をしています。

個人信用情報機関では「返済遅れ」という記録(いわゆる事故情報、延滞情報)について「61日以上3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの」とされています。
(1~2ヶ月の支払い遅延でも何度も繰り返すと記録される)

つまり、数日遅れや初の返済遅れでは1ヶ月程度滞納しても個人信用情報機関に記録されることはありません。

※ちなみに個人信用情報機関に事故情報が記録されることを「ブラックリストに載る」とも言われます。

「『個人信用情報機関』に記録されないなら大丈夫じゃん」と思ってしまいますが、安心してはいけません。

実はここにはからくりがあるのです。

各個人信用情報機関には各種記録事項があるのですが、その項目の中に

  • 支払(入金)予定日
  • 支払(入金)日

があります。

ここの支払予定日、支払日がわかってしまうということは「返済が遅れた」という事実は開示情報を見ればわかってしまうのです。

たとえ、一日遅れただけとはいえ「返済が遅れた」という事実は変わりません。

各カードローン会社、クレジットカード会社はこれらの情報が見れますので、新規に申込した時には「返済が遅れたことがある」という事実がわかるので審査ではかなり不利になってしまいます。

どうですか? 今まで安易に返済遅れていた人は知らずのうちに自分が利用していないローン会社カード会社に返済が遅れていることが筒抜けなのです。

もちろん、返済に遅れた人とそうでない人では審査時の印象はかなり違うと想定できます。
なので、数日遅れとはいえ返済を遅れてはいけないのです。

特に審査が厳しそうなローン(住宅ローン、マイカーローン、教育ローン)をゆくゆくは受けたいという方は「返済遅れ」は絶対してはいけません。

「借り入れを増やす」よりも「返済遅れ」のほうがイメージは悪いので遅れないように気をつけたいところです。

信用度を下げるということは利用しているカードだけでなく、今後利用するであろうクレジットカードや各種ローン(住宅ローン、車ローン、教育ローン等)にも影響を受けるのです。

■返済するお金が無いけど数日くらいならそのままにしちゃえ■

返済するお金が無いけど、数日後にはお金が入るからそれまで放置しよう。というのは絶対やめましょう。

その状況であれば一時的にカードローンでお金を借りて、お金ができたらカードローンを返済するようにするのを強くおすすめします。

返済を遅らせた事実を作るより、借り入れを増やしてでもしっかり返済したほうが絶対良いです。

管理人が返済分のお金が無い時にやっていたこと(タップで開く)
管理人が返済分のお金が無いときにはカードローンを利用して返済遅れを回避していました。

カードローンは1万円からでも借りられるので、返済金が数万円でも対応ができます。また、誰にも知られずに借り入れすることができるので安心です。

実際の流れとしては

  • 返済遅れが発覚した直後にカードローンの申し込み
  • 申し込む時間が遅くなければ即日で借り入れが可能
  • 借り入れができたらカード会社に連絡して即返済
  • お金が入ったらカードローンを即返済

こうすれば返済遅れを最小限に抑えて利息も抑えることができます。

カードローンはクレジットカードのキャッシングより審査も早いですし、借り入れも早くできるのでピンチの時はおすすめです。

カードローンを上手く利用して「返済遅れ」の影響を最小限にしていただきたいなーと思います。

「プロミス」「アコム」「アイフル」を一通り利用したことのある管理人がカードローンの申込みについて詳しく紹介しているページを用意しております。

このページでは私もお世話になったカードローンを例に、誰も知られず素早く借り入れするため知っておくべきこと、準備、根回し、コツなど必要な情報をまとめてみました。

こちらでカードローンを借りる流れを確認してください。

▶▶数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

管理人が「返済遅れ」をしないようにしていた施策

ここでのポイント

  • うっかり忘れはギリギリ入金するから
  • 二度と返済遅れをしないための施策
  • お金が足りない時はカードローンを利用

この話を聞くと「うっかり」(お金があるのに)で返済遅れはは避けたいですよね。

私は一度、返済遅れで痛い目にあっております。それがあってか「返済遅れ」に関しては過敏になっており。たとえ数日でも「返済遅れ」にならない状況を作ってきました。

うっかり忘れをしてしまうのは「ギリギリに入金」をしているから。
それを防ぐには

  • 翌月の支払い金額は残高にいれておく
  • 遅くとも1週間前には入金しておく

これを徹底することです。

私はここに気をつけてから「返済遅れ」が無くなりました。

ただ、現状の収入状況、支払状況だと難しい人も多くいると思います。

僕もその1人でしたが僕の場合は「カードローン」を上手く利用していました。

管理人は元々カードローンで最大7社225万円まで借りていたのですが(今は完済してそこから20-40万円借り入れ中)カードローンを使って調整しています。(今もやっています)

管理人がやっている絶対返済遅れをしない施策(タップで開く)

余裕がある時はカードローンは利用しない(借入枠があるだけ)にして残高が足りない時にカードローンで補填する、収入があったら即カードローン返済する(利息がもったいないので)という形でやっております。

1ヶ月前に入れるのは理想なんですが、できない場合で2週間前、1週間前に入金しておくでもよいと思います。

ただし、2週間前、1週間前に入金することを忘れてしまう可能性があるので、それを防ぐために

  • カレンダー、手帳にメモをする
  • グーグルカレンダーにメモる

などで忘れないようにするのをおすすめします。

グーグルカレンダーだと毎月に同じメモを置けるしスマホですぐチェックできるので利便性が高いです。

このやり方で「返済遅れ」はないように体勢を整えております。

まとめると

  • 翌月の支払い金額は残高にいれておく
  • 遅くとも1週間前には入金しておく
  • 不足分はキャッシングかカードローンで前借り
  • 収入があった直後に即返済(余計な利息は支払わない)
  • 借入枠があるのいざというの出費も対応できる

こうすることで「返済遅れ」は無くなるし、「借り入れ」も最小限に抑えられると思います。

借入も増えますし利息もかかるのですが、「返済遅れ」を絶対しない状況をつくることで今後の生活設計に影響を与えないことが大事だと思います。

「返済遅れ」のデメリットをよく知っている私は借入を増やしてもここだけは絶対守るべきだと考えます。

ただし、安易にカードローンで借り入れするとよろしくないので、これ以上借りないように強く心に決めておいてください。

すでにカードローン、キャッシングの借入枠に余裕があるかたはぜひやってみてください。

無い方はカードローンを申し込んでやってみてください「返済遅れ対策」をやってみてください

カードローンはクレジットカードのキャッシングより審査も早いですし、借り入れも早くできるのでおすすめです。

カードローンを上手く利用して「返済遅れ」は絶対無いようにしていただきたいなーと思います。

カードローンを申し込む前に

「プロミス」「アコム」「アイフル」を一通り利用したことのある管理人がカードローンの申込みについて詳しく紹介しているページを用意しております。

このページでは私もお世話になったカードローンを例に、誰も知られず素早く借り入れするため知っておくべきこと、準備、根回し、コツなど必要な情報をまとめてみました。

こちらでカードローンを借りる流れを確認してください。

▶▶数万円借りるにはどうすればいい?経験者が語る数万円を素早く誰にも知られずに借り入れする方法

あまり時間がない人はここ!当サイト管理人が長い間お世話になったカードローン

三井住友銀行グループ
プロミス
業界トップクラスの大手だから安心
土日祝でも新規での最短即日借り入れも可能
夜の申込で翌日早い時間帯に借入可能
最短即日融資審査最短30分3秒診断
 初めてもしくは
 アコムアイフルで借りている人におすすめ

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要になります。 ※新規契約時点のご融資額上限は50万円までとなります。 ※最短15秒事前審査はスマホのみのサービス、9:00~21:00までとなります。※お申し込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。  プロミスアコムで借りている人は
 >>アイフルで借入1秒診断
 プロミスアイフルで借りている人は
 >>アコムで借入3秒診断

© 2020 おかね知識ドットコム Powered by AFFINGER5